黒瀬蛙一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒瀬蛙一
生誕 (1969-01-03) 1969年1月3日(48歳)
出身地 東京都
ジャンル J-POPロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム
活動期間 1993年 -
事務所 ZAIN ARTISTS
YMO

黒瀬 蛙一(くろせ かいち、1969年1月3日 - )は、東京都出身のドラマー

概要[編集]

TWINZERのレコーディングに参加する傍ら、1996年に、B'zのギタリスト・松本孝弘のソロアルバム『Rock'n Roll Standard Club』のレコーディングとライブツアーに参加。その後、「B'z LIVE-GYM '98 SURVIVE」「B'z LIVE-GYM '99 Brotherhood」「B'z LIVE-GYM Pleasure 2000“juice”」「B'z LIVE-GYM 2001 ELEVEN」に帯同。1993年には、ZARDが『負けないで』でテレビ朝日ミュージックステーション』の生放送に出演した際に脱退した元メンバー・道倉康介の代理として同行していた。その演奏中に誤ってシンバルをドラム台から落としてしまい、落ち込んでいたところ番組終了後にボーカル坂井泉水が微笑みかけてくれた、というエピソードが坂井の死後に『Music Freak』誌2007年11月号で黒瀬のコメントにより明かされた。

その後、『Brotherhood』、『B'z LIVE-GYM '99 Brotherhood』、『B'z The "Mixture"』、『ELEVEN』のレコーディングや「B'z LIVE-GYM Pleasure2000“juice”」、「B'z LIVE-GYM 2001 ELEVEN」のサポメンを務めた。4年間B'zと活動を共にした。

音楽に目覚めたきっかけは、YMO

2001年、松尾成大、満園庄太郎と共にTHE SUN HEADSを結成。

2002年、松尾成大の脱退により、後任に及崎森平を迎え、flowerを結成。ミニ・アルバム1枚を発売後、バンド名を「flow-war」と改称し、シングル3枚とアルバム1枚をリリースするが、2004年に活動休止。

2007年、ZARDの追悼コンサート『What a beautiful memory』及びNHK第58回NHK紅白歌合戦』でのZARDフィルムコンサートの演奏に参加。

レコーディング参加作品[編集]

1996年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

  • B'zのシングル『ギリギリchop』に参加。全曲のドラムスを担当。
  • B'zのアルバム『Brotherhood』に参加。「ギリギリchop (Version 51)」を除く全曲のドラムスを担当。

2000年[編集]

  • B'zのアルバム『B'z The "Mixture"』に参加。「だからその手を離して -Mixture style-」「OH! GIRL -Mixture style-」「孤独のRunaway -Mixture style-」のドラムスを担当。
  • B'zのシングル『May』に参加。「You pray, I stay」のドラムスを担当。
  • B'zのアルバム『RING』に参加。「guilty」のドラムスを担当。
  • B'zのアルバム『ELEVEN』に参加。「信じるくらいいいだろう」「煌めく人」「TOKYO DEVIL」「コブシヲニギレ」「扉」のドラムスを担当。

2001年[編集]

  • B'zのシングル『GOLD』に参加。「まっかなシルク」のドラムスを担当。

2004年[編集]

  • BON-BON BLANCOのミニアルバム『Winter Greetings』に参加。「So Many X'mas」のドラムスを担当。

2005年[編集]

  • 真中潤のミニアルバム『Sky High』に参加。全曲のドラムスを担当。

2006年[編集]

  • 真中潤のアルバム『UNITY』に参加。「Perfect」「Get The Party」「UNITY」「Voltage」「Last Song」「Message」「Friends」「Thank U」のドラムスを担当。
BREAKERZ』『CRASH & BUILD』『アオノミライ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
デニー・フォンハイザー
B'zLIVE-GYMドラマー
第4代
次代:
シェーン・ガラース