青山剛昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あおやま ごうしょう
青山 剛昌
Gosho Aoyama.jpg
本名 青山 剛昌
(あおやま よしまさ)
生誕 1963年6月21日(53歳)
日本の旗 日本鳥取県東伯郡北栄町
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1986年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 まじっく快斗
YAIBA
名探偵コナン
受賞 1986年小学館新人コミック大賞入選
第38回小学館漫画賞児童部門受賞
第46回小学館漫画賞少年部門受賞
公式サイト こなん通信社
テンプレートを表示

青山 剛昌(あおやま ごうしょう、1963年6月21日[1] - )は、日本漫画家。本名、剛昌(よしまさ)[2]星座ふたご座血液型B型鳥取県東伯郡大栄町(現北栄町)出身[1]鳥取県立由良育英高等学校[3][注 1]日本大学芸術学部美術学科絵画コース卒[1]。元妻は声優高山みなみ

来歴・人物[編集]

青山剛昌ふるさと館

大学時代は漫画研究部「熱血漫画根性会」に所属。元々はアニメーターを志望していたが[4]、漫研の先輩である矢野博之にアニメーターよりも、漫画家のほうが儲かると言われ、漫画家を目指すことになる[5]ちばてつやの大ファンであったため、少年マガジンに持ち込んでおり、担当編集とも上手く行っていたが、この頃に就任した編集長から「青山くんの絵が気に食わない」「このままマガジンでやるなら絵柄を変えたほうがいい」と担当経由で伝えられ、マガジンでやっていくことを断念した[5][6]。この後、持ち込み先を選ぶためにすぐさま本屋へ雑誌を探しに行き、その場にあった少年サンデーを見て編集部へ連絡し、その足で原稿を持ち込んだ[6]。この時に原稿を見てくれた編集者の世話になり[6]1986年、「ちょっとまってて」で小学館新人コミック大賞に入選し、同作でデビューした。代表作の「名探偵コナン」、「YAIBA」は、それぞれ小学館漫画賞を受賞している。特に『名探偵コナン』は、幅広い年代層に人気があり、テレビアニメ化、劇場アニメ化もされている(2003年に発行部数が1億冊を突破)。ほかに、『まじっく快斗』『4番サード』などの作品がある。

年上の恋人と同い年になるためにタイムスリップを試みる少年を描いたデビュー作『ちょっとまってて』、桜が起こした奇跡で青年の姿に若返った老剣士が、つかの間蘇った青春を楽しむ活劇『プレイ イット アゲイン』、永遠の命をもたらす伝説の宝石を追う組織に父親を殺害された高校生が、組織の野望を砕くために二代目怪盗として活躍する『まじっく快斗』、若い娘の生気を吸い老婆に変える宇宙人の女王によってヒロインが老婆の姿にされる『YAIBA』かぐや編、名探偵として名を馳せた高校生が未完成の毒薬の作用で小学1年生相当の姿に若返り、探偵としての地位や証言能力を失った状態で正体を隠したまま組織を追うため、奇想天外な秘密道具の行使や幼馴染の父を影武者に仕立て上げる事で子供姿のまま探偵家業を続ける『名探偵コナン』など、「(主人公やヒロインの精神年齢に対する)肉体の年齢が、ある日突然大きく狂わされる」または「肉体の年齢を飛び越える」というモチーフが多く使用されている。

以前は作品が完結しないで連載・執筆を終えることもあった。しかし『名探偵コナン』の最終回のプロットは、作者自身の頭の中ですでに出来上がっていると話している[7]なお『名探偵コナン』の後半からは知人や編集者からもネタの提供を受けていると話している[要出典]

2005年5月5日に声優の高山みなみと結婚。青山自身の作品『YAIBA』の主人公・鉄刃(くろがねやいば)役や、『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナン役として出演しており、それがきっかけとなった。愛猫は結婚祝いにアシスタント達から贈られたロシアンブルーのカイト[注 2]。その後、2007年12月10日に離婚したことが報じられた。

2007年3月18日には、出身地である鳥取県北栄町の道の駅大栄に、青山剛昌ふるさと館が開館した。

アニメーター志望であったこともあり[4]、『剣勇伝説YAIBA』の最終回や『名探偵コナン』の劇場版では、原画絵コンテをはじめ、ゲストキャラクターのデザインや脚本の監修など(いずれも一部)、積極的に関わっている。原画は、主にクライマックスなど、キャラクターの見せ場となるシーンを担当している。

いとこにお笑いコンビ・オキシジェンの田中知史がいる[9]

略歴[編集]

エピソード[編集]

