a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > A BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
B'zVHSDVD
リリース
録音 2002年7月8日 - 9月9日
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル B-VISION
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
ゴールドディスク
B'z 年表
once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜
2000年、VHS)
2001年、DVD)
a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
2002年
Typhoon No.15 〜B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園〜
2004年
テンプレートを表示
B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
B'z の ツアー
場所 さいたまスーパーアリーナ
ナゴヤドーム
広島ビッグアーチ
札幌ドーム
静岡スタジアム エコパ
大分スポーツ公園総合競技場
沖縄コンベンションセンター
福岡ドーム
新潟スタジアム ビッグスワン
横浜国際総合競技場
大阪ドーム
関連アルバム GREEN
初日 2002年7月8日
最終日 2002年9月9日
公演数 全13公演
B'z ツアー 年表
B'z LIVE-GYM in Hong Kong 2001
2001年
B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
2002年
B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"
(2002年)

a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜』(ア・ビューティフル・リール・ビーズ・ライブジム・ツーサウザンドツー・グリーン・ゴー・ファイト・ウィン)は、日本ロックユニットB'zが、2002年11月27日にリリースした、7作目の映像作品(VHSとしては7作目、DVDとしては5作目)。

演奏[編集]

メンバー[編集]

サポート・メンバー[編集]

内容[編集]

全国70万人を動員した「LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜」から、横浜国際総合競技場の模様を中心に収録。ワールドカップ直後だったこともあり、同大会で使用されたスタジアムでの公演が多い。また、MR.BIGのベーシストビリー・シーンが参加したことも話題となった。前半から中盤にかけては、曲間でバックステージやリハなどのドキュメンタリー映像が挿入されている。

DVDのみ特典映像を収めた2枚組。未収録曲は「太陽のKomachi Angel」、ホール公演では「ながい愛」と「Calling」、「銀の翼で翔べ」も演奏されていた(ドキュメントシーンで一部収録)。

収録映像曲[編集]

DISC 1[編集]

  1. GO★FIGHT★WIN
    今回のライブツアーのサブタイトルにもなっているオープニングナンバー。
  2. STAY GREEN 〜未熟な旅はとまらない〜
    本ツアーのメインタイトルナンバー。イントロで、シェーンの腕にマーカーで書かれた、各会場ごと(横浜・名古屋・福岡・札幌・静岡・大分・新潟・浪速・広島の順序)の名前が映る。
  3. ZERO
    「SHOWCASE SAPPORO DEVIL」(Zepp Sapporo)の模様から始まり、「B'zのSHOWCASEにようこそ」と叫び、恒例の「B'zのLIVE-GYMにようこそ」はイントロ中となる。途中で大分・静岡・広島公演の映像をフィーチャー。ギターソロ以降はカットされ、リハーサル風景に切り替わる。
  4. love me, I love you
    2番以降はカットされている。
  5. Warp
    エンディングのアレンジがCD版と異なる。
  6. SURFIN' 3000GTR
    曲中盤で稲葉がサーフボードのセットに乗り、合成映像によりサーフィンをしている様子が写された。実際のライブでは本曲の前に「太陽のKomachi Angel」が演奏されていた。イントロ前ではビリーのマネージャーのインタビューが挿入されている。
  7. Blue Sunshine
    稲葉がアコースティックギターで弾き語り。静岡公演のリハーサル音源から本編の演奏に切替わる。
  8. 恋歌
    松本のソロコーナー。
  9. 恋心 (KOI-GOKORO)
    センターステージで演奏。アコースティック・バージョンで披露された。演奏前には稲葉が「LOVE横浜」と言い、MCも一部収録されている。
  10. 裸足の女神
    アコースティック・バージョンで演奏。映像は、横浜公演でのリハーサル模様がメイン。一部にネガフィルムの静止画像が差し込まれている。その後、アリーナを歩いてメインステージに移動する。
  11. DEVIL
    エンディングで増田ソロ。
  12. Everlasting
  13. FIREBALL
    シェーンソロからイントロへ。ラストで稲葉が倍音シャウトを披露。アウトロの松本のギターと同時に、人型に組まれた11体の巨大トラス『ロックマン』が稼働し、ライトアップされるとともに両手両足を大きく広げる。
  14. Liar! Liar!
    イントロで『ロックマン』のヘッドライトが左から右、右から左へと流れるように点灯するが、左から4番目のロックマンだけ点灯しないという不具合も見られる。
  15. さまよえる蒼い弾丸
  16. ギリギリchop
    ビリーソロからイントロへ。
  17. ultra soul
    恒例となっている曲のラストの3連発ジャンプは、このツアーから始まった。
  18. 熱き鼓動の果て
    ここからアンコール。バックにいるのは「マジカDEオンステージ」の特別賞に選ばれたファンである。
  19. juice
    千秋楽の9月9日大阪ドーム公演の映像とシンクロさせている。イントロと間奏では稲葉が観客とともにツアーグッズであるを吹く。間奏のコール&レスポンスの合間に松本とビリーの掛け合いがある。

エンディング曲として、退場曲として流された「New Message」(当時未発表)と「STAY GREEN〜未熟な旅はとまらない〜」のデモバージョンが使用される。

DISC 2(DVDのみ)[編集]

  1. B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"San Diego-Los Angeles-Tokyo
    B'z初のアメリカ公演のダイジェスト。リハーサルの模様も収録されている。サンディエゴ公演では未発表曲の「Logic」が少し聴くことが出来る。
    追加公演となった日比谷野外音楽堂での「銀の翼で翔べ」のライブ映像(2番まで)が収録されている。
  2. B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN"〜GO★FIGHT★WIN〜 Leftovers
    ステージ制作の様子を収めた「THE PASS」、実際のツアーで抽選により本番前のステージ上を見学できた「マジカDEオンステージ」、ライブショットを収めた「BEAUTIFUL CUTS」を収録。