BURN -フメツノフェイス-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > BURN -フメツノフェイス-
BURN -フメツノフェイス-
B'zシングル
初出アルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"
B面 yokohama
希望の歌
リリース
規格 マキシシングル
録音 2007年12月-2008年1月
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲 稲葉浩志(作詞)
松本孝弘(作曲)
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2008年度年間32位(オリコン)
  • 2008年度年間31位(Billboard JAPAN
  • B'z シングル 年表
    SUPER LOVE SONG
    (2007年)
    BURN
    -フメツノフェイス-

    (2008年)
    イチブトゼンブ/DIVE
    2009年
    B'z The Best "ULTRA Treasure" 収録曲
    ピエロ
    (12)
    BURN
    -フメツノフェイス-

    (13)
    Home
    (14)
    ミュージック・ビデオ(Short ver.)
    「BURN -フメツノフェイス-」 - YouTube
    テンプレートを表示

    BURN -フメツノフェイス-」(バーン フメツノフェイス)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。2008年4月16日VERMILLION RECORDSより45作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    1997年に発売された「FIREBALL」以来、11年ぶりとなる化粧品CMタイアップとしての書き下ろし楽曲。

    2008年はデビュー20周年のメモリアルイヤーだったが、ベスト・アルバム2作のリリースや長期にわたるライブツアーが行われた影響から、この年にリリースされたシングルは本作のみとなっている。

    リリース時期がライブと重なったこともあって、発売日前後のプロモーション活動は一切行われず、テレビでの披露も行われていない。

    参加ミュージシャン[編集]

    収録曲[編集]

    1. BURN -フメツノフェイス- (3:52)
      化粧品CMタイアップとして書き下ろされた楽曲。タイトルの「BURN」については『燃える』という意味ではなく、『焼き付ける』という意味で使用している。
      楽曲は、非常に短期間のスケジュールの中で制作された。アルバム『ACTION』の制作が2007年後半に終わり、その後アルバムのプロモーション活動を開始する前に楽曲制作のオファーが来て、さらに「2007年の年内に仕上げてほしい」という話であった。当時メンバーは地方でのプロモーションがあり、東京に帰ってきてすぐに制作を始めようとしたところ、稲葉がインフルエンザにかかってしまう。スケジュール的に1日も休めなかったため稲葉抜きで制作を始めることになり、稲葉も1日休んだだけで制作に戻ることとなった[1]
      制作時には、タイアップ先からCMの映像が提供されており、その映像をもとにインスピレーションを受けて制作がすすめられた。タイトルにもある「フメツノフェイス」というフレーズは、タイアップ商品『エスプリーク・プレシャス』の商品キャッチフレーズ「不滅のフェイス」から付けられている。タイアップ先からは「自由に作っていい」と前置きしてもらったものの、「何かしら言葉を入れてくれると・・・」という意見ももらっていた。稲葉は「不滅」という言葉を使おうと決め、「不滅」をテーマとして掘り下げて作詞を進めていった。その後メンバーは「フメツノフェイス」まで使うか「フメツノ」までにするか悩んだところ、面白がって「フメツノフェイス」とすべてのフレーズを引用することに決まったという[1]
      MVは前作の「SUPER LOVE SONG」以上にCGが多く使われ、その時のサポートメンバーはレコーディング時のメンバーと同じくドラムシェーン・ガラースベースバリー・スパークスが務めている。なお、バリーは2003年の一部ツアーでサポートメンバーを務めていたがレコーディング及びMVに参加するのは本楽曲が初となる。リリース当時は、「B'z Party」公式サイトにてMVのフルバージョンが公開されており、これは「愛のバクダン」以来2回目となる。しかし公式サイトのリニューアルにより公開は中止され、2013年以降は1番のみのショートバージョンが公開されている。
      ベスト・アルバムB'z The Best "ULTRA Treasure"』でファン投票5位にランクインし[2]アルバム初収録となったが、シングルとしては2004年発売の「ARIGATO」以来となるオリジナル・アルバム未収録曲である。
    2. yokohama (4:02)
      15thアルバム『MONSTER』の頃のアウトテイクで、発売前にFm yokohama84.7で先行披露された。
      歌詞について稲葉は、楽曲から「港街」がインスピレーションとして浮かび、稲葉が大学時代に生活していた横浜を舞台にしたとのこと。横浜時代の稲葉の友人が、高台の灯台(おそらく横浜マリンタワーだったのではと稲葉は回想している)がよく見える家に住んでおり、稲葉はその光景を思い浮かべて歌詞のストーリーを制作した[1]。横浜は固有名詞であるため本来はYokohamaであるべきだが、本曲は意図的に小文字となっている。
    3. 希望の歌 (2:50)
      シングル収録曲では初めて演奏時間が3分を切り、最も短い曲となっている。
      この曲も『MONSTER』の頃のアウトテイクで、『B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"』のホール公演のライブ終了後の客出し曲に使用された。この曲も実際のライブでは未演奏。
      いじめについて歌われている曲。歌詞について稲葉は、「いかんともし難い状況があって、それを誰か他の人が知ることによってその解決の糸口が見つかるという事をテーマに書いた」と振り返っている[1]

    タイアップ[編集]

    収録アルバム[編集]

    BURN -フメツノフェイス-

    ライブ映像作品[編集]

    BURN -フメツノフェイス-

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    出典[編集]

    1. ^ a b c d 『be with!』第77巻、B'z Party、2008年3月。
    2. ^ “B'z The Beat “ULTRA Treasure”リクエスト集計最終結果 TOP30”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年7月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000041791 2019年11月17日閲覧。