太田淑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおた よしこ
太田 淑子
プロフィール
本名 阪 淑子(さか よしこ)[1][2]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本京都府[3]
出身地 日本の旗 日本兵庫県尼崎市
死没地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[4]
生年月日 (1932-04-25) 1932年4月25日
没年月日 (2021-10-29) 2021年10月29日(89歳没)
血液型 O型[3]
身長 154 cm[5]
職業 声優女優
事務所 テアトル・エコー[5]
配偶者 阪脩[6][7]
公式サイト 公式プロフィール
女優活動
活動期間 1948年 - 2021年
ジャンル テレビドラマ映画舞台
デビュー作 『春のおどり』[2]
声優活動
活動期間 1960年代 - 2021年
ジャンル アニメ吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

太田 淑子(おおた よしこ、本名:阪 淑子〈さか よしこ〉、旧姓:太田、1932年昭和7年〉4月25日[注 1][9] - 2021年令和3年〉10月29日[10])は、日本声優女優。最終所属はテアトル・エコー[5]京都府出身[3]。文献によっては長く過ごした兵庫県尼崎市を出身地としていることがある[11]

来歴[編集]

幼い頃はお姫様になりたかったという[6]

中学時代に宝塚歌劇団の舞台を見て舞台に立っていた越路吹雪乙羽信子淡島千景たちに憧れて「絶対に入る!お姫様をやる!」と決意し[6]1947年[要出典]園田学園中学校を卒業後に宝塚歌劇団[2]に入団。35期生(同期生に寿美花代〈元星組トップスター。高島忠夫夫人、髙嶋政宏・政伸兄弟の母〉、元女優の高千穂ひづる、雅章子〈金田正一夫人・金田賢一の母〉)[要出典]。宝塚入団時の成績は34人中20位[12]。娘役として活動。初舞台は『春のおどり』[2]。在団中の芸名は若樹 苑子(わかぎ そのこ)→若樹 美乃里(わかぎ みのり)。その頃にNHKのラジオの公開録音番組『宝塚パレード』に何回か出演し、声での出演だが、お姫様を演じた[6]1952年12月31日に宝塚歌劇団退団後、NHK大阪放送劇団[7]1963年[要出典]テアトル・エコー入団。アニメの出演を始める[6]

2021年10月29日、心不全のため、入院先の病院で死去[10]。89歳没。

人物[編集]

夫は声優の阪脩[6][7]。2人は大阪で、別々の放送局が設立した劇団に所属していた時期に知り合っており[7]1964年頃共に上京している[6]

1960年代は手塚アニメのヒーロー、ヒロインの声を演じた。代表作である『ひみつのアッコちゃん』のアニメ三作に全て出演している(配役は毎回異なる)。

ドラえもん(第1作)』(日本テレビ版)で野比のび太役を演じた、初代のび太役の声優である。『ドラえもん(第2作1期)』(テレビ朝日版)ではのび太の玄孫に当たるセワシ役を演じている。

ヤッターマン』では主役であるヤッターマンより悪役のドロンボー一味のほうが出番が増えたことに「ワルばっか目立って」と不満を持っていたことが語られている[13][14]

若い頃のサリー・フィールド吹き替えを担当していた。

東京アニメアワードフェスティバル2016(TAAF2016)のアニメ功労部門で顕彰された。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

1964年
1965年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1977年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1986年
1988年
1989年
1990年
1991年
1994年
1998年
2001年
2003年
2006年
2016年

劇場アニメ[編集]

1966年
1969年
1970年
  • ひみつのアッコちゃん 涙の回転レシーブ(アッコ
  • ひみつのアッコちゃん ばんざいペットくん(アッコ
1972年
1973年
1977年
1981年
1989年
1991年
1993年
1996年
1997年

OVA[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

女優[編集]

サリー・フィールド

洋画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

1967年
1973年
1976年
1977年
1984年

LPドラマ[編集]

  • タイムボカンシリーズ
    • タイムボカン(丹平
    • タイムパトロール隊オタスケマン(丹平、ヤッターマン1号)

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

人形劇[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 生前は1936年昭和11年〉4月25日生まれと公表していた[8]
  2. ^ 第18話のゲストキャラクター[22]

出典[編集]

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、363頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d 『新劇便覧'89』テアトロ、1989年、96頁。 
  3. ^ a b c 太田淑子(おおたよしこ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月26日閲覧。
  4. ^ 声優の太田淑子さん死去 「ジャングル大帝」レオ役、89歳”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2021年11月8日). 2021年11月8日閲覧。
  5. ^ a b c 太田 淑子”. テアトル・エコー. 2020年7月17日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 「極 声魂/太田淑子」『声優アニメディア』2009年9月号、学研ホールディングス、2009年9月、 114-115頁。
  7. ^ a b c d とり・みき 『とり・みきの映画吹替王』洋泉社、2004年、126- 137頁。ISBN 4896918371 
  8. ^ 『日本タレント名鑑(2021年版)』VIPタイムズ社、2021年1月27日、484頁。ISBN 978-4-904674-12-3 
  9. ^ “太田淑子が心不全のため89歳で死去”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年11月8日). https://natalie.mu/stage/news/452587 2021年12月11日閲覧。 
  10. ^ a b “「ジャングル大帝」レオや「ひみつのアッコちゃん」…俳優・声優の太田淑子さん死去”. 読売新聞オンライン (読売新聞東京本社). (2021年11月8日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20211108-OYT1T50084/ 2021年11月8日閲覧。 
  11. ^ 太田淑子”. allcinema. 2020年12月18日閲覧。
  12. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、48頁。ISBN 9784484146010
  13. ^ 「トリオ・ザ・大復活! なにはなくともアラホラサッサ」『アニメージュ 1993年10月号』第1ふろく「タイムボカン」OVA復活記念 やっておしまいBOOK』25頁。
  14. ^ 神谷明「八奈見乗児」『みんな声優になりたかった 神谷明と25人の声優たち』主婦の友社、1994年1月6日、280頁。ISBN 4-07-214333-2
  15. ^ ビッグX”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  16. ^ パトロールホッパ宇宙っ子ジュン”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  17. ^ ジャングル大帝”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  18. ^ リボンの騎士”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  19. ^ ひみつのアッコちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  20. ^ ジムボタン”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。
  21. ^ 作品データベース タイムボカン”. タツノコプロ. 2022年11月13日閲覧。
  22. ^ VHS『タイムボカンシリーズ タイムボカンvol.1』解説書より。
  23. ^ 作品データベース”. タツノコプロ. 2022年12月24日閲覧。
  24. ^ 作品データベース ヤッターマン”. タツノコプロ. 2022年5月21日閲覧。
  25. ^ 海底超特急 マリン・エクスプレス”. 手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL. 2022年8月31日閲覧。
  26. ^ ひみつのアッコちゃん2”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  27. ^ 『魔法つかいプリキュア!』43話先行カット&新キャラ声優公開、アニメイトタイムズ、2016年12月3日
  28. ^ パンダ・コパンダ”. メディア芸術データベース. 2022年8月31日閲覧。
  29. ^ パンダ・コパンダ 雨ふりサーカスの巻”. メディア芸術データベース. 2022年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]