笑ってポン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笑ってポン!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 1983年7月6日 - 1983年9月28日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 桂邦彦
三角英一
出演者 ビートたけし
たのきんトリオ
松本伊代
竹中直人
ラッツ&スター
生島ヒロシ
ほか
テンプレートを表示

笑ってポン!』(わらってポン)は、TBS系列局信越放送北陸放送を除く)とテレビ山口(当時フジテレビ系列とのクロスネット局)で放送されたTBS製作のバラエティ番組である。全12回。TBS系列局では1983年7月6日から同年9月28日まで、毎週水曜 19:00 - 19:54 (日本標準時)に放送。

番組に出演していたビートたけしがたびたび「3回で打ち切りになった」と語っているが、実際の放送回数は12回である。

概要[編集]

1983年4月から放送されていた『突撃HOTスタジオ!』の早期終了を受けてスタート。引き続きたのきんトリオ、ビートたけし、松本伊代が出演した。

番組タイトルは、本番組プロデューサーの桂邦彦が命名した。あまりのネーミングセンスのひどさに、『ビートたけしのオールナイトニッポン』でもたけしや高田文夫にさんざんネタにされた。また、本番組の構成作家の一人だった景山民夫は著書『極楽TV』の中で企画会議でさんざんネーミング案を出させた末に、最後は自身の思いつきで腰くだけな番組タイトルに決めた桂に対して呆れたとの旨の文を書いている。過去に景山は、バラエティ番組でのくだらないネーミングに警鐘を鳴らしていたが、まさか自分が担当する番組がこのようなネーミングになるとは思わなかったらしく、同書の中で読者へ詫びる文を寄せている。

後に桂が手掛けたたけし司会のゲームバラエティ番組『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』において「キノコでポン」「すもうでポン」「コリントでポン」といったゲーム名の元ネタになり、それからも「○○でポン!」というフレーズは、『THEわれめDEポン』『パネルでポン』『ミルモでポン!』など、様々な所で用いられている[独自研究?]

番組のテーマソングは、出演者の名前を歌詞にしたもので、出演者それぞれが自分の名前の箇所を歌うが、たけしは決まって無気力に歌う演出が採られた。

2000年4月15日には期首特番『新・笑ってポン2000』として、タイトルのみの復活を果たした。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

番組内容[編集]

全編番組宣伝のパロディコントで、架空の番組案内となっている。司会は松本伊代、生島ヒロシが務め、番組を進行し、またビートたけしはスタジオゲストとの設定である。

紅白仮面
ビートたけしが演じる勧善懲悪のヒーローという設定であるが、顔を縦に紅白に塗り分けた様がいかにも格好悪く、また結構弱い。ストーリーは設定とは異なり、紅白仮面が怪獣や宇宙人を呼び寄せ、近藤真彦が操縦する巨大ロボット「木人38号」(『鉄人28号』のパロディ)と対決する。毎回、ウルトラシリーズに登場した怪獣が出演し[1]円谷プロが協力としてクレジットされていた。8月17日分の放送で同時に現われた複数の怪獣に襲われた木人38号は自爆し果て、2代目ロボットとして木人39号が登場した。しかし、最終回では木人39号も破壊されてしまい、どういうわけか操縦者の近藤が巨大化して紅白仮面を撃退する展開となる。
ダジャレベストテン
出演者が演じるダジャレコントを『ザ・ベストテン』風に紹介する。
金太郎侍 
番組タイトルは『桃太郎侍』のパロディ。「第二万○○回放送」と最初に紹介されるが、もちろん二万回も放送されていない。
柔道熱血一直線! 
柔道部を舞台とする青春ドラマのパロディ。田原俊彦が主人公を演じた。
竹中シアター
竹中直人が遠藤周作のモノマネや十八番ネタの「笑いながら怒る人」を披露した。

備考[編集]

  • 紅白仮面は、当初の企画では近藤真彦に担当させようとしていたらしく、それを聞かされたたけしも面白がっていた。しかし、収録当日たけしがスタジオに行くと自分が紅白仮面を演じることになっており、「近藤真彦がやるんじゃないのか」とスタッフに聞いたところ、スタッフから「ジャニーズ事務所がそんなこと許すわけないだろ」と返答されたと自身の『オールナイトニッポン』で発言している。
  • ダジャレベストテンで生まれた「タクシーをよく利用する有名人は誰?」「ビートタクシー(ビートたけし)」というダジャレが、後年日本テレビが製作したたけし・さんま司会の特別番組(『世界超偉人伝説』の前身番組)で紹介された。これに影響されてか、同特番と共通のスタッフが制作している『世界まる見え!テレビ特捜部』でたけしがタクシーのかぶり物をして「ビートタクシー」と自己紹介していた。
  • 海部俊樹元首相の長男であるアニメプロデューサーの海部正樹は、TBS社員時代にこの番組のADを経験している。
  • 100円ショップなどで販売されている台所用スポンジに、この番組のタイトルをもじった[独自研究?]洗ってポン!(2013年5月2日時点のアーカイブ)」という商品がある。
  • 番組スタッフ(またはその身内とされる場合もある)の葬儀の際、番組関係者一同として「笑ってポン! 一同」の名で花環を出したところ、遺族から「ふざけるな!」と怒られたという。ただし、これはたけしが面白おかしく話しているため、事の真偽は不明である。
  • 日経エンタテインメント!』2000年7月号に「有名な短命番組No.1」として紹介された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「Column テレビ番組中のパロディヒーローコーナー」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、163頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ エンタ業界ナンバー1物語「テレビ」”. 日経BP. 2001年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月9日閲覧。
TBS系列 水曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
突撃HOTスタジオ!
(1983年4月20日 - 1983年6月29日)
笑ってポン!
(1983年7月6日 - 1983年9月28日)
たけしのお笑いサドンデス
(1983年10月26日 - 1984年6月27日)
※19:00 - 19:30
パソコン宇宙大作戦・アイドルを救え!
(1983年10月26日 - 1983年12月21日)
※19:30 - 20:00