六三四の剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

六三四の剣(むさしのけん)』は、『週刊少年サンデー』(小学館刊)にて連載された村上もとか漫画、またそれを原作としたテレビアニメ

概要[編集]

岩手県を舞台に、少年剣士の成長をライバルとの関係を軸に描く。剣道を題材とした正統派のスポーツ少年漫画である。物語は小学生時代と高校生時代に分かれている。主人公である六三四など登場人物のセリフは標準語ではなく岩手の方言となっている。

『増刊少年サンデー』の1978年11月号から1980年3月号まで剣道漫画『エーイ!剣道』を描いていた村上もとかが、『週刊少年サンデー』において1981年17号から1985年41号にかけて連載。1984年には第29回小学館漫画賞少年部門を受賞。1985年にテレビアニメ化、1986年タイトーによるファミリーコンピュータ用ゲームソフト『六三四の剣 ただいま修行中』が発売、2002年サンソフトによるプレイステーション2用タイピングソフト『タイピング剣豪 六三四の剣』が発売、2008年4月よりSanseiR&Dよりパチンコ台『CR六三四の剣』が稼動開始となるなど、現在に至るまで各種の展開が図られている。

ストーリー[編集]

剣道岩手県大会を制した夏木夫婦の元に男の子が生まれる。誕生日時が6月3日の午後4時であることから[1]、六三四と名付けられた。六三四は両親の影響から、3歳の時に剣道を始める。六三四が小学校1年生の時、父親の栄一郎は、出場した剣道大会にて優勝を手にしたものの、自身の先輩である東堂国彦との試合中に負った傷によって死亡。東堂への恨みを抱いた六三四だったが、その息子であり最大の好敵手となる東堂修羅と互いに切磋琢磨し、剣道を通して成長してゆく。

登場人物[編集]

