荒井注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年10月
荒井 注
本名 荒井あらい 安雄やすお
ニックネーム 注さん、ハゲ注
生年月日 1928年7月30日
没年月日 (2000-02-09) 2000年2月9日(71歳没)
出身地 日本の旗 日本 東京府
身長 158cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 二松學舍大学文学部国文学科(卒業)
グループ名 ザ・ドリフターズ(1974年脱退)
相方 いかりや長介
綱木文夫
加藤茶
高木ブー
仲本工事
芸風 コント
立ち位置 左端(ザ・ドリフターズ時代)
事務所 渡辺プロダクション(ザ・ドリフターズ時代)
活動時期 1964年 - 2000年
過去の代表番組 8時だョ!全員集合(1969年 - 1974年)
時間ですよ・昭和元年
江戸川乱歩の美女シリーズ
他の活動 俳優
配偶者 既婚(離婚歴あり)
テンプレートを表示

荒井 注(あらい ちゅう、1928年7月30日 - 2000年2月9日)は、日本の俳優タレントコメディアン。本名、荒井 安雄あらい やすお

東京都出身。ドリフでの呼び名は「ハゲ」「ハゲ注」。

来歴[編集]

旧制日本学園中学校を経て立教大学文学部宗教学科中退後、二松學舍大学文学部国文学科卒業。

卒業後は脚本家を目指しながら、音楽バンドグループ『クレージーウエスト』のバンドマンを務めていた。二松學舍大学卒業後に教師を務めた事があるとの文献もあるが、真偽は不明である。ただし、教員免許を持っていた。芥川龍之介太宰治を愛読する文学青年という一面もあった。

ドリフ時代[編集]

1964年、「トリスのおじさんみたいな面白い顔をした奴がいる」との評判を聞きつけたいかりや長介がスカウトして、ザ・ドリフターズに参加。担当楽器はピアノだが、ロカビリーのスリーコードしか弾けなかったという話がある。その一方で、「速弾きを得意とした」(居作昌果)や「一応弾けたが、指が短いために時々半音ずれた」(加藤茶)とも言われている。

いかりや長介の著書には、荒井の背の低さとピアノの演奏力をチェックしなかった事が失敗だったとある。しかし、この人選の失敗が「ふてぶてしい」荒井のキャラクターと相まって、ドリフの人気に繋がっていった。

ドリフ入りした直後、渡辺プロダクションの先輩であり、加藤を始め多くの芸名の命名に携わったハナ肇に、ハナの「芸人は水に関係する名前が良い」という考え方から、「〜を注ぐ」から採って「注」という芸名を名付けられた。加藤曰く「要注意人物」だからだという説もある。

いかりやよりも3歳年上だったが、デビューからしばらくの間は年齢を6歳若くごまかして公表しており、なおかつドリフのメンバー達も彼の実際の年齢を知らなかった。年齢をごまかしていた理由は、ドリフのメンバー達には「リーダーの長さん(いかりやの愛称)より俺が年上だと具合が悪いから」と説明していたが[1]、本当のところは女性にもてたかったのではないかと、いかりやは自伝『だめだこりゃ』の中でコメントしている。

ドリフでは「This is a pen!」のギャグで人気者になった。コントでは「威張り散らすいかりやをシラっとした目で見、無視をし、いかりやに怒られてふてくされながらギャグを言う」というパターンが受けた。学校コントでは、「先生役のいかりやと同級生の落第し続けた生徒」という設定であった。中でも代表的なギャグ「何だ、バカヤロウ!」、「文句あるか!」、「何見てんだよ!」は流行語となり、ソロ活動でも頻繁に使用された。このうち「何だ、バカヤロウ!」は、ピアノ担当なのに鍵盤が弾けない事を加藤茶にからかわれたときに言い返した言葉が発端である(いわゆる逆ギレ芸の先駆けとも言える)。

ドリフ在籍の後半は「ハゲキャラ」としていじられることが多く、当時『8時だョ!全員集合』のコーナー『少年少女合唱隊』で共演した由紀さおりからは、数え歌まで披露されている[2]

1974年3月に「体力の限界」を理由にドリフを脱退。TBSプロデューサー・居作昌果によれば、いかりやのワンマンが気に入らなかった事の他、ギャラの配分をめぐる不平なども関係していたとされる。一般発表したのは『8時だョ!全員集合』の生本番中で、いかりやによって発表されたが、いかりやのコメントは、「(荒井は)暫くお休みをいただく」というものであり、脱退するとは一言も発しなかった。

荒井の後任には、ドリフのボーヤをしていた志村けんが加入した。なお、新生ドリフメンバーの脱退は荒井が最初ではなく、結成翌年の1965年頃に綱木文夫が脱退(この時は新メンバーを募集しての補充は行われず)して以来2人目である。

ドリフ脱退後[編集]

「芸能界を引退する」と言ってドリフを脱退したにも拘わらず、わずか半年後に芸能界に復帰したため、いかりやを始めとしたメンバーと衝突し、和解に3年を要したという記事も出回ったが、デマではないかといわれている。[要出典]

その後はドリフの番組にゲスト出演するようになり、『全員集合』の最終回にもゲストとして出演している。また、藤村俊二とのコンビで『なるほど!ザ・ワールド』にも準レギュラーとして出演していた。

俳優としても活躍し、土曜ワイド劇場の人気シリーズである井上梅次監督、天知茂主演『江戸川乱歩の美女シリーズ』に1978年の第2話より明智の盟友、波越警部役で出演、天知の死去により最終作となった1985年の第25話まで演じ続けた。

