FENCE OF DEFENSE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FENCE OF DEFENSE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
パワーポップ
オルタナティブロック
ポップ・ロック
プログレッシブ・ロック
活動期間 1985年-
レーベル EPIC・ソニー
(1987年-1995年)
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
1996年
ポリドール/Primitive Records
1996年-1997年
イーストウエスト・ジャパン
1997年-1999年
REBARS RECORDS
2003年-2006年
SONY MUSIC DIRECT
2007年-2009年
DATE COURSE RECORDS
2009年-2012年
キングレコード
2014年-)
公式サイト FOD.NET
メンバー 北島健二ギターボーカル
西村麻聡 (ボーカル・ベースシンセサイザー
山田わたるドラム・ボーカル)

FENCE OF DEFENSE(フェンス・オブ・ディフェンス)は、北島健二西村麻聡山田わたるによるロックバンド。

来歴[編集]

音楽事務所ビーイングに所属し、スタジオミュージシャンであったベーシスト西村麻聡ギタリスト北島健二ドラムス山田わたるの3人により1985年6月に結成。以後、曲作り、リハーサルを重ね、1987年6月21日EPICソニーからアルバム『FENCE OF DEFENSE』、シングル『フェイシア』でデビュー。ライブは常に即ソールドアウトになり、1989年には日本武道館公演も成功。テレビアニメの主題歌に起用された楽曲「SARA」、「時の河」、「DON'T LOOK BACK」がスマッシュヒット。1996年マーキュリー・ミュージックエンタテインメントポリドールPrimitive Records1998年にはイーストウエスト・ジャパンへの移籍を経て、1999年に一旦活動休止。その後、個々のソロ活動、別ユニットでの活動、所属事務所からの独立を経て、2003年4年ぶりに活動を再開、オリジナルアルバムをリリース。個々のソロ活動の傍ら、ライブ、楽曲制作、イベント等に精力的に活動中。2012年にはデビュー25周年を迎える。

現在、バンドのマネジメントは山田わたるが役員を務めるチーム・アクティブ(当時の芸能事務所ハートランドのローディー部門が独立した会社[1])が担当している(西村、北島は別の所属事務所に在籍)。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

EPIC・ソニー[編集]

ポリドール/Primitive Records[編集]

  • XXX(1997年6月25日)

イーストウエスト・ジャパン[編集]

REBARS RECORDS(インディーズレーベル)[編集]

SONY MUSIC DIRECT[編集]

DATE COURSE RECORDS(インディーズレーベル)[編集]

  • FENCE OF DEFENSE LIVE Restructive Future:2235 Part1(2010年12月15日)(配信専用)
  • FENCE OF DEFENSE LIVE Restructive Future:2235 Part2(2010年12月15日)(配信専用)
  • GOLDIVIN(CD+DVD)(2012年6月29日一般発売)

キングレコード[編集]

DUSTRAX RECORDS(インディーズレーベル)[編集]

ポニーキャニオン[編集]

シングル[編集]

EPIC・ソニー[編集]

  • フェイシア (c/w EMOTIONAL WAY)(1987年6月21日)
  • ナイトレス・ガール (c/w PLASTIC AGE)(1987年9月26日)(後に近藤真彦、SMAPがカバー)
  • FREAKS (c/w STRANGER OVER SPLENDOR)(1987年12月2日)
  • MIDNIGHT FLOWER (c/w HARD LIPS)(1988年2月26日)
  • SARA (c/w BACK TO THE EDGE)(1988年9月21日)(読売テレビ系アニメ『シティーハンター2』OP曲2)
  • CHAIN REACTION (c/w LOVE CLASH)(1989年9月21日)
  • MAGRITTE DANCE (c/w STAY OR GO)(1989年12月21日)
  • サウザンド・タイムス (c/w BEGINNINGS)(1990年3月21日)
  • いつだって君のしてる事は… (c/w ブーメランの帰る日)(1990年6月21日)
  • TIME (c/w RUNAWAY FROM PARADISE)(1990年9月21日)
  • 時の河 (c/w Lies and Reason)(1991年9月21日 )(テレビ東京系アニメ『横山光輝 三国志』第1期OP曲)
  • DON'T LOOK BACK/STANDING ALONE(1992年4月22日)(テレビ東京系アニメ『横山光輝 三国志』第2期OP曲/同アニメ第2期ED曲)
  • Forever In Love (c/w MAKE IT GORGEOUS(アルバム未収録))(1993年2月21日)(円谷映像映画『セイレーン』主題歌⇒後に映画製作中止となる)
  • もう一度EMOTION (c/w GET OVER)(1993年5月1日)
  • 風のゆくえ (c/w POWER OF KISS)(1994年5月1日)

マーキュリー・ミュージックエンタテイメント[編集]

ポリドール/Primitive Records[編集]

ワーナー・インディーズ・ネットワーク[編集]

  • Fresh Killed Love Remix!(1998年11月10日)

