SURVIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
B'z > 作品リスト > SURVIVE
SURVIVE
B'zスタジオ・アルバム
リリース
録音 1996年12月、1997年2月−8月
ジャンル ロック
ハードロック
J-POP
時間
レーベル Rooms RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間10位(オリコン)
ゴールドディスク
  • 第12回ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
  • ミリオン(日本レコード協会
  • B'z 年表
    Flash Back-B'z Early Special Titles-
    (1997年)
    SURVIVE
    (1997年)
    B'z The Best "Pleasure"
    1998年
    『SURVIVE』収録のシングル
    1. FIREBALL
      リリース: 1997年3月5日
    2. Calling
      リリース: 1997年7月9日
    3. Liar! Liar!
      リリース: 1997年10月8日
    テンプレートを表示

    SURVIVE』(サヴァイヴ)は、日本音楽ユニットB'zが、1997年11月19日Rooms RECORDSからリリースした、9作目のオリジナルアルバムである。

    概要[編集]

    前作『LOOSE』同様、通常盤のみの発売で、ブックレット(写真集)、ブックレットとCDケースを入れる紙製の箱が付属しており、ブックレットの36ページ目の写真は2バージョンある。本作はCD EXTRA仕様となっており、パソコンにCDを入れるとB'zの画像と曲の歌詞、「Liar! Liar!」のPVが見られる。しかし、パソコンによっては正しく再生されない場合がある(最悪の場合はパソコンが壊れる)。

    B'zの結成10周年を迎える直前の作品であり、これまでの集大成と位置付けされる。後に一時期アレンジ・ツアーサポートとして参加することとなる徳永暁人が初めて全面的に参加した。アルバムタイトル『SURVIVE』は某海外ミュージシャンの「(若いミュージシャンにむけて)頑張ってSURVIVEしてくれ」というインタビューを読んで、「もがいてあがいてSURVIVEする。それが美しいと思った。」という想いからつけられた。前作ではハワイでプリプロが行われたが、今回は沖縄福岡で行われた。前作『LOOSE』以降に発売されたシングルのうち、「ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜」、「MOVE」、「Real Thing Shakes」は未収録となった。

    当時、松本孝弘は本作について「『LOOSE』を超えたと思う」「現時点での僕らの最高傑作」と評しており、2002年のインタビューでも「聴き直して一番しっくりした」とコメントしている。また、2013年には稲葉浩志が「B'zのNo.1アルバムは?」との問いに本作を挙げている。

    本作は6thアルバム『RUN』以来、ライブツアーを通してアルバムの収録曲が全曲演奏された。以降は19thアルバム『EPIC DAY』まで収録曲が全曲演奏されたアルバムは存在しない(ただし5thアルバム『IN THE LIFE』も本作より後に全曲演奏となった)。

    初週でミリオン達成、累計172.3万枚。オリジナルアルバムでは4番目の売上枚数を記録している。

    2018年に結成30周年記念として『DINOSAUR』までのオリジナルアルバムと共にアナログレコード化された。

    収録曲[編集]

