ゆるぎないものひとつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > ゆるぎないものひとつ
ゆるぎないものひとつ
B'zシングル
初出アルバム『MONSTER
B面 ピエロ
リリース
規格 マキシシングル
録音 日本の旗 2006年
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)[2]
  • 2006年4月度月間2位 (オリコン)
  • 2006年5月度月間13位 (オリコン)
  • 2006年度年間33位 (オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • ゆるぎないものひとつ
    • (2006年)
    MONSTER 収録曲
    SPLASH!
    (2)
    ゆるぎないものひとつ
    (3)
    恋のサマーセッション
    (4)
    ミュージック・ビデオ (Short ver.)
    「ゆるぎないものひとつ」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ゆるぎないものひとつ」は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。2006年4月12日にVERMILLION RECORDSより41作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    前作『衝動』に引き続き『名探偵コナン』のタイアップ。映画では「Everlasting」以来3回目、TVアニメ含め合計で5回目である。シングルの表題曲(1st beat)では18年目で初の映画主題歌となった。

    37thシングル『ARIGATO』以降、B'zのシングルはデジパック仕様であったが、このシングルで再びプラスチックケースに戻った。シングルとしては初めて、このCDを収納するための箱(スリーブケースとは異なる)が付いている。

    15thアルバム『MONSTER』には2曲とも収録された。シングル収録曲が全てオリジナル・アルバムに収録されたのは3rdシングル『LADY-GO-ROUND』以来16年ぶりである。

    収録曲[編集]

    1. ゆるぎないものひとつ (4:37)
      「ゆるぎないもの」とは、B'z自身のことを指している。
      B'zでは今まであまり使ったことのないコード進行アコースティック・ギターが前面に出されている。稲葉は松本の奏でるギターソロを絶賛している。なお、映画の中ではイントロが別バージョンになっている。
      ロサンゼルス郊外にあるヴァスケス・ロック郡立公園英語版で撮影されたPVは2番がカットされた、1番〜大サビまでのものしか見られない。CMで使用されたPVでは、稲葉と松本が抱き合うシーンが含まれていたが、実際のPVには未収録となっている。松本のギターソロのシーンは夜のダウンタウンのミヤコホテルの屋上で撮影された。当初は夕方に撮影予定だったらしく、移動中渋滞に巻き込まれたために夜での撮影になったというエピソードがある[3]
      ベスト・アルバムB'z The Best "ULTRA Treasure"』で25位にランクインし収録された[4]
      PVやレコーディング音源では松本がアコースティック・ギターを弾いているが、TV出演時やライブではサポートメンバー大田紳一郎が弾いている。
      ライブでは2020年に行われた無観客配信ライブ『B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』のDay4にて『B'z NETWORK LIVE in Japan』以来、約14年ぶりに演奏された[5]
    2. ピエロ (3:14)
      同じビーイング系列所属(当時)の上木彩矢が本作と同日にシングルとして発表した「ピエロ」は、一部歌詞を変更してカバーしたもの[6]

    タイアップ[編集]

    「ピエロ」については、該当する項目を参照。

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    「ピエロ」については、該当する項目を参照。

    ゆるぎないものひとつ

    ライブ映像作品[編集]

    「ピエロ」については、該当する項目を参照。

    ゆるぎないものひとつ

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ Gold Album+...認定 2006年4月度」『The Record』第559号、日本レコード協会、2006年6月、 14頁。
    2. ^ オリコン週間 シングルランキング 2006年04月10日〜2006年04月16日”. ORICON NEWS. オリコン (2006年4月24日). 2019年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月29日閲覧。
    3. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1999-2012』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ(初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
    4. ^ “B'z The Beat “ULTRA Treasure”リクエスト集計最終結果 TOP30”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年7月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000041791 2019年11月24日閲覧。 
    5. ^ B'z無観客配信ライブ「B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4」レポート”. ローソンチケット. 株式会社ローソンエンタテインメント. 2020年12月2日閲覧。
    6. ^ 新人らしからぬ度胸を見せた“ライヴ伝説”!?. (インタビュー). ジャパンミュージックネットワーク株式会社. (2006年4月11日). BARKS.. https://www.barks.jp/news/?id=1000022131 2019年11月24日閲覧。