藤本タツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじもと タツキ
藤本 タツキ
生誕 (1992-10-10) 1992年10月10日(30歳)
日本の旗 日本秋田県にかほ市
職業 漫画家
活動期間 2013年 -
ジャンル 少年漫画
代表作ファイアパンチ[1]
チェンソーマン
ルックバック
受賞
テンプレートを表示

藤本 タツキ(ふじもと タツキ、1992年[3]平成4年〉10月10日[4] – )は、日本の男性漫画家秋田県にかほ市出身[3]秋田県立仁賀保高等学校情報メディア科CGデザインコース卒、東北芸術工科大学美術科洋画コース卒[5]

経歴[編集]

幼少期からよく絵を描いていた[6]。高校1 - 2年頃よりウェブコミック投稿サイト新都社」に長門は俺名義でウェブコミックをアップしていた。後に石田スイONEから単行本の帯に寄稿されたのは、同じ新都社出身の縁であると藤本は考えている[7]。美大を目指すも、地元には美大の予備校が無かったため、高齢者が通う絵画教室の隅で油絵を書いていた。AO入試で油絵学科に進学したが、油絵を描いてても絵が上手くならないと、図書館でひたすらクロッキーを描いた[6]

大学卒業後は暫く職が無く、『ジャンプSQ』(集英社)に作品を投稿していた[6]。新人漫画家になりたてのころは思いついたものを即ネームにして、多いときは毎日1本ずつ担当編集者に送っていたという[8]。読切『恋は盲目』で2013年11月期(審査員:許斐剛クラウン新人漫画賞佳作を受賞し、2014年に『ジャンプSQ.19』(集英社)Vol.13に掲載される[9]。『SQ』で『ファイアパンチ』の連載企画が落ちると、担当編集者・林士平が『少年ジャンプ+』(集英社)に企画を持ち込み、連載が決定した。これにともない藤本も東京都へ移り住む[6]

2016年 - 2018年にかけ『少年ジャンプ+』で『ファイアパンチ』を連載すると衝撃的な展開などでインターネットを中心に注目を集めた[9][10]。『少年ジャンプ+』の人気作家が連載終了後に『週刊少年ジャンプ』(集英社)へ移籍する傾向が見られる中[11]、藤本も『週刊少年ジャンプ』2019年1号より『チェンソーマン』の連載を開始した[1]

2020年に『チェンソーマン』で第66回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。翌21年には同作品でハーベイ賞BestManga部門を受賞した。

2021年12月9日、宝島社発行のムック『このマンガがすごい!2022』において、『ルックバック』がオトコ編1位に選出され、同誌に描き下ろしイラストが掲載された。同ランキングでは前年にも藤本タツキ作品である『チェンソーマン』がオトコ編1位を獲得しており、オトコ編における同一作者の2年連続受賞は今回が初めてとなった[12]

2022年、『チェンソーマン』でハーベイ賞BestManga部門を受賞。2年連続での受賞は史上初となる。

人物[編集]

子どものころはジャンプ作品は読まず、父親が買ってきた『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)作品の『グラップラー刃牙』(板垣恵介)・『浦安鉄筋家族』(浜岡賢次)や『月刊少年ジャンプ』(集英社)・『ジャンプSQ』作品の『CLAYMORE』(八木教広)・『ドラゴンドライブ』(佐倉ケンイチ)・『自由人HERO』(柴田亜美[13]などを読んでいた。『ジャンプSQ』に作品を投稿したのもそれが理由だったという[7]

中学生の頃から、脳内で雑誌を作り、面白くない作品を打ち切り定期的に入れ替えつつ、自ら考案した漫画を約7本同時に連載していた。連載が最終回を迎えたときは、感動で涙がこみあげたが、授業中なのでこらえたこともあったという[8]。新人漫画家時代にも依然として約5本の作品を脳内で連載しており、中には単行本15巻ほどの分量で完結した作品もあった[14]。 自分の作品は「世間受けしないぞ」と認識しているが、それが逆に受けているのかもしれないとしている。また、「ひと通り漫画読んで飽きた人が読んでいる気がする」と自らの作品を分析している(2018年時点)[6]

