いつまでも変わらぬ愛を

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いつまでも変わらぬ愛を
織田哲郎シングル
初出アルバム『ENDLESS DREAM
A面 いつまでも変わらぬ愛を
B面 Why Did You Go Away
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
レーベル BMGビクター
BMGルームス(再発現行盤)
作詞・作曲 織田哲郎(作詞 #1・作曲)
亜蘭知子(作詞 #2)
プロデュース 織田哲郎
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1992年5月度月間2位(オリコン)
  • 1992年度年間15位(オリコン)
織田哲郎 シングル 年表
BOMBER GIRL
(1992年)
いつまでも変わらぬ愛を
(1992年)
君の瞳にRainbow
(1992年)
テンプレートを表示

いつまでも変わらぬ愛を」(いつまでもかわらぬあいを)は、織田哲郎の通算12枚目のシングル。1992年3月25日BMGビクターから発売された。

解説[編集]

大塚製薬ポカリスエットCMソング。レコード会社移籍後、1年3ヶ月振りのシングル。織田の唯一のオリコン1位作品。初登場15位から緩やかな上昇だった。カップリングは織田の所属ユニット、「渚のオールスターズ」のセルフカバー曲で、ベストアルバム『BEST OF BEST 1000』収録[原曲はTUBE前田亘輝がボーカルを担当した]。本作は引きこもりになり服用していた薬の副作用による心臓発作で29歳で亡くなった兄へ綴った歌であると同時に「兄にも当時の10代・20代の自身の閉ざされた心にも音楽は届いていたので自身が救われたように音楽を作ることで他で救われてくれる人がいるかも知れない。もう一度音楽を誰かに届けようという決意も込められた歌」であると語っている[1]。詳細は織田哲郎のリンク先参照。近年は「聴いた人の捉え方次第。ラブソングとして捉える人はそれでいいしメッセージソングとして捉える人はそれでいい」と織田がインタビューで答えている。本作は当初BMGビクターから発売されたが現行盤はBMGルームス設立時に発売権が移管された上で再発売された[2]

収録曲[編集]

全作曲・編曲:織田哲郎

  1. いつまでも変わらぬ愛を
    作詞:織田哲郎
  2. Why Did You Go Away
    作詞:亜蘭知子

参加アーティスト[編集]

カバー[編集]

いつまでも変わらぬ愛を

脚注[編集]

  1. ^ https://www.youtube.com/watch?v=jui00C0p7A0
  2. ^ 本作の原盤権はビーイングが保有しているため、B'zB.B.クィーンズMi-Ke同様ビーイングが原盤権を持つ作品のみBMGルームスから再発売されている。
  3. ^ 全ナンバー織田哲郎作曲!相川七瀬カバー集、つるの剛士や大黒摩季ら参加”. 音楽ナタリー (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。

関連項目[編集]