とべ!人類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とべ!人類
ジャンル SF漫画
漫画:とべ!人類
作者 尾瀬あきら
出版社 毎日新聞社
小学館(再掲載・単行本)
掲載誌 毎日中学生新聞
少年ビッグコミック増刊号(再掲載)
レーベル 少年ビッグコミックス
発表期間 1978年9月12日 - 1978年12月30日
巻数 全1巻
漫画:とべ!人類II
作者 尾瀬あきら
出版社 小学館
掲載誌 少年ビッグコミック増刊号
レーベル 少年ビッグコミックス
発表期間 1984年8月号 - 1985年8月号
巻数 全1巻
テンプレート - ノート

とべ!人類』(とべじんるい)は、尾瀬あきらによる日本SF漫画。続編に『とべ!人類II』(とべじんるいツー)があり、本記事ではこちらについても併せて記述する。

概要[編集]

核戦争が起きた地球を脱出し、第二の地球を目指す宇宙船「ホモ・サピエンス号」に乗る少年少女達の、人類存続をかけた物語を描く。船内における人間関係を物語の主軸に据えている。

『とべ!人類』は、尾瀬あきらが松本めぐむ名義で「毎日中学生新聞」(毎日新聞社)に連載した作品である。その後「少年ビッグコミック増刊号」(小学館)にページレイアウト修正の上再掲載され、読者の反響を呼び、続編として『とべ!人類II』が新作として執筆される。

尾瀬は『とべ!人類II』と『初恋スキャンダル』とにより、第31回(昭和60年度)小学館漫画賞少年部門を受賞した。単行本は、小学館(少年ビッグコミックス)より『尾瀬あきら選集』の第2巻(「とべ!人類」)・第3巻(「とべ!人類II」)として発行された。

とべ!人類[編集]

「毎日中学生新聞」掲載当時はタイトルに「ホモ・サピエンス」と言うルビが振られていた[1]が、「尾瀬あきら選集」版のルビは本編1頁目のタイトル表記に「ホモ・サピエンス」と添え書きされているのみで、ルビが振られているその他の個所は全て「じんるい」となっている。

あらすじ[編集]

ごく普通の中学生・岩崎卓は、いつも通り帰宅しようとしていたところを、正体不明の車に呼び止められ眠らされてしまう。目覚めると、同じ年頃の子供たちと一緒に機械だらけの部屋におり、窓の外には巨大な月や地球が浮かんでいた。卓たちは宇宙船に乗せられていたのだ。その後の調査で卓たちは、核戦争により死滅した人類の最後の生き残りになったこと、また乗っている宇宙船「ホモ・サピエンス号」が200年かけて第2の地球「カノウプス系第3惑星P3」へ向かっていることを知る。しかし「ホモ・サピエンス号」には卓たちの他に誰も乗っておらず、冷凍睡眠と言った機能もなく、地球を発った別の宇宙船は事故で全滅しており、卓たちは200年の旅の間、自力で命を繋がねばならなかった。目的地へ向かう過程で宇宙船の故障や小惑星の接近など幾多のトラブルに直面したことで、子供たちは次々と命を落とし、卓・かおり・正・美加の4人が生き残る。

登場人物[編集]

岩崎卓(いわさき たく)
主人公。ホモ・サピエンス号での準リーダー的存在。地球では卓球が得意だった。
尾形おさむ(おがた おさむ)
ホモ・サピエンス号でのリーダー。縫合手術を敢行し、漂流していた宇宙船に宇宙服を着て偵察しに行くなど、勇気がある。
中谷かおり(なかたに かおり)
ホモ・サピエンス号に乗せられた少女の一人。気が弱く、すぐに涙を流してしまう。
早瀬正(はやせ ただし)
ホモ・サピエンス号に乗せられた少年の一人。柔道二段の腕前を持つ。
原田美加(はらだ みか)
ホモ・サピエンス号に乗せられた少女の一人。本人いわく性格はお転婆でおっちょこちょい。
内田千代子(うちだ ちよこ)
ホモ・サピエンス号に乗せられた少女の一人。チーコと呼ばれている。地球では陸上部に所属していた。
西岡誠(にしおか まこと)
ホモ・サピエンス号に乗せられた少年の一人。優等生で知識は豊富だが、勇気が欠けている。

とべ人類II[編集]

『とべ!人類II』は、「とべ!人類」の続編。「少年ビッグコミック増刊号」1984年8月号、1985年1月・4月・8月号に掲載された。「とべ!人類」から約100年が経った後のホモ・サピエンス号の物語。

あらすじ[編集]

宇宙船ホモ・サピエンス号が出発してから、船内では多くの人間が生まれていった。しかし時が経つにつれ、過去の記録と記憶の喪失などによりホモ・サピエンス号の由来も旅の意義も忘れ去られ、人々は争いのない平和の世界「カノウプス」を信じる者とそうでない者に別れ、対立しあうようになった。そして100年が経過した頃、カノウプスを信じない者はA地区、信じる者はB地区に分かれ、相手を根絶やしにしようと残された人類は再び戦いを続けることになってしまった。

登場人物[編集]

タキ
主人公。A地区民。リーダーのもとでB地区民からの防御において大きな成果をあげたが、B地区でミリやナギ、おじい様に会い、ホモ・サピエンス号が世界のすべてではなく広大な世界を旅する“小世界”であることを教えられ、さらに過去の話を聞かされて考えが揺らぐ。
ミリ
ヒロイン。B地区民。おじい様の世話係。おじい様から教わり展望室で草や木を育てている。いつまでも争い続ける人類に憂いを抱いている。
リーダー
A地区民のリーダー(本名は不明)。A地区民の命を第一に考え、B地区へ攻勢に出ることは好まなかったが、互いに限界が来ていると察しB地区へ攻め込む。タクを次期リーダーと目している。
ナギ
B地区民のリーダー。乗員が人口増加による食糧難に苦しむなか、父から教わった「カノウプス」を唯一の生きる希望としてB地区民へ広めた穏健派。
グン
B地区民。A地区民の殲滅に積極的な過激派で、独断でA地区に戦闘を仕掛ける。ミリに好意を持つ。
おじい様
B地区民でホモ・サピエンス号乗員の最高齢者。ホモ・サピエンス号に乗せられた最初の8名の1人で、本名は「タク」。しかし、長い年月の旅のストレスと“最後の地球人”としての孤独感にその精神を蝕まれており、一切の希望も夢も無くした廃人一歩手前の状態にある。

脚注[編集]

  1. ^ 尾瀬あきら=松本めぐむファンクラブ「Homo-Sapiens」発行による同人誌「松本めぐむ全集5」で確認できる。少年ビッグコミック「尾瀬あきら選集」全3巻+? - まんだらけ 中野店 4F マニア館