夏木 六三四
- 渕崎ゆり子、青春編は堀川亮、PS2版は緑川光
主人公。剣道一家に生まれた「剣道のサラブレッド」として、幼い頃から竹刀を握る活発な少年である。
幼少時から年齢のわりに身体能力が高くとてつもないわんぱく小僧で暴れん坊だったが、高校進学当時はそれなりに礼儀もわきまえた青年に成長していた。
高校進学に当たっては、父と同じ開陽高校に入学し、下宿生活を送る事となる。
夏木 佳代
声 - 吉田理保子
六三四の母。旧姓・朝倉。全日本女子選手権優勝を果たし、「東北の鬼ユリ」と評される剣道の達人。剣道四段。小学校教諭。元々学生時代に学生運動へ参加しており、亡夫である栄一郎に面を食らわせた事がきっかけで付き合い、結婚している。
夏木 栄一郎
声 - 徳丸完
六三四の父。岩手県警機動隊に在籍し、「岩手の虎」と評される剣道の達人。全日本大会で東堂との試合中に重傷を負い、大会二連覇を達成するも、死去。しかし、栄一郎亡き後も岩手県警の警察学校の剣道場に自身の上段構えの写真が飾られるなど、尊敬する人物として扱われている。
東堂 修羅
声 - 羽村京子、青春編は鳥海勝美
夏木六三四の親友であり作中を通しての最良の好敵手。名の由来は、奈良興福寺の修羅観音。
心優しく礼儀正しい少年だが、剣を握るとその名の如く激しい剣さばきを見せる。
『六三四の剣』連載に先立ち『週刊少年サンデー』に掲載された読み切り作品『修羅の剣』では主人公である。
東堂 国彦
声 - 若本規夫
修羅の父。夏木栄一郎の先輩であり、最大の好敵手。情熱を燃やすタイプの栄一郎とは正反対の、冷静かつ正確無比な剣を使う。修羅や朝香にきつくあたり、修羅から憎まれたこともある。修羅が高校へ進学した辺りからが悪化し、最終回で死去。
東堂 朝香
声 - 有馬瑞香
修羅の母。故人。夫を陰で支え、家族に揺るぎない愛情を注ぐ大和撫子。
轟 嵐子
声 - 伊倉一恵
六三四の小さい頃からの剣友であり、親友。嵐の日に生まれたため嵐子と名付けられた。天然の巻き髪ショートヘアーで性格は負けず嫌い。才能に恵まれているがやや怠け癖がある、高校生になり自分の六三四への恋愛感情に気づく。
上田先生
声 - 勝田久
十一
声 - 木藤聡子
六三四が飼う犬。六三四とは兄弟同然に育つ。幼い頃野犬に襲われ、右目を失明している。
杉子
声 - 安藤ありさ
栄一郎が国彦打倒を目指し修行していた時に宿泊していた寺の和尚の孫娘。彼女もまた剣士であり、寺へ押しかけてきた六三四に稽古をつけている。
日高 剣介
声 - 中原茂
剛剣示現流の使い手として、“剣道王国”九州でも一、二を争う剣士。鹿児島県出身。激しい性格で、六三四と修羅をライバル視する。
有働 大吾
声 - 西村朋紘
日高と肩を並べる巨体の使い手。熊本県出身。
大石 巌
声 - 菅原淳一玄田哲章
六三四の師匠であると同時に目標。栄一郎の警官時代の署長の息子。
開陽学園高校剣道部の監督や警察学校助教等を請け負い、また、六三四に様々な影響を与えるなど、実力は非常に高い。
栄一郎を尊敬しており、子供時代はガキ大将、学生時代は先輩として六三四を厳しく鍛える。
大石署長
声 - 飯塚昭三
大石巌の父で、栄一郎にとっては上司にあたる。
武者 潔和
声 - 幹本雄之
高校時代の六三四が所属する剣道部の先輩で、開陽学園に流れ着いた元番長。
六三四の隣室に住む。必殺技は、突きによってむせる相手に対して更なる突きの追い討ちをかける「マシンガン突き」。
魚戸 オサム
声 - 江森浩子 青春編は菊池正美
六三四の2つ歳上だが、保育園時代の舎弟。後に六三四の影響で剣道を始め、開陽学園の剣道部主将となるものの、武者や夏木には劣る。大石巌とは従兄弟の関係になる。
名前の由来は当時のアシスタントの魚戸おさむ
小宮 もなみ
声 - 及川ひとみ
六三四の幼馴染み。眉間のほくろが特徴。お嬢様育ちで剣道はやっていない。六三四に対しては自ら積極的にモーションをかける。
声 - 青木和代
六三四の1つ歳上で、六三四が小5の時に全国大会を戦ったメンバーの一人。岩手県予選では中堅、全国では副将を務める。
栗田 朗
声 - 佐々木菜摘
六三四の1つ歳上で、六三四が小5の時に全国大会を戦ったメンバーの一人。岩手県予選では次鋒、全国では中堅を務める。出ばな小手が得意。
高須
六三四の1つ歳上で、六三四が小5の時に全国大会を戦ったメンバーの一人。岩手県予選では先鋒、全国では次鋒を務める。
韮山 練造
国彦、栄一郎の師。普段は穏やかな表情の老人であるが、その脚裁きと剣技は国彦、栄一郎も凌ぎ、修羅の竹刀を杖で封じたり、六三四の懐に一瞬で着き、国彦と手合わせした際には気迫ある表情に変貌し、(面を取られはしたものの)国彦の脇腹上を切るなど、相当の実力を持つ。
古沢 兵衛
声 - 大木民夫
第二次世界大戦で戦地で女子供を斬殺してしまったが故に自らの剣を封印するように、離れ小島で孤独な生活をしている老人。後に乾へ二刀流を伝授した。
乾 俊一
声 - 堀内賢雄
六三四・修羅・日高・有働の四強に匹敵する強さの、遅れてきた二刀流剣士。遍歴が激しく暗い性格で目が印象的。
※因みに高校生以下の公式試合における二刀流は禁止されており(社会人と1992年以降の大学剣道では認められる)、作中の描写はフィクションである。
風戸 美奈
声 - 富沢美智恵
長崎出身の女流剣士。かつて栄一郎が所属していた、八雲学院大学の剣道部員。
権藤先生
声 - 石森達幸
北上少年剣道クラブの監督で、小学生時代の六三四の剣道の師。通称「ヒゲ先生」。
谷口先生
谷口 恒
久門
六三四が小5の時、岩手県大会の準決勝で戦った相手。高校編でも登場する。
陣内
六三四が小5の時、岩手県大会の決勝で戦った相手。対戦時、六三四の足の怪我を見抜いてそこを攻めようとしたが、結局敗れた。高校編でも登場する。
梅木 慎一
秋田県の剣士。全国大会で上位まで進んだ実力者だが、修羅達が話に出すまで六三四の事は知らなかったようである。
沼田
開陽学園高校剣道部員で、六三四の同期。実力は本人曰く「下手の横好き」であり、六三四のマネージャーのような役割を務めている。
八重樫 幹夫
声 - 山口健
小学生時代の六三四の担任教師。非体育会系で穏やかな性格で、栄一郎と反対の点が多い。後に佳代と結婚する。

