B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION-
B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION-
B'zライブ・ビデオ
リリース
録音 2008年7月5日7月6日
ジャンル J-POP
ロック
レーベル B-VISION
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
ゴールドディスク
B'z 年表
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-
2012年
B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION-
(2013年)
B'z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK-
(2013年)
テンプレートを表示
B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION-
B'z の デビュー20周年コンサート・ツアー
場所 日本ガイシホールなど全36か所(SHOWCASE含む)
関連アルバム ACTION
初日 2008年1月28日
最終日 2008年8月17日
公演数 全54公演(SHOWCASE含む)
B'z ツアー 年表
B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
(2006年)
B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION- B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
(2008年)

B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION-』(ビーズ・ライブジム・ツーサウザンドエイト・アクション)は、日本音楽ユニットB'zの15作目の映像作品。DVDBlu-ray Discで発売された。

概要[編集]

B'z結成25周年を記念した、未発表ライブ映像作品3か月連続リリースの1作目。2012年11月19日に公式ファンクラブ「B'z Party」のオフィシャルサイトでリリース発表。追って11月21日に公式サイトでも発表され、公式YouTubeチャンネルで告知映像を公開した。

B'z結成20周年目となる2008年1月〜8月にかけて開催されたライブツアー「B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"」より、日本ガイシホールでの公演の模様を収録。

2007年12月に発表された16thアルバム『ACTION』の収録曲を中心にしたアルバムツアー[注 1]であると同時に、20周年であった為にファンクラブ会報にて行われた「20周年のLIVEで是非聴きたい1曲」のアンケート結果が反映されたセットリストとなっている(アンケート結果は『B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』を参照)。また、この直後に開催されたPleasureツアーとはセットリストは総入れ替えとなり、本公演と対になっている。このため、リリースして以降定番曲となった「ultra soul」が演奏されなかった唯一のLIVE-GYMとなっている(2014年現在)。

本公演では日替わり曲が多く、後述のアリーナ公演では6曲の日替わり曲が存在したが、本作品には未収録となった。ホール公演のみで演奏された曲も多数存在し、アリーナ公演とは半数近くの曲が入れ替わっている[注 2]

尚、B'zの作品においてアリーナ公演が作品対象となったのは『JUST ANOTHER LIFE』以来約21年ぶりとなる。

演奏[編集]

メンバー[編集]

サポート・メンバー[編集]

収録内容[編集]

  1. 純情ACTION
    アルバム『ACTION』同様にオープニングナンバーとなった。冒頭にあった脱獄犯と警官とのやり取り[注 4]は大幅カットされ、会場に警報が鳴り響くシーンから始まる。曲の最後にCD音源にはないパートが追加された。
  2. 黒い青春
    こちらもアルバムの流れを組むように前曲から続けて演奏。1番サビの歌詞を間違える場面もある。
  3. パーフェクトライフ
    脱獄犯と警官とのやり取りが大幅にカットされたため、稲葉のMCの一部が意味不明になってしまっている。恒例の「B'zのLIVE-GYMにようこそー!」に続く形で演奏。
  4. ONE ON ONE
  5. 一心不乱
    歌いながら稲葉がフィンガースナップを披露する。松本はサドウスキー製のストラトで演奏。
  6. OH! GIRL
    マストアルバム『B'z The "Mixture"』収録の-Mixture style-での演奏。本曲がアルバムツアーで演奏されたのはOFF THE LOCKツアー以来19年ぶり。直後の「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 "GLORY DAYS"」ツアーではセットリストが総入れ替えとなった為、Pleasure公演としては珍しく披露されなかった。この後の大阪公演より「スイマーよ!!」と日替わりで演奏されていた。
  7. New Message
    B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜"」の客出し曲に使われており(当時未発表)、そのような曲がライブで演奏されたのは初めてである。大阪公演より「さよならなんかは言わせない」と日替わりで演奏されていた。
  8. TONIGHT (Is The Night)
    「B'z LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"」以来11年ぶりに披露され、1991年に発表されて以来初のライブ映像作品収録となった。長野公演から「夢見が丘」と日替わりで演奏されていた。
  9. Wonderful Opportunity
    B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"」以来5年ぶりに演奏された。長野公演から「Easy Come, Easy Go!」と日替わりで演奏されていた。
  10. 満月よ照らせ
    曲の前にメンバー紹介。空中に浮かんだカーペットのようなLEDに月夜の映像が映し出され、増田のピアノソロと松本の長めのギターイントロに続く形で演奏された。Cメロは稲葉と大田の掛け合い。長野公演のみ「わるいゆめ」が演奏された[注 5]
  11. 永遠の翼
    松本はZEMAITIS製のギターで演奏。
  12. HOMETOWN BOYS' MARCH
    稲葉がハンディカメラでメンバーや会場の様子を撮影していく。
    DVD版ではこの曲でDisc 1が終了。
  13. 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
    「B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"」以来5年ぶりの演奏となる。
    バンドセッション及び「小さな幸せコーナー」[注 6]に続き、アコースティックバージョンでの演奏。ラストに観客との掛け合いがある。
    日本武道館公演前までは「ハピネス」が演奏されていた。
  14. GIMME YOUR LOVE 〜不屈のLOVE DRIVER〜
    前曲同様「B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"」以来の披露。アルバムタイトルにちなみ、間奏では4人のダンサーがブレイクダンスを披露する。
  15. Liar! Liar!
    「B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"」以来5年ぶりの演奏。エンディングで松本のギターソロコーナーに続く。
  16. さまよえる蒼い弾丸
    松本のギターソロからそのまま曲に突入するアレンジとなった。曲全体のアレンジは『B'z』収録の「Dangan」。
  17. FRICTION -LAP 2-
  18. SUPER LOVE SONG
    曲の終わりに「SUPER LOVE SONG」のコール&レスポンスが行われた。
  19. 光芒
    本編のラストナンバー。アルバムタイトル「ACTION」についてのMCからの演奏となった。本来のアウトロの後にCD音源にはない松本のギターソロが追加されている。
  20. BURN -フメツノフェイス-
    ここからアンコール。
    当時の最新シングル。アリーナ公演からセットリストに加わった。
    初めてライブで演奏されてから4年越しの映像化となった。
  21. ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜
    「B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"」以来8年ぶりに披露され、「B'z LIVE-GYM '96 "Spirit LOOSE"」ツアー以来12年ぶりにアンコールラストナンバーとなった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アルバム収録曲で未演奏となったのは、「僕には君がいる」「なんという幸せ」「オレとオマエの新しい季節」「BUDDY」の4曲。
  2. ^ 「トラベリンメンのテーマ」「君の中で踊りたい」「LADY-GO-ROUND」「BE THERE」「HURRY UP!」「FRIDAY MIDNIGHT BLUE」「それでも君には戻れない」「ZERO」「Out Of Control」「未成年」「MOVE」「SNOW」「Hi」「ROCK man」「FOREVER MINE」「BANZAI
  3. ^ アリーナ公演から参加。
  4. ^ 開演前から観客席でパフォーマンスを行っており、警告音と同時にこのやりとりに繋がる演出だった。
  5. ^ ホール公演では全公演で演奏されていた。
  6. ^ アリーナ公演序盤で演奏されていた「ハピネス」にちなみ、普段の日常生活で「小さな幸せ」を感じたことをメンバーが発表するトークコーナー。毎公演違う内容が語られる日替わりコーナーでもあった。

出典[編集]

  1. ^ 2013年3月度 認定作品”. 日本レコード協会. 2013年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]