ネームを描くときは怒りを大切にしている。しかし、一晩経つと「俺に学がないのがダメなんだな」と気持ちが揺れ動くため、ネームを描いた際は読み直さず、即座に担当編集者に送るようにしている[6]

好んで繰り返し観賞するアニメ作品として『涼宮ハルヒの憂鬱』、『氷菓』、『おじゃる丸』、『日常』、『かみちゅ!』、『クレヨンしんちゃん』、ピクサー作品、ディズニー作品ジブリ作品を挙げている[15]

ルックバック』においてもオマージュ[16]されているクエンティン・タランティーノ監督作品など[10]、様々な映画作品からの影響を公言している[10]。アクション映画に関しては『ザ・レイド』や北野武監督作品[7]韓国映画チェイサー』を好む [6]。また、白石晃士監督のホラー作品『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズからの影響も公言している[7]

ファイアパンチの連載前から、「藤本タツキの妹であり小学3年生のながやまこはる」という設定でTwitterへの投稿を続けていた。その件で担当の林士平から「藤本くんの関係者を騙る危険なアカウントを訴えようと思っている。」と相談を受けており、「それは僕です」と明かしたところ、林士平は狼狽し畏れを抱く表情を浮かべたという[17]。ながやまこはる名義のアカウントは2022年11月に凍結されたので急遽本人名義でアカウントを立ち上げ、林士平が本人であると確認している。凍結理由は年齢制限に引っかかったためではないかとされる[18]

作風[編集]

妹が登場する作品が多いが、妹キャラに対する嗜好性からではなく人間関係の説明を省くためであるという[8]

登場人物の独り歩きを防ぐため計算して描いており、キャラクターに自身を投影するようなことはない[8]。その一方で、『ファイアパンチ』で藤本のアシスタントを務めた漫画家の賀来ゆうじは、『チェンソーマン』の主人公・デンジが藤本に似ているとインタビューの中で指摘している[19]

自身の好きな沙村広明の絵柄を、週刊連載のペースで「リアリティがあって、「いまキャラが何をしているのか」っていう状況がすごく伝わってくる絵」を描くやり方としても目標にし、影響を受けていると語っている[8]

デザイン[編集]

『ファイアパンチ』で藤本のアシスタントを務めた漫画家の賀来ゆうじは、藤本のキャラクターのデザインは本質がはっきりしているとジャンプ+とのインタビューの中で述べており、たとえばチェンソーマンは凶暴でクレイジーな感じがはっきり出ているとしている[19]。また、賀来は藤本のデザインそのものに驚きはないものの、それをそのまま表現するというやり方には驚いたと話している。前述のチェンソーマンの場合はあえて「とってつけた」感を出していたと賀来はみており、チェンソーの部分を自然になじませる方法を好まなかったのだろうと推測している[19]

作品[編集]

