涙のキッス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
涙のキッス
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『世に万葉の花が咲くなり
B面 ホリデイ 〜スリラー『魔の休日』より
リリース
規格 8cmCD
カセットテープ
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐
プロデュース 小林武史
サザンオールスターズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(7週連続、オリコン[2]
  • 1992年8月度月間1位(オリコン)
  • 1992年9月度月間2位(オリコン)
  • 1992年10月度月間10位(オリコン)
  • 1992年度年間5位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング81位
  • 週間96位(Billboard Japan Hot 100[3]
サザンオールスターズ シングル 年表
ネオ・ブラボー!!
1991年
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA

涙のキッス
(1992年)
エロティカ・セブン EROTICA SEVEN

素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
1993年
世に万葉の花が咲くなり 収録曲
DING DONG (僕だけのアイドル)
(10)
涙のキッス
(11)
ブリブリボーダーライン
(12)
テンプレートを表示

涙のキッス」(なみだのキッス)は、サザンオールスターズの楽曲。自身の31作目のシングルとして、タイシタレーベルから8cmCD1992年7月18日に発売された。

1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[4][5]

背景・制作[編集]

30枚目のシングル「シュラバ★ラ★バンバ」との同時発売。

本作発売後にすぐ発売されたアルバム『世に万葉の花が咲くなり』の先行シングルであった。本作の収録曲はアルバムに収録された。

本作もベース関口和之が休養中のため、記名はされているがレコーディングには不参加である。そのため「涙のキッス」では美久月千晴がサポートメンバーとして参加している。

アートワーク[編集]

オリジナルとなる8cmCD盤のジャケットは「ネオ・ブラボー!!」「シュラバ★ラ★バンバ」同様横にした形がジャケットになる形であり、前作同様浮き出し文字になっている(シングル・カセットのみ黄色いフォントで記載)。本作では同様のレイアウトで背景がバラを敷き詰めた写真になっている。

受賞歴[編集]

チャート成績[編集]

ビクターエンタテインメントによる初回出荷枚数は53万枚であり、発売当初からミリオンセラー確実という数字であった[7]。最終的な累計出荷枚数は170万枚を記録している[8]

オリコンによる累計売上枚数は154.9万枚を記録しており、自身のシングルで初めてミリオンセラーを達成した[9]。また、自身のシングル自己最高記録となる7週連続1位を記録し、この時同発の「シュラバ★ラ★バンバ」は週間2位となり、オリコンチャートで2週連続1・2フィニッシュを達成した[2]

オリコンのシングルTOP10獲得週間数では、本作は12週であり、自身の中では「いとしのエリー」「TSUNAMI」「勝手にシンドバッド」に次いで4番目に高く、「真夏の果実」と同記録となる[10]

収録曲[編集]

  • 収録時間:8:43
  1. 涙のキッス (4:43)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    TBS金曜ドラマずっとあなたが好きだった』主題歌。また、auLISTEN MOBILE SERVICE』キャンペーンソング[注 2]
    自身としては、初のドラマ主題歌を書き下ろした楽曲である[7]。きっかけは桑田が30歳の男女の恋愛に興味を持ち、タイアップドラマの企画書に目を通した。プロデューサーらと意見交換をした上で、楽曲制作をしている[7]。タイアップドラマのプロデューサーを務めた貴島誠一郎は桑田に「“平成版いとしのエリー”として、後々まで歌い継がれるような曲」を求めたとしている[7]
    草彅剛は自分の好きな楽曲として、この曲を挙げている。また、2016年に草彅が所属していたSMAP解散騒動(後に解散)があり、その後に自身の番組『SMAP×SMAP』にて生出演した後、メンバー5人でこの曲を披露したものを収録して同番組で放送された[11]
  2. ホリデイ 〜スリラー「魔の休日」より (4:00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    歌詞は殺人ミステリー調であり、「事件(ヤマ)」「犯人(ホシ)」などの警察隠語が出て来る。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

カバー[編集]

涙のキッス

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数120万枚以上の作品に適用。
  2. ^ 2008年に使用

出典[編集]

  1. ^ The Record vol.443 p4 日本レコード協会 2020年10月1日閲覧
  2. ^ a b サザンオールスターズ バイオグラフィー 1992年 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2018年10月10日閲覧
  3. ^ Billboard Japan Hot 100 2013.7.8付 Billboard Japan 2020年12月19日閲覧
  4. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  5. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  6. ^ 第7回日本ゴールドディスク大賞 日本ゴールドディスク大賞 2017年3月5日閲覧
  7. ^ a b c d 【1992年7月】涙のキッス/実は初めて 桑田佳祐 あのドラマの結末知って書いた! スポニチアネックス 2011年7月18日配信,2019年3月7日閲覧
  8. ^ 「新曲『TSUNAMI』発売1週間で65万枚 サザン22年目の自己新!!」『スポーツニッポン』2000年2月4日付、25面。
  9. ^ サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録 オリコン 2021年1月6日閲覧
  10. ^ サザン、百恵超え! シングルのTOP10獲得週数記録を更新! オリコンスタイル 2021年1月6日閲覧
  11. ^ メンバー5人、生出演後初の「スマスマ」収録 穏やかなムードで「涙のキッス」披露 産経ニュース 2016年1月22日配信。2016年1月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]