アニメ版[編集]

エイケンの制作によるテレビアニメ版は、1985年4月18日から1986年9月26日までテレビ東京系で放送された。全72話。

第50話から第72話まで(全23話)は、『六三四の剣 青春編』の題名で放送された。

2004年、全72話を収録したDVDが、スーパー・ビジョンより発売された。

六三四役の堀川ともなみ役の及川は、本作での共演が縁で結婚している。

タイトーから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト『六三四の剣 ただいま修行中』は、アニメ版をベースとしている。当時としては珍しくプレーヤー同士の対戦プレイが可能であり、人気を博した。対戦モード以外にも一人用の横スクロールアクションモードがあり、難易度はかなり高めであった。

スタッフ[編集]

  • 原作:村上もとか
  • 企画:瀬島光雄(日本映像)
  • 監督:角田利隆
  • プロデューサー:江津兵太(テレビ東京)、渡邊米彦、霜田正信(以上、エイケン)
  • 制作担当:一色弘安(エイケン)
  • シリーズ構成:山本優
  • 作画総監督:国保誠、小林勝利
  • 原画:堀越新太郎、森中正春、浜野裕治、香川浩、中山和子、村上勉、谷平久美子、丸山政次、宍倉敏、吉村道明、藤城義一、工藤裕加、滑川悟、溝呂木浩章、渡部政勝、吉田恵子ほか
  • 動画チェック:張文麗、阿部毅彦、高田暁ほか
  • 動画:富田早苗、杉浦悦子、細川修一、藤田典子、渡辺妙子、小井川雅洋、村山りか、井上恵子、山浦由加里、雄谷将仁、石津和子、古屋浩美、善林考嘉、滝川和男、平松巨規、酒井博美、高橋和徳、山田俊哉、関彰子、犬神明子、柚木景子、阿久津辰則、武藤友子、西口敏則、佐藤裕司、砂原昭一、三村浩一、本間志津子、川口光夫、中平晴也、勝手潔、鈴木祥子、高垣知子、野沢朗ほか
  • 美術監督:遠藤守俊
  • 背景:小板橋かよ子、田村恵子、日渡ひろみ、千々波美恵子、梶谷雅夫、柴村光勇、来城壮一
  • 色彩設定:中沢邦夫、鬼沢富士男
  • 仕上:佐藤征江、中尾みつこ、豊田やす子、細田敏子、有坂のり子、林敬子、兼田陽子、秦紀子、横山忍、新垣純子、志村はるみ、若菜陽子、吉田徳子、勝田久子、成田洋子、矢谷むつみ、鈴木照美、桑野ふみ子、渡辺直美、田村三枝子、青木りつ子、内山光子、小野寺美和子、中野静、鎗田英津子ほか
  • 撮影スタッフ:森下成一、渡辺勝美、佐野禎史、阪本生長、池上元秋、佐野和広、青島美雪、引野正之、武川昌志、桑原薫ほか
  • 撮影:スタジオトゥインクル、イマジネーション、スタジオコスモス
  • 編集:掛須秀一
  • 音楽:坂下秀実
  • 音響監督:山崎宏
  • 選曲:東上別符精
  • 録音調整:小野惇志
  • 音響効果:東洋音響
  • 録音スタジオ:東北新社
  • 現像所:東洋現像所(※)
  • 方言指導:佐々木菜摘
  • 制作進行:太田雅文、村田茂、日高政光、伊達新九郎、横田裕昭、中沢敏行ほか
  • 製作協力:サンシャインコーポレーション、はだしプロ
  • 製作:テレビ東京エイケン