REBARS RECORDS(インディーズレーベル)[編集]

  • 薔薇のダイヤを胸に (c/w PERFECT WORLD)(2003年9月20日)
  • DESPERATION (c/w VANISHIN'ROAD、HARD LIPS)(2004年6月28日)
  • mesto (c/w TRIANGLE、9.9.9.)(2004年12月12日)

DATE COURSE RECORDS(インディーズレーベル)[編集]

  • FENCE OF DEFENSE LIVE 7670 Part.1(2009年8月26日)(配信専用)
  • FENCE OF DEFENSE LIVE 7670 Part.2(2009年9月9日)(配信専用)
  • FENCE OF DEFENSE LIVE 7670 Part.3(2009年9月23日)(配信専用)
  • 挑戦進化-HYPER PROGRESS LIVE NAKED(2010年6月9日)(配信専用)

ビデオ[編集]

EPIC・ソニー[編集]

  • 2235 ZERO GENERATION(1988年12月21日)
  • DATA NO.6(1989年3月15日)
  • LIVE at 日本武道館 〜2235 ZERO GENERATION 完結編〜(1989年5月21日)
  • live digitaglam(1991年12月12日)
  • video digitaglam(1992年6月1日)
  • CLIPS(1995年4月21日)

DVD[編集]

EPIC・ソニー[編集]

  • live digitaglam(2004年12月22日)
  • CLIPS(2005年3月9日) - 「DATA NO.6」「video digitaglam」「CLIPS」の3作品を収録。

DATE COURSE RECORDS(インディーズレーベル)[編集]

  • FENCE OF DEFENSE LIVE 7670(DVD3枚組)(2007年12月22日)
  • 挑戦進化-HYPER PROGRESS LIVE NAKED(2009年12月9日)- 2008年6月15日赤坂BLITZライヴ映像と、メンバーによる副音声を収録。フルカラー64Pの豪華ブックレット付スペシャルパッケージ。
  • 2235 Zero Generation–UpDate(2010年8月10日)- 2009年11月25日に川崎CLUB CITTA'にて行われたライブ映像を収録。FODの映像作品としては初の5.1chサラウンド仕様。

SONY MUSIC DIRECT[編集]

  • 2235 ZERO GENERATION [完結編](2009年11月20日)(通販専用商品)- オリジナル映像の他、特典映像とメンバーによる副音声を新たに収録。

エピソード[編集]

  • 1985年当時、西村がプロデューサーとして手がけていた曲の多くが、打ち込み基調にしていた為、西村が持って来る自作のデモテープの曲がテクノばかりとなり、北島は自分の居場所が無いと悩んでいた。そこで西村がヘヴィメタルナンバーを持ってくると、今度は山田の機嫌が悪くなり、なかなかリハ・楽曲制作が進まず、デビューまで苦悩したという。ちなみにこの時のメタルナンバーは浜田麻里の「Hot Lady」となる。
  • デビューライブの日、西村は40度の高熱でライブをこなした。しかし、理由は明らかではないが、北島、山田から西村と連絡がとれない状態がライブ本番まで続いていたために業を煮やしていた二人は一切同情の言葉は掛けず、突き放す言葉ばかり掛けていた。ライブは大成功だったという。
  • 1989年3月の武道館ライブで、ヘアメイクが持ってきた山田の前髪を立てる為のコテを西村の髪に試したところ、スパイラルパーマ状態になり、本番5分前であったので、元通りにする時間が無くそのまま本番をこなした。そのライブがビデオでリリースされ、そのビデオを見た西村の母親から「何か変な方向に向かっているんじゃないか……」と電話があったらしい。
  • オールナイトフジにゲスト出演した際、北島の衣装にクリーニングのタグが付いたままになっていた。演奏終了後のインタビューで、司会の相楽晴子が「(うけようと思って)わざとやったんですよね?」と、フォローしようとしたが、北島は「知らなかった」と、苦笑いしながら答えた。

関連人物・グループ[編集]

TM NETWORK
3人ともサポートメンバーとして(メンバー全員または、別個に)、TM NETWORKや宇都宮隆・木根尚登のライブに参加したことがある。またライブの前座としても出演していた。 TMのライブビデオ『FANKS "FANTASY" DYNA-MIX』では、若き日の西村、山田の姿を見る事ができる。宇都宮隆はアーティストブック『Butterfly』の中で、「好きなアーティスト(邦楽)」の欄にFENCE OF DEFENSEの名を記している。
B'z
TM NETWORKのサポート時代の仲間で三人共通の友人である松本孝弘が結成したロックグループ。
松本がTM NETWORKのサポートメンバーをやることになったのは、当初メンバー3人でサポートを行う予定だったが、ギターの北島がスケジュールが合わず、北島が自分の代わりに松本を推薦したことがきっかけだという。TM NETWORKのライブイベントで競演したり、北島、西村が松本のソロアルバムのレコーディングに参加したりと交流がある。

外部リンク[編集]