北栄町で開催される「すいか・ながいも健康マラソン」がモチーフとなっている石製モニュメント。
  • 大学在学中は『ひらけ!ポンキッキ』で番組に使用するイラストや東京ディズニーランドカリブの海賊の背景を描いていたことがある[要出典]
  • デビュー間も無い頃に『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』(TBS)に挑戦者として出演していた事がある[10]。結果は「悪魔の館」で丹古母鬼馬二扮する悪魔に捕まり、顔面に墨を塗られて失格。尚、青山と同じ放送回に参加したメンバーの中には当時毎日放送アナウンサーだった子守康範がおり、子守も「悪魔の館」で池に落ちて失格となっている。
  • レーズンが大嫌い。そのため『名探偵コナン』特別編にて主人公・江戸川コナンの嫌いな食べ物は青山と同じレーズンであるという設定の話が出されたことがある[11]カレーライス烏龍茶が大好きである。これは、『週刊少年サンデー』の巻末コメントに何度もでてきている[要出典]
  • B'zZARDの大ファンであり、1997年以降の『名探偵コナン』の主題歌を、双方の所属するビーインググループ所属のアーティストが担当していることの所以の一つである。
  • 地元に愛着があり、鳥取県で開かれるイベントのパンフレットには作画を提供していることが多い[要出典]
  • マガジンで金田一がヒットしているので、『サンデーでも推理マンガをやってくれないかと編集部に打診されて『名探偵コナン』を描き始めた。当初はあまり乗り気ではなく、ネタ的に続かないため3ヶ月程度で終わるだろうと思っていた[12]また、『名探偵コナン』を描き始めた理由は「金田一での事件の推理が良く当たっていたから」とも語っている[要出典]
  • テレビドラマ『相棒』のファン。2011年1月1日放送のSeason9元日スペシャルでは、鑑識役としてカメオ出演した。

作品一覧[編集]

少年サンデーコミックス[編集]

少年サンデーコミックス ワイド版[編集]

少年サンデーコミックス スペシャル[編集]

スーパーダイジェストブック(SDB)[編集]

  • 名探偵コナン 10+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 20+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 30+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 40+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 50+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 60+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 70+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 80+ スーパーダイジェストブック

劇場版[編集]

小説版[編集]

特別編

ビジュアルセレクション[編集]

TVアニメ版[編集]
  • TVアニメ版 名探偵コナン - 全25巻
  • TVアニメ版 名探偵コナン(PartII)- 全20巻
  • TVアニメ版 名探偵コナン(5つの重要書類)- 全5巻
劇場版[編集]

少年サンデーブックス[編集]

  • 名探偵コナンVS怪盗キッド 完全版 - 全1巻
  • コナンドリル オフィシャル・ブック - 全1巻

特別編集コミックス[編集]

  • 名探偵コナンからの挑戦状!! - 3巻
  • 名探偵コナン 対決怪盗キッド編 - 全1巻

廉価版[編集]

ムック本・イラスト集[編集]

  • 名探偵コナン ミステリーミュージアム
  • 名探偵コナン ミステリーアカデミー
  • 名探偵コナン 全映画パーフェクトガイド -青山剛昌セル画・原画コレクション-
  • 名探偵コナン カラーイラスト全集 THE COMPLETE COLOR WORKS 1994-2002
  • 名探偵コナン オフィシャルファンブック for ガールズ ラブ・コナン
  • 劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀 公式ファンブック
  • 名探偵コナン 10years シネマガイド
  • 劇場版名探偵コナン オフィシャル・ファンブック ラブ・コナン THE MOVIE

てんとう虫コミックス[編集]

小学館文庫[編集]

その他の参加作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1998年に再編で鳥取県立鳥取中央育英高等学校に。
  2. ^ 『まじっく快斗』に由来。コナンにしなかったのは、妻である高山みなみが「コナンは私!」といったためとのこと[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、7頁
  2. ^ 青山剛昌ふるさと館、AOYAMA WORLDの2013年11月時点の掲示物より。
  3. ^ 青山剛昌ふるさと館 青山剛昌さんについて プロフィール
  4. ^ a b まんカレ通信/プロが語るまんが秘伝 part094 青山剛昌先生
  5. ^ a b 週刊少年サンデー 2016年5月4日号 Vol.21 pp.426-431「サンデー非科学研究所 その4 作画メシ〜青山剛昌先生編2〜『名探偵コナン』が生み出される部屋に潜入セヨ!!」。2016年4月20日発行・発売。
  6. ^ a b c 週刊少年サンデー 2016年5月11日/18日号 Vol.22・23 pp.500-505「サンデー非科学研究所 研究その5 作画メシ〜青山剛昌先生編3〜 コナン誕生の数年前…青山先生の新人時代に迫る!!」2016年4月27日発行・発売。
  7. ^ 『名探偵コナン10+SDB』(ISBN 978-4-09-124716-2)での読者の「最終回をどのようにするのかもう決めているのか」という旨の質問に「あります」と答えている。
  8. ^ 『名探偵コナン51巻』(ISBN 978-4091273611 )より。
  9. ^ ★オキシジェン田中さんご来館★”. 青山剛昌ふるさと館 オフィシャルサイト. 2016年4月13日閲覧。
  10. ^ 『TBSもさんまも60歳 伝説のドラマ&バラエティ全部見せます!夢共演も大連発 (2015年10月12日放送回)』の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版):2015年11月22日閲覧
  11. ^ 『名探偵コナン 特別編』第2巻おまけ漫画より。
  12. ^ 『名探偵コナン&金田一少年の事件簿01』 小学館〈小学館 少年サンデー特別増刊&講談社 少年マガジン増刊〉、2008年4月10日 青山剛昌天樹征丸さとうふみやによる鼎談。

外部リンク[編集]