(※)1986年1月より、IMAGICAに社名を変更。

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『裸足のソルジャー』
エンディングテーマ - 『男たちの地図』
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 井上大輔 / 編曲 - 鷺巣詩郎 / 歌 - 下山公介(レーベル - 東芝EMI

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 1985年
4月18日
オラは六三四だ!あばれ剣 山本優 角田利隆 塚之戸修秀 福田皖
2 4月25日 強敵めっけ!勝負すろ 木下ゆうき
3 5月2日 入門だ!町道場ケンカ剣 加藤雄治 箕ノ口克己 山岸廣
4 5月9日 盛岡城の決闘! 合戸陽 矢部秋則 浅田裕二 小林勝利
5 5月16日 上には上の剣の道 山本優 遠藤克己 殿勝秀樹 増谷三郎
6 5月23日 やるぞ チビッ子剣道大会 落合正宗
7 5月30日 強敵登場 美少女剣士 合戸陽 木下ゆうき 平林淳 中山和子
8 6月6日 オラが一番!昇級試合 山本優 岡部英二 岡田宇啓 山岸廣
9 6月13日 オラは無敵だ 四天王やぶり 古久火人 小林勝利
10 6月20日 地獄の特訓 ありがとう大石 合戸陽 箕ノ口克己 大谷正弘 増谷三郎
11 6月27日 ライバル登場 その名は修羅 山本優 落合正宗
12 7月4日 対決!六三四VS修羅 合戸陽 木下ゆうき 中山和子
13 7月11日 オラとアイツの涙 山本優 殿勝秀樹 山崎友正 山岸廣
14 7月18日 それぞれの道、剣の道 矢部秋則 小林勝利
15 7月25日 父っちゃがやるならオラもやる 遠藤克己 殿勝秀樹 増谷三郎
16 8月1日 おしかけ六三四の山ごもり 合戸陽 落合正宗
17 8月8日 敵は東堂!親子剣! 山崎晴哉 角田利隆 岡田宇啓 山岸廣
18 8月15日 幻の敵!新しい敵! 合戸陽 遠藤克己 木下ゆうき 中山和子
19 8月22日 ゆけゆけ父っちゃ 日本一! 山本優 殿勝秀樹 山崎友正 木暮輝夫
20 8月29日 激戦!嵐よ 武道館 山崎晴哉 矢部秋則 小林勝利
21 9月5日 激突!岩手の虎と柳生の鬼 合戸陽 落合正宗
22 9月12日 命を賭けた日本一! 山本優 殿勝秀樹 大谷正弘 増谷三郎
23 9月19日 哀しみをこえて!涙の千本素振り 遠藤克己 殿勝秀樹 金子勲
24 9月26日 竹刀をすてた六三四 殿勝秀樹 木下ゆうき 中山和子
25 10月3日 復活、六三四必殺の突き 古久火人 小林勝利
26 10月10日 勝負だ東堂!決意の旅立ち 落合正宗
27 10月17日 よみがえれ六三四!素晴らしき剣の道 殿勝秀樹 増谷三郎
28 10月24日 再登場!美少女剣士 轟嵐子 合戸陽 角田利隆 木下ゆうき 中山和子
29 10月31日 オラの意地 嵐子の意地 山崎晴哉 矢部秋則 小林勝利
30 11月7日 気迫の準決勝 山本優 野寺三郎 落合正宗
31 11月14日 見たか上段火の位! 殿勝秀樹 土屋幹夫
32 11月21日 四対一の大げんか 合戸陽 遠藤克己 木下ゆうき 中山和子
33 11月28日 敵は修羅!出るか必勝技 山本優 落合正宗 工藤裕加
34 12月5日 大会前夜 ちかいの五人! 矢部秋則 梶谷光春
35 12月12日 燃える武道館! 合戸陽 落合正宗 溝呂木浩章
36 12月19日 武道館、快進撃! 山本優 殿勝秀樹 増谷三郎
