ジムボタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジムボタン
アニメ
原作 ミハエル・エンデ
キャラクターデザイン 小林勝利
音楽 越部信義
アニメーション制作 エイケン
製作 毎日放送、エイケン
放送局 NET系列
放送期間 1974年10月4日 - 1975年3月28日
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ジムボタン』は、ミハエル・エンデ(ミヒャエル・エンデ)の長編童話『ジム・ボタンの冒険[1]』を原作とするテレビアニメである。毎日放送エイケンの共同製作。1974年10月4日から1975年3月28日までNET系列局で放送。全26話。

概要[編集]

母を邪悪な魔神にさらわれ、恋人も小鳥にされるという悲劇に見舞われながらも挫けず、母を救うために戦う主人公のハードなドラマを描いている。原典の『ジム・ボタンの冒険』と違っていわゆるヒーローものの作品となり、主人公の少年も黒人でなくなるなど、大幅なアレンジが加えられている。

ストーリー[編集]

どこかの海上に浮かぶ島「ナンデモランド」。そこに洋裁の達人である母ニーナと2人きりで住む少年ジム。ジムは正義感は強いが、暴れん坊で学校嫌いが玉に瑕。いつも学校をサボっては、発明家のルーカスが作った、笛で操る蒸気機関車「エマ」に乗せてもらっている。だが、ルーカスがエマを作ったのにはそれなりの理由があった。というのは、ナンデモランドの遥か北方の山奥に住み、ナンデモランドはおろか、世界中の人々を不幸のどん底に叩き込もうとする悪の帝王・魔神ドリンガーに対抗するためだったのだ。何事も無ければいいのだが…。

だが、その予感は的中した。ドリンガー軍団第1の刺客・海賊キャプテンキット(下半身が飛行海賊船となっている海賊)が部下ブラックを連れて、ナンデモランド上空に現れ、石化爆弾でルーカスを始めとするナンデモランドの大人達を石に変え、ブラックが魔法銃で子供達を動物に変え、ガールフレンドのポッコも小鳥になってしまった。さらにドリンガーはニーナの腕に目をつけ、ニーナに妖力を発生出来る服を作らせるべく、配下のコウモリ男爵にニーナをさらわせた。かくてジムは、自分の家に代々伝わるボタンを胸に、ポッコと自我を持つ機関車エマとともに、母親を取り戻すための旅に出る。だが行く手には、次々とドリンガー軍団の刺客が襲い掛かる。ジムは、ボタンを握り締めて発動する「ボタンパンチ」と、ボタンを投げつける「ボタンシュート」を武器とし、ドリンガー軍団の刺客と戦う。果たしてジムはドリンガーを倒し、母を助けることができるのか…?

声の出演[編集]

ジム
- 太田淑子
主人公。母・ニーナと二人暮らし。学校嫌いなわんぱく坊主だが、勇敢で正義感が強い。
母を誘拐してボッコを小鳥に変えた魔神ドリンガーを倒すべく、直前に付けてもらった武器と言うべきボタンを胸に、意志を持つようになった機関車エマで旅立つ。

ポッコ
声 - 松尾佳子
ジムのガールフレンド。子供を動物に変える魔法銃によって小鳥に姿を変えられる。
可愛く清楚だが芯も強く、自らジムの旅に同行する。

ドリンガー
声 - 観世栄夫
本編のラスボスと言える魔神。人々を不幸にしようと目論んでおり、ジムの母・ニーナをさらう。

ニーナ
声 - 北浜晴子
ジムの母。仕立て屋として女手ひとつでジムを育て上げた。優しく、芯の強い性格。
その洋裁の腕には定評があるが、それ故にドリンガーにつけ込まれ、誘拐されてしまう。

作品設定[編集]

ジムの装備[編集]

ボタン
ジムの家の代々伝わるボタンで、付けている者の潜在能力を高める力がある。必殺技は、ボタンを握り締めてパンチを繰り出す「ボタンパンチ」と、ボタンを手裏剣の如く投げつける「ボタンシュート」の2つ。
エマを呼ぶ時に使う。吹くと汽笛のような音がする。ルーカスが作った。
エマ
ルーカスが作った蒸気機関車。元は笛で動くだけの物だったが、ブラックがジムを機関車に変えようと発射した魔法銃の弾がうっかり命中し、自我を持つようになった。ジムの笛や叫びで動くほか、フロントからの火炎攻撃など、様々な能力を秘めている。

スタッフ[編集]

  • 原作(原案) - ミハエル・エンデ「ジムボタンの機関車大冒険」
  • プロデューサー - 渡邊米彦、小野辰雄(エイケン)
  • 総作画監督 - 角田利隆
  • キャラクターデザイン(チーフアニメーター) - 小林勝利
  • アートディレクター - 大隅敏弘
  • チーフディレクター - おのきよし
  • 音楽 - 越部信義
  • 企画/制作 - 毎日放送、エイケン

楽曲[編集]

主題歌[編集]

これらを収録したレコード日本コロムビアから、ソノシート朝日ソノラマから発売された。

オープニングテーマ「ジムボタンの歌」
作詞 - 保冨康午 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子こおろぎ'73
オープニングの映像は、第1話のハイライトシーン(ニーナがさらわれ、ポッコが鳥になる)を挿入したものと無いものの2種類がある。
エンディングテーマ「ポッコちゃんが好き」
作詞 - 保冨康午 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子

