俺たちの時代 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
俺たちの時代
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日21:00〜21:54(54分)
放送期間 1989年10月6日〜1989年12月22日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 生野慈朗吉田健森一弘
脚本 竹山洋
プロデューサー 武敬子山本典助浜井誠
出演者 田原俊彦
秋吉久美子
井森美幸
中村あずさ
小林稔侍
柳沢慎吾
阿部寛
村田雄浩
清水圭
梨本謙次郎
内田朝雄
オープニング 黒沢光義『Try Again』
テンプレートを表示

俺たちの時代』(おれたちのじだい)は、1989年10月6日から同年12月22日まで、TBS系列の毎週金曜日21:00 - 21:54の枠で放送されたテレビドラマ。全12回。

概要[編集]

東京銀座を主な舞台とした広告代理店業界の物語。柴田竜夫は友人と共同経営で小さな広告社を経営していたが、大手広告代理店「大宣」に契約金を踏み倒されたのが元で倒産。残務整理中のある日、ある葬儀の会場で大宣の宣伝課長・織原冴子に出会って知り合い、竜夫は大宣入社を勧められるが、「俺はあんたの助手じゃない」などと反発、「俺は大きなもの、強いものが嫌い。大宣を倒したい」と思ってライバル会社の「第七広告」(七広)への入社を決め、ここから七広VS大宣の激しい競争が始まる。野望のために恋も結婚も友情も捨て、一本気で熱く突進し奮闘する竜夫を中心に、青年広告マンたちの活躍を描いた。

武敬子(プロデューサー)と生野慈朗(演出)が『男女7人秋物語』以来2年ぶりに組んで製作された作品[1]

キャスト[編集]

  • 小林亜星
  • 柴田竜夫:田原俊彦
    千葉県出身の27歳。一本気でハートも熱いような性格。知り合った冴子が気になるようになり、それまで交際していた恭子との仲も気まずくなるようになる。
  • 織原冴子:秋吉久美子
    大宣の宣伝課長で32歳。頭脳明晰、容姿端麗と言われるキャリアウーマンだが、貰い子の高之が居る。
  • 小林ユカ:井森美幸
    第七広告のアルバイトで、父は大スポンサー「明治地所」の社長。第3話で竜夫と出来ている仲であることを自ら流してしまう。
  • 樋口恭子:中村あずさ
    それまで竜夫と7年交際しており、やっと婚約にたどり着けそうだったそんな時に竜夫は冴子と出会い、恭子の心も揺れたが、竜夫が仕事に燃え始めたことで婚約も解消してしまう。
  • 吉田茂一:村田雄浩
    第七広告の広告マン。素朴で純情な感じで、竜夫・吉田・冷泉・広岡の若手4人衆の中では一番地道に仕事をこなしていくタイプの27歳。
  • 冷泉典夫:清水圭
    第七広告の広告マン。いわゆる“ヤサ男”で、自分の仕事が抗議を受けると、病欠と言って休んでしまうことも。京都公家の出身で華族の家系であり、それだけに強いコネを持っている一面もある。
  • 広岡純一:梨本謙次郎
    第七広告の広告マン。大学時代はラグビー部だったその持前を活かしてスポンサーにトライするような、竜夫とはまた違うタイプの熱血人間。
  • 宮本省三:小林稔侍
    第七広告第二営業部所属の45歳。竜夫の上司で、彼も冴子のライバル。
  • 真田忠幸:柳沢慎吾
    大宣の広告マンで冴子の部下。とぼけた感じの27歳で、仕事嫌い。岡田とは“凸凹コンビ”とも言われる。しかし第10話で、大宣では出世出来ないと自ら見切りを付け、第七広告に入社させてほしいと頼み込む。
  • 岡田健次郎:阿部寛
    大宣の広告マンで冴子の部下、27歳。父は政治家という家柄で、これに関する多くのコネを持つ。マイペースなお坊ちゃまタイプ。
  • 高之:湯澤真伍
    野党代議士と祇園芸者・春駒(演:浅見美那)とのスキャンダルもみ消しのため、冴子が預かった貰い子。
  • 井原千寿子
  • 大森暁美
  • 奥田:西岡徳馬 - アーバン酒造宣伝部長
  • 近藤洋介
  • 竹村:原田大二郎 - 竜夫の先輩で関東テレビの営業マン。
  • 小林(明治地所社長):内田朝雄 - ユカの父
(出典:[2]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

黒沢光義『Try Again』(作詞:小林まさみ 作曲:大羽義光 編曲:井上日徳 レーベル:東芝EMI

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
1 1989年
10月6日[3]
(サブタイトル無し) 生野慈朗
2 10月13日 (〃) 吉田健
3 10月20日 (〃) 生野慈朗
4 10月27日 彼女が口紅を変えたわけ 吉田健
5 11月3日 アイシテルヨン 生野慈朗
6 11月10日 二人っきりがいいの! 森一弘
7 11月17日 彼女がミニスカートをはいたわけ 生野慈朗
8 11月24日 彼女と橋で別れたとき 吉田健
9 12月1日 開戦・大宣VS七広
10 12月8日 裏切られた彼女 生野慈朗
11 12月15日 愛する人と闘いたい 吉田健
12 12月22日 俺たちのXマス 生野慈朗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞 各縮刷版(それぞれ1989年10月6日~1989年12月22日)、週刊TVガイド 1989年10月6日~1989年12月22日号、ザテレビジョン 1989年10月6日~1989年12月22日号、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)p.352「俺たちの時代」の項目
  2. ^ ザテレビジョンKADOKAWA)1989年10月13日号 p.5 - 9
  3. ^ 第1回は、21:00 - 22:48に放送枠を拡大して放送。
TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
こちら芝浦探偵社
(1989.6.30 - 1989.9.22)
俺たちの時代
(1989.10.6 - 1989.12.22)
卒業
(1990.1.12 - 1990.3.30)