37 12月26日 火花散る宿命のライバル戦! 遠藤克己 岡田宇啓 小林勝利
38 1986年
1月9日
激突!六三四対修羅 落合正宗 工藤裕加
39 1月16日 めざせ ふたたび武道館! 合戸陽 矢部秋則 梶谷光春
40 1月23日 もっと強く!もっと激しく! 山崎晴哉 殿勝秀樹 増谷三郎
41 1月30日 あばれ六三四の道場破り! 山本優 落合正宗 工藤裕加
溝呂木浩章
42 2月6日 無敵の上段!オラの剣 遠藤克己 山崎友正 土屋幹夫
43 2月13日 炎の道!阿修羅の剣!! 合戸陽 殿勝秀樹 増谷三郎
44 2月20日 オラは岩手の虎になる! 山本優 矢部秋則 梶谷光春
45 2月27日 剣と友情 六三四VS嵐子 山本優
山崎晴哉
落合正宗 溝呂木浩章
46 3月6日 打倒・修羅 ライバル再対決! 山本優 遠藤克己 殿勝秀樹 金子勲
47 3月13日 敵も上段 危うし六三四! 落合正宗 工藤裕加
48 3月20日 熱闘!六三四と修羅 矢部秋則 梶谷光春
49 3月27日 やったぞ 優勝日本一! 角田利隆 岡田宇啓 増谷三郎
六三四の剣 青春編
50 4月3日 青春編スペシャル 剣と青春のたびだち 山本優 角田利隆 吉田健次郎 土屋幹夫
51 4月10日 初試練・怒りの八幡宮! 落合正宗 溝呂木浩章
52 4月17日 危機一髪・春のあらし! 福田新
53 4月24日 新人戦!しのびよる罠 山本優
合戸陽
遠藤克己 増田光昭 原完治
54 5月1日 決勝戦!迷いの一撃 山本優 吉田健次郎 土屋幹夫
55 5月8日 新たなる旅立ち 落合正宗 工藤裕加
56 5月15日 復活一番勝負!甦る六三四 落合正宗
57 5月22日 剛剣!示現流一の太刀 合戸陽 増田光昭 玉沢武 原完治
58 5月29日 二刀流・謎の刺客 山本優 遠藤克己 殿勝秀樹 土屋幹夫
59 6月5日 大あばれ!六三四と修羅 合戸陽 落合正宗 溝呂木浩章
60 6月12日 覇者の剣・王者の剣 山本優 横山美雪
61 6月19日 師弟激突!それぞれの誓い 玉沢武 殿勝秀樹 川崎光雄
62 6月26日 より強く、より逞しく 遠藤克己 土屋幹夫
63 7月11日 無冠の豪剣 六三四起つ 合戸陽 落合正宗 工藤裕加
64 7月25日 青春ふたつ 剣ひとすじに 山本優 遠藤克己 増田光昭 原完治
65 8月1日 執念の逆二刀 よみがえった狼! 合戸陽 落合正宗 金子勲
66 8月8日 剣士たちの春秋 山本優 遠藤克己 吉田健次郎 土屋幹夫
67 8月15日 母子剣・復活の鬼ユリ 落合正宗 工藤裕加
68 8月29日 めざせ アベック優勝 合戸陽 丸山政次
69 9月5日 六三四の道・嵐子のこころ 山本優 矢部秋則 梶谷光春
70 9月12日 剣と青春の嵐 遠藤克己 殿勝秀樹 土屋幹夫
71 9月19日 熱剣!若き剣士たちの闘い 合戸陽 落合正宗 工藤裕加
72 9月26日 剣よ夢よ・栄光の六三四と修羅 山本優 角田利隆 落合正宗 土屋幹夫

ネット局[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 作者自身も6月3日生まれである。
テレビ東京 木曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
六三四の剣
テレビ東京系 木曜19時台後半(1986年4月~1986年6月)
六三四の剣 青春編
テレビ東京系 金曜19時台前半(1986年7月~1986年9月)
六三四の剣 青春編
キャプテン翼(再放送)