タイトル 形式 掲載号 収録 備考
庭には二羽ニワトリがいた。 読切 J+ 2017年7月17日 短編集『17-21』 漫画賞初投稿作。
J+の『ファイアパンチ』2017年7月17日更新分より[特別読切6]として配信[20]
復讐の剣 未公開作品 NIM名義。結果発表ページ[21]
正義の見方 藤本たつき名義。検索発表ページ[22]
かみひこうき 第3回(2013年5月期)クラウン新人漫画賞編集部特別賞受賞[23]
佐々木くんが銃弾止めた J+ 2016年6月13日 短編集『17-21』 第5回(2013年7月期)クラウン新人漫画賞審査員特別賞受賞[24]
J+の『ファイアパンチ』2016年6月13日更新分より[特別読切]として配信[25]
恋は盲目 SQ.19 Vol.13 ギャグ漫画
第9回(2013年11月期)クラウン新人漫画賞佳作受賞[26]
J+の『ファイアパンチ』2016年8月29日更新分より[特別読切2]として配信[27]
シカク SQ.19 Vol.14 ラブコメ漫画
J+の『ファイアパンチ』2016年11月14日更新分より[特別読切3]として配信[28]
予言のナユタ SQ 2015年8月号 短編集『22-26』 J+の『ファイアパンチ』2017年2月06日更新分より[特別読切4]として配信[29]
2021年3月3日・4日よりボイスコミックとしてYouTube上で公開[30][31]
人魚ラプソディ SQ.19Vol.17 デジタル版は配信終了。
ファイアパンチ 連載 J+ 2016年4月18日 - 2018年1月1日 全8巻 少年ジャンプ+連載ページ
目が覚めたら
女の子になっていた病
読切 J+ 2017年4月24日 短編集『22-26』 J+の『ファイアパンチ』2017年4月24日更新分より[特別読切5]として配信[32]
妹の姉 SQ 2018年6月号 J+ 2019年5月2日から同年8月15日まで期間限定配信をしていた[33][リンク切れ]
チェンソーマン 連載 WJ 2019年1号 - 2021年2号(第1部)
J+ 2022年7月13日 - 連載中(第2部)
既刊12巻
ルックバック 読切 J+ 2021年7月19日 全1巻 全143ページ[34]
さよなら絵梨 J+ 2022年4月11日 全1巻[35] 全200ページ[36]。前作『ルックバック』を超え、藤本の読切のページ数では最長となる。
フツーに聞いてくれ J+ 2022年7月4日[37] 原作担当[37]。漫画は遠田おとが担当[37]

