オールスター春秋の祭典スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オールスター
春(秋)の祭典スペシャル
シリーズ
ジャンル 特別番組音楽バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 フジテレビ系列各番組の出演者たち
歌手多数
その他 別項
世紀のバラエティ
放送時間 金曜20:00 - 21:26(116分)
放送期間 1967年3月3日(1回)
出演者 高橋圭三小川宏長門裕之南田洋子栗原玲児
世紀のゴールデンショー
放送時間 日曜19:00 - 20:56(116分)
放送期間 1969年3月2日(1回)
『世紀の祭典』シリーズ
放送時間 時期により異なる(116→86→85→84分)
放送期間 1969年12月31日 - 1976年3月2日
出演者 堺正章井上順
秋だ目玉だ!ドーンと大放送
放送時間 火曜20:00 - 21:25(85分)
放送期間 1975年9月30日(1回)
出演者 ザ・ドリフターズほか
欽ちゃん・二郎さん・Oh〜ドリフ! 秋だ目玉だ大進撃!!
放送時間 火曜20:00 - 21:24(85分)
放送期間 1976年9月28日(1回)
出演者 コント55号、ザ・ドリフターズ
オールスターどっきり!爆笑!大行進
放送時間 金曜19:30 - 19:45
20:00 - 20:54(69分)
放送期間 1977年4月1日(1回)
出演者 三波伸介斎藤こず恵
オールスター春(秋)の祭典スペシャル
放送時間 時期により異なる(108分または114分)
放送期間 1978年4月3日 - 1982年9月27日(9回)
出演者 萩本欽一ほか
オープニング ドレミの歌」(1980年春より)
エンディング 愛のメッセージ」(同上)
テンプレートを表示

オールスター春秋の祭典スペシャル(おーるすたーはる(あき)のさいてんすぺしゃる)は1967年春から1982年秋までフジテレビ系列で放送された特番である。

概要[編集]

1967年春~1977年度[編集]

1978年春からFNS番組出演者が集結[編集]

「なるほど!ザ・春秋の祭典」へ完全移行[編集]

放送時間[編集]

放送年月日 放送時間(JST 放送枠 備考
世紀のバラエティ
1967年3月3日 金曜20:00 - 21:56 (なし)
世紀のゴールデンショー
1969年3月2日 日曜19:00 - 20:56 (なし)
世紀の祭典
1969年12月31日 水曜19:00 - 20:56 (なし) 唯一の年末特番
1970年3月5日 木曜20:00 - 21:26 木SP[4]
1971年3月5日 TGSP
1972年3月6日
1973年3月6日 火曜20:00 - 21:26 火WSP
74世紀の祭典 オールスター紅白歌合戦
1974年3月1日 金曜19:00 - 20:55 (なし)
'75世紀の祭典
1975年3月4日 火曜20:00 - 21:25 火WSP
秋だ目玉だ!ドーンと大放送
1975年9月30日 火曜20:00 - 21:25 火WSP [5][6]
オールスター世紀の祭典
1976年3月2日 火曜20:00 - 21:24 火WSP
欽ちゃん・二郎さん・Oh〜ドリフ!秋だ目玉だ大進撃!!
1976年9月28日 火曜20:00 - 21:24 火WSP
オールスターどっきり!爆笑!大行進
1977年4月1日 金曜19:30 - 19:45 (なし) [7]
金曜20:00 - 20:54
オールスター春(秋)の祭典スペシャル
1978年4月3日 月曜19:00 - 21:48 (なし)
1978年10月10日 火曜19:30 - 21:24 火WSP [8]
1979年4月9日 月曜19:00 - 21:48 (なし) [9]
1979年10月1日 月曜19:00 - 20:54
1980年3月31日 月曜19:00 - 21:48
1981年3月30日
1981年9月28日 月曜19:00 - 20:54
1982年3月29日
1982年9月27日

中期はおおむね『火WSP』で放送されていたが、『春秋の祭典』になってからは『4・10月だョ!』との重複を避けるため、月曜日に定着した。これは後身の『なるほど!ザ』にも受け継がれる。

この期間にあった他局にあった番組出演者による番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただしオリジナル番組で使われている替え歌では無く、一貫してスキャットバージョンで、また冒頭の、ダン池田による「ティンパニでの音階」も無く、更に全チーム登場後の音階歌唱も無かった。
  2. ^ 『世紀のバラエティ』では、『鉄腕アトム(第1作)』のアトム( - 清水マリ)、『ジャングル大帝(第1作)』の少年時代のレオ(声 - 太田淑子)、『悟空の大冒険』の悟空(声 - 右手和子)といった手塚アニメキャラが、アニメで登場した事が有った。なお『春秋の祭典』になってからは、『ママとあそぼう!ピンポンパン』・『ひらけ!ポンキッキ』といった子供番組や、1979年春に特撮番組『メガロマン』が出演した事も有る。
  3. ^ 坂上忍&ウエンツ瑛士『FNS秋の祭典』でMC初タッグ「子役出身の2人が…」
  4. ^ 日本テレビの同名番組とは無関係。
  5. ^ 当時『火WSP』を同時ネットしていた広島テレビは放送日がクロスネット最終日で、翌日から日本テレビ系列に一本化してフジテレビ系列がテレビ新広島に移行することにフジテレビと番組スポンサーが配慮して、『栄光のビッグスター75年を歌う』に差し替えられた。なお、サービス放送最終日だったテレビ新広島では、映画『ララミーから来た男』を放送した。
  6. ^ なおこの日は裏でも、ドリフメインの期首特番(19:00 - 20:55)が放送された。
  7. ^ 19:45 - 20:00の間は『スター千一夜』のため中断だが、この日の『スタ千』は新番組出演者のいる楽屋にカメラが潜入し、インタビューをするという趣向だった。
  8. ^ 当初は10月2日(月曜)の19:00 - 20:54に放送する予定だったが、当日はセ・リーグ初優勝まであと1勝に迫ったヤクルトスワローズの「対巨人」戦(明治神宮野球場)に差し替えられ、この日に延期された(一応2日予定分は雨傘番組となり、当日の新聞広告でも「雨天中止の時は」と記載されていたが、試合は予定通り行われた)。なお試合は巨人が勝ち、ヤクルトの初優勝は翌々日の4日に持ち越された。
  9. ^ 「女子バレー」中継がこの時期行われていたため、放送日が遅れた。

関連項目[編集]