    1. DEEP KISS(4:14)
      本アルバムの制作過程で、12曲目に制作された。心臓の鼓動音がだんだん大きくなり、その後いきなり激しいギター音で始まる楽曲(途中で笑い声も聞こえる)。冒頭の鼓動音や救急車のサイレンの音のサンプリングも用いられ、曲の最後では特殊なフィルターを使って稲葉の声を犬の鳴き声のような音に仕上げている。松本曰く「メロディが完成した後、アレンジ(編曲)は後に楽しみにとっておいた。いざアレンジに取り掛かったら、編曲は一日で仕上がった」とのこと。
      2003年のPleasureツアーでも披露された(発売されたライブ映像作品『Typhoon No.15 〜B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園〜』には未収録)。
    2. スイマーよ!!(3:19)
      打ち込み主体の楽曲で、編曲を担当した徳永暁人のテイストが色濃く出ている。
      沖縄で制作され、元々は大人っぽい雰囲気のメロウな曲だったという。タイトルは、雑誌「鳩よ!」が元になっているらしい。
      31stシングル「ultra soul」の2nd beatには一部の歌詞を変更・追加してアレンジしたものが収録された。また今曲は、1997年の「ミュージックステーションスーパーライブ」で「Calling」と共に披露され、間奏の打ち込み音を松本のギターソロに、その後の打ち込み音はベーススラップに変更されるなど、多少アレンジが加えられたものだった。
      ベストアルバムB'z The Best "Treasure"』の収録曲を決めるファン投票(上位14曲が収録される)では15位に入った。『B'z The Best "ULTRA Treasure"』のファン投票でも15位となり初のベストアルバム収録を果たした(上位30曲が収録される)。また、2000年に発売されたライブ映像作品『once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜』の発売前に「映像化して欲しいライブ映像」のリクエストを募集したところ1位を獲得し、同作ではボーナストラックとして「B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"」で演奏された模様が収録されている。
    3. Survive(4:48)
      表題曲であるが、アルバムタイトルが全て大文字なのに対し、楽曲の方は頭文字のみ大文字となっている。7曲目に制作され、歌詞が出来たところでアルバムタイトルにしようという事になった。メンバー曰く「今の気分が反映されている」。
      「B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」で15年ぶりにライブで演奏された。
    4. Liar! Liar!(3:23)
      23rdシングル及び、本作の先行シングル。
      本作では最後(13曲目)に制作され、メンバー曰く「B'zで最も時間がかからずに完成した曲」。元々のコンセプトは今のサウンドとかつてのサウンドの融合。アルバムのために作られたが、出来が良かったためシングル曲になった。
    5. ハピネス(4:48)
      テレビ朝日系ドラマ『ガラスの仮面2』のエンディングテーマに起用。
      松本は今曲のギターソロをアコギで演奏しており、仮で録ったテイクが採用されている。
      バラードベストアルバム『The Ballads 〜Love & B'z〜』に収録された他、『B'z The Best "ULTRA Treasure"』のファン投票で30位となり収録された。
      本作発売から11年後の「B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"」で久々に演奏され、「B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」でも演奏された。
    6. FIREBALL(4:14)
      21stシングル。本作のレコーディング期間より前の1996年12月に完成していたが収録された。
    7. Do me(3:28)
      B'z LIVE-GYM Pleasure '97 "FIREBALL"」のリハーサル中にセッションして作られていった曲で、元のタイトルは「DO-ME」。同ツアーの未発表曲として披露され、要望が多かったため本作に収録された。当時披露された原曲と比べ歌詞やアレンジが大きく変更されている。「Liar! Liar!」が完成するまではシングル曲候補だった。上述の初披露となったツアーはB'zとして初のドームツアーであり、ナゴヤドーム公演はこけら落としとなった。しかしこの曲名については「ドーム(Dome)」と掛けているわけではなく、全くの偶然だという[要出典]
    8. 泣いて 泣いて 泣きやんだら(3:37)
      元々1994年頃に制作された曲で、その時から「三連ロックバラード」という構想があったものの、アレンジがなかなか決まらなかったが、稲葉から借りたフライングVの音色がきっかけで解決したという。
      バラードベストアルバム『The Ballads 〜Love & B'z〜』にも収録された。
      2007年のSHOWCASEツアーで久々に演奏され、本作発売から丁度18年後に行われた「B'z SHOWCASE 2015 -品川有頂天NIGHT-」でも演奏された。
    9. CAT(3:42)
      アルバムの制作過程で、「Calling」に次いで2曲目に制作された楽曲。女性をネコにたとえて歌っている。キーが高く、稲葉浩志もライブで歌う際苦労したという。
      PVも存在しており、サングラスにスーツという出で立ちで夜の街を歩きながら歌う稲葉の映像で構成されている。
    10. だったらあげちゃえよ(3:51)
      沖縄で制作された。ブラスピアノをふんだんに取り入れられ、ファンク色が強い。
      CMではメンバーやスタッフ達が勢ぞろいして、今曲を歌っている映像が流れた。
    11. Shower(4:37)
      こちらも沖縄で制作された楽曲であり、歌詞も沖縄で泊まっていたホテルから見えた風景が元になっている。サビ前のファルセットのコーラスも沖縄のホテルですでに稲葉が歌っていたもの。
      フェンダーローズ打楽器が使用されている。
      1997年6月21日に死去した俳優の勝新太郎を偲んだ歌と言われている。
      ライブでは新潟と沖縄でのみ披露された。
    12. Calling(5:56)
      22ndシングル。
      「Liar! Liar!」とは逆に、最も完成に時間がかかった曲らしく、メンバー曰く「アルバムのレコーディングはこの曲で始まり、この曲で終わった」。
    13. スイマーよ!! (LIVE ver.)
    14. Calling (LIVE ver.)
      この曲と前曲は台湾盤、香港盤にのみ収録されているボーナストラックで、音源は過去の映像作品のもの。

    参加ミュージシャン[編集]

    ライブ映像作品[編集]

    シングル曲については各作品の項目を参照

    DEEP KISS

    スイマーよ!!

    Survive

    ハピネス

    泣いて 泣いて 泣きやんだら

    だったらあげちゃえよ

    外部リンク[編集]