挿入歌[編集]

以下の楽曲は、1974年12月25日に日本コロムビアから発売されたLPアルバム『みんなとうたおうジムボタン』(品番 - KKS-4130)にオープニングテーマやエンディングテーマとともに収録されている。単独でのCD化はされていないが、堀江歌唱曲については『堀江美都子 歌のあゆみ2 はつらつ青春時代』(品番 - 72CC-3094〜6)に収録されている。

ジムボタン危機一髪
作詞 - 松岡清治 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子、こおろぎ'73
ナンデモランドはなつかしい
作詞 - 城山昇 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会
ボタンを握って
作詞 - 港大介 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子、こおろぎ'73
ゴー!ゴー!エマ号
作詞 - 港大介 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - こおろぎ'73
ポッコの空
作詞 - 辻真先 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子
きらい好き
作詞 - 松岡清治 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子
わが名はドリンガー
作詞 - 港大介、松岡清治 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - こおろぎ'73
はやく人間にもどりたい
作詞 - 城山昇 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子
おれたちゃ走る
作詞 - 松岡清治 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - こおろぎ'73
ママの夢
作詞 - 城山昇 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子

各話リスト[編集]

  1. 海賊キャプテンキッド参上!
  2. 機関車エマ号ばく進だ!
  3. 怒りのボタンパンチ!!
  4. 命中!燃えるボタンシュート!
  5. 危うし!死刑台のジム
  6. エマ号連結体あたり作戦
  7. 砂漠のニセ巨人
  8. 妖怪サタンをやっつけろ!
  9. ドリンガー城のひみつはなに?
  10. 魔法のブーメランがとぶ!
  11. がんばれエマ号追跡だ!
  12. ポッコの大ピンチ!
  13. 馬人ダマカスをだませ!
  14. はばたけ白鳥!ジムの国へ
  15. 謎のゆうれい船
  16. 涙のボタンパンチ!
  17. のびろよ!のびろ!高い鼻
  18. ゴー!ゴー!エマ号大脱走
  19. 海賊キャプテンキッド空中戦
  20. ポッコの魔法が解けた?
  21. 不思議な人形つかい
  22. エマ号の激流つな渡り
  23. こうもり男爵の最後
  24. ドリンガー城へ全速前進!
  25. でてこい!魔人ドリンガー
  26. 死闘!ジム対ドリンガー最後の対決!

参考 - 「記憶のかさブタ」サイト

放送局[編集]

映像ソフトについて[編集]

本作のオープニングとエンディングは東映ビデオVHSLDDVD『エイケンTVアニメ主題歌大全集』に収録されているが、アニメ本編は映像ソフト化されていない。

かつて東映ビデオから発売・レンタルされていた『エイケンTVアニメグラフィティ』(年代不明、VHS、廃盤)にラインナップされておらず、1986年に東映ビデオから発売・レンタルされた『TVヒーロー主題歌全集 8 エイケン篇』(VHS、廃盤)にもオープニング・エンディング映像は収録されていないが、1999年12月に東映ビデオから発売されたリニューアル版『エイケンTVアニメ主題歌大全集』(VHS、LD、後にDVDも発売)にはオープニング・エンディング映像が収録されている。なお、これに収録されたオープニング映像は、第1話のハイライトシーンが無いバージョンである。

漫画[編集]

講談社の『テレビマガジン』、『たのしい幼稚園』、『おともだち』、『ディズニーランド』に本作のコミカライズ版が連載されていた。同じエイケン作品である『冒険コロボックル』と同様に、『テレビマガジン』連載版の執筆は永田竹丸が担当した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原作の邦題は2種類あり、訳者の違いによって「ジム・ボタンの機関車大冒険」または「ジム・ボタンの機関車大旅行」となる。
  2. ^ その余波で、広島ホームテレビの編成から外れたNET系列番組の一部には、資本関係が共通していた中国放送(TBS系列)で放送された例もあったが(毎日放送制作の番組が中心だった)、本番組については広島ホームテレビが枠を確保して放送した。
  3. ^ 出典:中国新聞、1975年1月7日、1月10日、各テレビ・ラジオ欄。本来の『カリメロ』の放送枠である火曜19:30 - 20:00では『三波伸介の家族そろって三つの歌』(日本テレビ)を同時ネットしていた。
  4. ^ 信濃毎日新聞』、1974年11月6日付のテレビ欄。 

外部リンク[編集]

毎日放送 金曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
昆虫物語 新みなしごハッチ
(1974年4月5日 - 1974年9月27日)
ジムボタン
(1974年10月4日 - 1975年3月28日)
【本番組までNET系列
ちびっこアベック歌合戦
(1975年4月4日 - 1975年9月26日)
【同番組からTBS系列
【土曜19:00枠から移動】
NET系列 金曜19:00枠
昆虫物語 新みなしごハッチ
(1974年4月5日 - 1974年9月27日)
ジムボタン
(1974年10月4日 - 1975年3月28日)
【本番組まで毎日放送製作】
勇者ライディーン
(1975年4月4日 - 1976年3月26日)
NETテレビ製作】