愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
愛のままにわがままに
僕は君だけを傷つけない
B'zシングル
初出アルバム『B'z The Best "Pleasure"
B面 JOY
リリース
規格 8cmシングル
マキシシングル(再発)
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル BMGルームス
作詞・作曲 稲葉浩志(全作詞)
松本孝弘(全作曲)
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(4週連続、オリコン
  • 週間5位(再発盤、オリコン)
  • 1993年3月度月間5位(オリコン)
  • 1993年4月度月間1位(オリコン)
  • 1993年5月度月間6位(オリコン)
  • 1993年度年間2位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング21位[1]
B'z シングル 年表
ZERO
1992年
愛のままに
わがままに
僕は君だけを傷つけない

(1993年)
裸足の女神
(1993年)
B'z The Best "Pleasure" 収録曲
裸足の女神
(6)
愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
(7)
LADY NAVIGATION
(8)
ライブ映像(Short ver.)
「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない (Live ver./B'z LIVE-GYM '93 "RUN")」 - YouTube
テンプレートを表示

愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」(あいのままにわがままに ぼくはきみだけをきずつけない)は、日本音楽ユニットB'zの12作目のシングル

概要[編集]

B'zのシングル初めての横向きデザインのジャケット。『B'z LIVE-GYM '93 RUN』ツアー中に発売された。

B'zの最大のヒットシングルであり、オリコン週間シングルチャートで4週連続1位を獲得し、1993年度オリコン年間チャートもシングルでは自身最高となる2位を記録。また、発売から10年後の2003年に再発盤との合算で累計売上202.1万枚となり、シングルでは唯一200万枚を突破した[2]

当時はビーイング系列の売上を伸ばしたビーイングブームだったこともあり、1993年度オリコン年間1位を獲得した「YAH YAH YAH/夢の番人」(CHAGE and ASKA)の勢いを2週間で止め、1993年3月29日付のオリコンチャートでは本作が1位となった。本作を皮切りにビーイング系列のシングルは同年7月26日付のオリコンチャートまで18週連続で1位を独占した。

2003年3月26日に34thシングル「IT'S SHOWTIME!!」と他のB'zの過去のシングル10作(4thシングル「BE THERE」- 13thシングル「裸足の女神」)と共に再発売(リマスタリング、12cm化)され、2003年4月7日付けオリコン週間シングルチャートでは再発売シングル10作が上位を占め(本作は5位)、トップ10中9タイトルを独占した[3]

参加ミュージシャン[編集]

収録曲[編集]

  1. 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
    稲葉によると「究極のわがままな歌」とのことで、当初の表記は「愛のままにわがままに」だけだった。だが、周りの「もっとインパクトが欲しい」とのリクエストでこのようになった。稲葉は会報で「いつかこれくらい長い曲名の曲を作りたい」と語っているが、現在まで実現していない。
    前作「ZERO」とは異なり再びポップ路線となっており、タイアップとなった1993年版『西遊記』を意識したため、イントロ部分がオリエンタルな雰囲気に仕上がっている。
    上記の通り自身最大のヒットシングルであるがライブではめったに演奏されず、1994年から2003年までの9年間は一切演奏されなかった[4]。理由としてメンバーは過去のインタビューで「ライブ映えしない」「(当時のライブで)思ったほど客のリアクションがなかった」などとコメントしていており、[5]「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」ツアーのパンフレット内でのインタビューでも、稲葉は「(ライブでは)ノリにくい曲」と評した。
    TV番組での演奏は、1993年3月19日に「ミュージックステーション」で一度演奏されていた。それから10年後にあたる2003年に「ミュージックステーションスペシャル」(2003年3月28日)・「CDTV 10周年史上最高プレミアライブ!」(2003年4月2日)で「IT'S SHOWTIME!!」と共に演奏された。[6]その際、CD音源とは異なるロック色のあるアレンジがなされていた。[7]
    オリジナルアルバムには収録されておらず、ベストアルバムB'z The Best "Pleasure"』『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』『B'z The Best XXV 1988-1998』に収録された。また、松本のソロアルバム『House Of Strings』にはインストゥルメンタルバージョンが収録されている。
  2. JOY
    1曲目同様オリエンタルな要素をとり入れた曲で、松本は当時「サウンド的にも実験的なことをやっている作品」と述べている。
    オリジナルアルバムには未収録だが、マストアルバム(裏ベストアルバム)『B'z The "Mixture"』に「JOY -Mixture mix-」が収録されている。
    ライブ未演奏曲である。

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

JOY

ライブ映像作品[編集]

愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

脚注[編集]

  1. ^ 再発盤の売上を含んで集計。
  2. ^ ダブルミリオン到達最長週数記録となる。
  3. ^ ただし、2位に「世界に一つだけの花」(SMAP)がランクインしたためTOP10独占までには至らなかった。
  4. ^ これまでにLIVE-GYMで演奏されたのは以下の通り。
    B'z LIVE-GYM '93 "RUN"(※後半から)
    B'z LIVE-GYM '94 "The 9th Blues"-Part1-(※前半のみ)
    B'z LIVE-GYM 2003 The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" (※渚園公演2日目除く)
    B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION" (※アコースティックアレンジ、アリーナ公演中盤から)
    B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic"
  5. ^ 音楽評論家の佐伯明は「B'zの大ブレイク以降、J-POPでは『愛のままに~』のような曲が常套手段として模倣されるようになり、逆に本人達が食傷気味になってしまった」と分析している。(『What's in!?』1998年5月号より)
  6. ^ 「ミュージックステーションスペシャル」では後に、「CDTV 10周年史上最高プレミアライブ!」では先に「IT'S SHOWTIME!!」を演奏していた。
  7. ^ 現在そのアレンジは未音盤化。

関連項目[編集]