1991年には38歳年下の信用金庫職員だった女性と再々婚した。

1992年、嘉門達夫替え歌メドレー3(完結編)に、ゲスト・ボーカルとして登場。これが荒井最後のシングル曲となった。

静岡県伊東市に移住し、個人事務所・荒井注事務所を自宅内に設置していた。伊豆でのカラオケボックス経営を考えたが、完成した建物の入口が狭すぎて機器を入れることができず、経営を断念した事がある。この件は話題となりワイドショーでも取り上げられ、レポーターに対し「何だ、バカヤロウ!」と往年のギャグを発した。

2000年正月放送のフジカラー「お正月を写そう」の広告撮影は、弁才天役の田中麗奈とドリフメンバー5人の起用が決まっていたが、荒井も毘沙門天役で共演し、これが荒井を含めたドリフのメンバーが全員集合した最後の映像となった。当初、荒井は出演メンバーに含まれていなかったが、七福神役が1人足りなかった(荒井以外にジャンボマックスすわしんじを出演させるという案もあった)ため、それに気付いた広告代理店が最初に荒井に声を掛けた所、荒井は承諾し出演が決まった。

2000年2月9日午前4時30分、伊東の自宅において、入浴中に肝不全のため急死。71歳だった。弔辞を読んだのはいかりやであった。遺骨はオーストラリアのケアンズに散骨された。以下はいかりやによる弔辞である。

「出発間際の忙しい時に、とあんたは大変怒るかもしれないけど、ちょっとお話しましょうや。去年の暮れに会った時(フジカラーの広告)、あれは良い仕事だったよね。あんたも現場に入った時より、帰る時の方が元気だったもん。みんなも喜んでた。本当に良い仕事だった。あれ、覚えてるかな? あのときあんたがさ、『今度は医者の言うことをよく聞いて、早く飲んでも良いってお墨付きをもらってくるから、一緒に飲もう』って約束したこと。結果的にあれが最期の言葉になっちゃったよね。今日ねえ、みんな来たかったろうけど、そうもいかなくて。浮世のしがらみって奴で、高木と志村は仕事でね。加藤はさあ、これが笑っちゃうんだけど、渋滞にはまっちゃって。あいつらしいな。あんたが行っちまうのを遅らせようとしてねえ。いまハラハラ、ドキドキして向かっているとこだと思うよ。あんたもあれでねえ、よっぽど偉い人というか、変な人というか…。カラッケツでドリフを始めて、飛行機で言えば離陸する大変な時に乗っていてくれて、それから何とか先が見えてきて、さあ、これから楽になるぞ、お金も儲かるぞという時にあんた、辞めちゃった。あの時はあんたの人生哲学が理解できなかった。でも『極力みんなに迷惑かけないように、半年、お礼奉公する』って言って、辞めると言ってからも半年は続けてくれた。あの半年のあんたは凄かった。あれは凄かった。鬼気迫るというのかな、本当に面白かった。あんまり面白かったから、気が変わって『残る』と言うかなとも思ったけれど、あんたとうとう言わなかったね。スパッと辞めちゃった。もうあんたは行くんだよな、止めても無駄だというのは分かってはいるけど、こっちはあの時と同じ立場にいるような気がするよ。行くな、とは言わないぜ。でも途中、気を付けてな。飲もうぜ、絶対に飲むんだよ。飲まなきゃ駄目だ。飲むんだよ。おい、飲むんだぞ! 長話すると嫌われるから、この辺でな。飲む場所はあんたが決めといてくれ。じゃあ、いずれ」

この後、いかりやが「じゃあ、いずれ」の言葉通り他界したのは、4年後の2004年3月20日であった。荒井の死後、いかりやは荒井を追悼する意味合いも込めて、荒井との思い出を書き綴った自伝『だめだこりゃ』を出版。この『だめだこりゃ』は、いかりやの存命中に文庫化もされた。

出棺時、霊柩車のクラクションと同時に参列者全員が、荒井のギャグ「何だバカヤロウ!」を叫んで見送った。逝去の際、インタビューを受けた仲本工事は「私らの方が『何だバカヤロウ!』ですよ」と泣きながら答えていた。

出演作品[編集]

ザ・ドリフターズとしての出演は、「ザ・ドリフターズ」を参照。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

  • 3DOアドベンチャーゲーム「西村京太郎 悪逆の季節 東京〜南紀白浜連続殺人事件」- 亀井刑事 役

人形劇[編集]

バラエティ[編集]

広告[編集]

音楽[編集]

  • ザ・花ざかり(1983年12月16日[3]東芝EMI ETP-17572)
作詞:都立大介、作曲:馬込太郎、編曲:大谷和夫。
歌詞に約40種のファッションブランド名が駄洒落的に盛り込まれ[3]、自身の持ちギャグである「何だよバカヤロウ!!」[3]「This is a pen!!」のフレーズも使われている。ジャケット表面はマンガ太郎によるイラスト。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サバ読み“最高記録”はいくつ?”. 東京スポーツ (2012年7月30日). 2012年8月23日閲覧。
  2. ^ 「♪一つ二つはいいけれど〜、三つ醜いハゲがある〜、四つ横にもハゲがある〜、五ついつでもハゲがある〜、六つ向こうにハゲがある〜、七つ斜めにハゲがある〜、八つやっぱりハゲがある〜、九つここにもハゲがある〜、十はとうとうツルッパケ!」
  3. ^ a b c 「ザ 宴会ソング」『読売新聞』1983年12月13日付夕刊、11面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]