関連人物[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「ファイアパンチ」作者の新連載が「ジャンプ」次号でスタート!”. 2018年12月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年12月2日閲覧。
  2. ^ 決定!第66回小学館漫画賞!!”. 小学館. 2021年1月19日閲覧。
  3. ^ a b 故郷から学んだこと 藤本タツキ(漫画家)”. 秋田市文化創造館 (2021年3月21日). 2021年7月24日閲覧。
  4. ^ ながやま こはる [@nagayama_koharu] (2020年10月10日). "今日はお兄ちゃんの誕生日です。チェンソーマンの絵の大会もやっているのでよかったです。" (ツイート). 2020年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2020年10月24日閲覧
  5. ^ 東北芸術工科大学洋画コース 活躍する卒業生 藤本タツキ”. 2021年7月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 藤本タツキ×沙村広明奇跡の対談”. 2019年11月閲覧。
  7. ^ a b c d "【インタビュー】藤本タツキ『ファイアパンチ』ネットでも話題騒然になった第1話・衝撃的なネームを超特別公開!!". 2019年8月3日閲覧
  8. ^ a b c d e 「ファイアパンチ」藤本タツキインタビュー”. 2019年8月3日閲覧。
  9. ^ a b “人肉を食う!話題「ファイアパンチ」作者・藤本タツキとは”. https://geinou-news.jp/articles/zy84L 2016年5月24日閲覧。 
  10. ^ a b c 【インタビュー】藤本タツキ『ファイアパンチ』 1巻ごとにジャンルが変わる!? トガタの登場は計算された「裏切り」!? その真相に迫る!!”. 2021年7月24日閲覧。
  11. ^ "「少年ジャンプ+」編集長が語る、画期的マンガアプリ誕生の背景 「オリジナルマンガで行くという戦略は間違っていなかった」". 2020年5月23日閲覧
  12. ^ “このマンガがすごい!今年の1位は「ルックバック」と「海が走るエンドロール」”. コミックナタリー. (2021年12月7日). https://natalie.mu/comic/news/456425 2021年12月7日閲覧。 
  13. ^ 【第66回】担当作家 藤本タツキ先生Q&A!”. 運営からのお知らせ - ジャンプルーキー!. 2021年10月9日閲覧。
  14. ^ 第13回】ファイアパンチ担当編集インタビュー”. 2021年7月24日閲覧。
  15. ^ ショッキングなのは当たり前!? 新進気鋭の漫画家・藤本タツキ先生に『ファイアパンチ』のこれからの展開を聞いてみた!”. 2019年8月3日閲覧。
  16. ^ 小林白菜 (2021年7月19日). “藤本タツキ『ルックバック』が大反響! ジャンプ+にて公開中、143ページの大長編読切マンガのタイトルに込められた意味とは?”. ファミ通. KADOKAWA Game Linkage. 2021年8月2日閲覧。
  17. ^ 【第66回】担当作家 藤本タツキ先生Q&A!”. 2022年8月11日閲覧。
  18. ^ 「チェンソーマン」の藤本タツキ氏がTwitter開設。いかにも怪しげだが担当編集が本物と保証”. 2022年11月14日閲覧。
  19. ^ a b c 賀来ゆうじが先生が『チェンソーマン』に秘められた魅力を斬る!!│ ジャンププラス”. ジャンプ+. 2022年10月15日閲覧。
  20. ^ 庭には二羽ニワトリがいた。”. 2021年7月24日閲覧。
  21. ^ ジャンプSQ.SupremeComic大賞seasonII第4回結果発表”. 2021年7月24日閲覧。
  22. ^ ジャンプSQ.SupremeComic大賞seasonII第10回結果発表”. 2021年7月24日閲覧。
  23. ^ ジャンプSQ.クラウン新人漫画賞第3回結果発表”. 2021年7月24日閲覧。
  24. ^ ジャンプSQ.クラウン新人漫画賞第5回結果発表”. 2021年7月24日閲覧。
  25. ^ 佐々木くんが銃弾止めた”. 2021年7月24日閲覧。
  26. ^ ジャンプSQ.クラウン新人漫画賞第9回結果発表”. 2021年7月24日閲覧。
  27. ^ 恋は盲目”. 2021年7月24日閲覧。
  28. ^ シカク”. 2021年7月24日閲覧。
  29. ^ 予言のナユタ”. 2021年7月24日閲覧。
  30. ^ 【ジャンプ漫画】(cv:小松未可子・内田雄馬)『チェンソーマン』の藤本タツキが描く新感覚ファンタジー読切『予言のナユタ』前編【ジャンプ/ボイスコミック】”. 2021年7月24日閲覧。
  31. ^ 【ジャンプ漫画】(cv:小松未可子・内田雄馬)『チェンソーマン』の藤本タツキが描く新感覚ファンタジー読切『予言のナユタ』後編【ジャンプ/ボイスコミック】”. 2021年7月24日閲覧。
  32. ^ 目が覚めたら女の子になっていた病”. 2021年7月24日閲覧。
  33. ^ 姉の姉”. 2021年7月24日閲覧。
  34. ^ ルックバック”. 2021年7月19日閲覧。
  35. ^ “藤本タツキ「さよなら絵梨」単行本発売、映画に懸けた少年と少女の青春物語”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年7月4日). https://natalie.mu/comic/news/484071 2022年7月4日閲覧。 
  36. ^ さよなら絵梨”. 2022年4月11日閲覧。
  37. ^ a b c “藤本タツキ×遠田おとの短編読切「フツーに聞いてくれ」、ジャンプ+で公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年7月4日). https://natalie.mu/comic/news/484070 2022年7月4日閲覧。 
  38. ^ 林士平 [@SHIHEILIN] (2020年8月5日). "『にくをはぐ 遠田おと短編集』の遠田先生は、実は『チェンソーマン』の藤本タツキ先生の『ファイアパンチ』時代のアシスタントをして頂いておりました。" (ツイート). Twitterより2022年6月20日閲覧
  39. ^ ながやま こはる (@nagayama_koharu)”. ウェイバックマシン. Twitter (2021年7月21日). 2022年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]