涙のイエスタデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
涙のイエスタデー
GARNET CROWシングル
初出アルバム『LOCKS
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル GIZA studio
プロデュース GARNET CROWKANONJI
チャート最高順位
GARNET CROW シングル 年表
風とRABOW/この手を伸ばせば
(2007年)
涙のイエスタデー
(2007年)
世界はまわると言うけれど
(2007年)
LOCKS 収録曲
最後の離島
(1)
涙のイエスタデー(album ver.)
(2)
世界はまわると言うけれど
(3)
テンプレートを表示

涙のイエスタデー」(なみだのイエスタデー)は、GARNET CROWの25枚目のシングル

解説[編集]

作詞はAZUKI七、作曲は中村由利、編曲は古井弘人

名探偵コナン』との6度目のタイアップ。同番組のタイアップは「忘れ咲き」以来3年振りであり、オープニングテーマとしては、デビューシングルの「Mysterious Eyes」以来7年振りとなった。

この曲でオリコンチャートにて3作連続トップ10入りを記録。これは、2002年の「夢みたあとで」 - 「クリスタル・ゲージ」以来である。

このシングルの「涙のイエスタデー」で、インディーズ時代を含めGARNET CROWの楽曲が通算100曲となった[2]。発売日の7月4日は、ボーカル中村由利の誕生日である。

中村は久しぶりに何度も作り直した曲と語っており、デモテープは2007年1月には出来ていたとのこと[2]。当初は表題曲のインストゥルメンタルは収録されない予定であったが、急遽収録が決定した。ジャケット写真は「イエスタデイといえばビートルズ」ということでビートルズのLP盤を意識しているらしい[2]。バンド名の表記もあえてカタカナにされている。ディスクのデザインもレコード盤を意識している[2]PVもそれに関連して1960年代のレトロ調になっているという。また、PVは全編カラーのものと、一部カットが白黒になっているものと2種類あり、アレンジも一部異なっている。

『名探偵コナン』のオープニングで使われた音源と、CDに収録されている音源ではアレンジが一部異なっている(『名探偵コナン』のオープニングの音源は、サビ始まり)。アルバム『LOCKS』にはアルバムバージョンにリアレンジされて収録されているが、アルバムには『名探偵コナン』で流れた音源に近い形で収録されている。

タイアップ先となった『名探偵コナン』の第507話「カラオケボックスの死角(前編)」では、作中で江戸川コナン毛利蘭鈴木園子が本曲をカラオケで歌うシーンがある。

収録曲[編集]

  1. 涙のイエスタデー
  2. Go For It
  3. 一番素敵だった日
  4. 涙のイエスタデー (Instrumental)

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 涙のイエスタデー”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c d Music Freak Magazine公式サイトバックナンバー、Vol.151 2007年7月号より
テレビアニメ名探偵コナンオープニングテーマ
2007年6月18日 - 2007年9月3日
前作:
三枝夕夏 IN db
雲に乗って
GARNET CROW
涙のイエスタデー
次作:
ZARD
グロリアス マインド