この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

木根尚登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木根 尚登きね なおと
Naoto Kine
出生名 木根 尚登
別名 木根様 木根っチ
生誕 1957年9月26日(58歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都立川市
学歴 日本大学明誠高等学校
ジャンル J-POP
ロック
フォークソング
ポップス
テクノ・ポップ
職業 音楽プロデューサー
小説家
担当楽器 ギター
ピアノ
キーボード
活動期間 1979年 -
レーベル R and C
共同作業者 小室哲哉
公式サイト 木根 尚登オフィシャルサイト ROOTS OF THE TREE

木根 尚登(きね なおと、1957年9月26日 - )は、音楽家小説家音楽プロデューサー。本名同じ。身長174cm、体重60kg、血液型B型東京都立川市出身。山梨県上野原市日本大学明誠高等学校卒業。

人物

3人兄弟の次男で、兄と弟が一人ずつ居る。実家は自身の生地を拠点に水道工事店を経営しており、水道工事店は木根の兄が継いでいる[1]

1979年SPEEDWAYピアニストキーボーディストとしてシングル『夢まで翔んで』でデビュー。その後、1983年に小室哲哉宇都宮隆TM NETWORKを結成し、ギタリストに転向する。また、ソロのシンガーソングライターとしても活動している。親友の宇都宮とは小学校-高校の同級生で、50年に亘る付き合い。

音楽の原点は吉田拓郎かぐや姫などのフォークソングで、歌手デビュー以前からアコースティックギター及びピアノを演奏しており、SPEEDWAY時代はキーボードおよびピアノを担当。エレクトリックギターはTM結成から数年後に始めている。

10代の時からフォークソングに傾倒しておりアコースティックギターを弾いていたこともあって小室に薦められギターメインとなり、それゆえギターの演奏はアコースティックギターがメインである。エレクトリックギターの演奏はカッティングが主体で、レコーディングでの収録や、ライブでのギターソロや目立つパートは松本孝弘葛城哲哉などサポートギタリストに任せている。TMのメンバーの中ではただ一人常時サングラスをかけているのが特徴(TM結成当時、ビジュアルコーディネーターの提案で危うく坊主頭でデビューさせられるところだったが、それに反発したことでサングラスをかける様になり現在に至った。またTM時代、シングル、アルバム「Self Control」のジャケットで初めてサングラスをはずし、TMN時代は「Love Train」のPVでは眼鏡をかけた事がある)。

1989年に小室哲哉に薦められて執筆した処女作「CAROL」を発表後はファンタジー絵本(文のみ)からエッセイ、自叙伝、サスペンスまで幅広いジャンルで執筆、コンスタントに出版。作詞家としての他にも文才をみせる。小室哲哉の愛犬をモデルに描いた小説『ユンカース・カム・ヒア』は、後にアニメ化もされ、作品中に父親役で声優にも挑戦。

TM NETWORKのスポークスマンを務めている。

2009年8月10日東京都港区南青山の路上で歩行者との接触事故を起こした。この件に関して、所属事務所を通じて謝罪コメントを発表した[2]

2014年5月28日夜に放送されたMBSテレビのバラエティー番組「解禁、今だから言えるナイショ話」(関西ローカル番組)に出演、「Get Wild」ではギターを弾かず、弾いているフリだけの「エアギターだった」と告白した。もともと、TMでは、キーボード担当・ギターはアコースティックギターなら弾けたが、小室哲哉の「キーボード2人は地味だよね。木根(アコースティック)ギター弾いてたでしょ?」の一言がきっかけでギターを担当することになるが「エレキギターは弾いたことがない」旨を伝えたところ「音を出さなきゃいいじゃん」と言われ、エアギターになった。だが実際のライブにおいての木根のエレキギターからは小音量ながらも音が出ている。

また、そのネタを木根本人が逆手に取り、実際に「Get Wild」をエレキギターで演奏した動画を木根自らニコニコ動画に投稿したところ、再生回数が約40万回に迫る反響を呼んだ。

かつては喫煙しており、一日にタバコを3箱吸う程のヘビースモーカーだったが、現在は禁煙している。

子供は娘と息子が一人ずつ居り、娘は女優としても活躍している木根早織であり、テレビ番組で共演が増加している。

創価学会員で、副芸術部長を務める[3]

略歴

ソロ活動と並行して現在にいたる。

作品

シングル

配信限定シングル(ライブ音源)

  • We are starting over(2009年6月24日)
  • UNKNOWN TOWN(2009年7月1日)
  • LUCY(2009年7月8日)

 以降全9週連続リリース。

アルバム

ビデオ(VHS・DVD含む)

  • トーク & ライブ in 渋谷公会堂
  • CONCERT 2006 Talk & Live Vol.10 at Shibuya DUO -Music Exchange-
  • 楽しく学ぶ信心の基本(2006年5月1日、シナノ企画

楽曲提供

  • SERIKA with DOG「CAN TRY AGAIN-TO TK-」「Highway Bus Station」(作曲)
  • 浅香唯Melody」「雨が雪に変わった夜に」「スターシップ」「Good-bye celebration」「Street Rock」
  • 村井麻里子 「どうしようもなくLove Affair」「TWO CANDLES」
  • 小森まなみ 「両手いっぱい菜の花にして」「1999・地球(ほし)に願いを…」
  • 彩恵津子 「なぐさめよりもエールを送るよ」
  • 佐々木ゆう子「PURE SNOW」「GRADUATION」「ギュッと ずっと…」(作曲・プロデュース)
  • 椎名へきるjungle Life」「嵐のち晴れ」「眠れる森」「あしたは消えない」「Future Star」「MOTTOスイーツ」「Love Your Name」「LOVE TOMORROW」「ひとつの愛になりたい」「Believe」「afresh!」「feel for you,beat forme」「pure〜いつか、きっと〜」「Red」「PROUD OF YOU」「Rolling Lonely Diamond」「レヴェランス」「ファンタジア」「Little by Little」「Always」「熱風」「Clear Sky」「このまま」「ロックンロール・ラヴレター」(作曲)「Happy Bitrthday 〜愛のランナー」(作詞・作曲)
  • 清水まなぶ
  • 宇都宮隆 「あてのない闇」「HUNDRED NIGHTS, HUNDRED STORIES」「REASON」
  • 大賀埜々 「Close to the night」
  • 南野陽子 「うつむきかげん」(作曲)
  • 渡辺美里eyes」「言いだせないまま」「BORN TO SKIP」「さくらの花の咲くころに」「Kick Off」「こぶし」「No Side」「私が好きな孤独」「点と線」(作曲)
  • 日置明子 「Winter comes around」「Reflections」「Clover」(作曲・プロデュース)
  • 吉田栄作「LULLABY〜夢のままで〜」
  • 葛城哲哉「LOVE SONGは歌わない」「愛してることがあたりまえになるほど」
  • 岸谷五朗「明日、吹く風」
  • 皆川純子「ネギま! 麻帆良学園中等部 2-A:12月 雪広あやか〜雨上がりの天使」(作曲)
  • 前田愛「keep on」「On The Hill 〜風を感じて〜」(プロデュース)
  • 木村由姫「何故…」「幸せへの痛み」
  • 田山真美子 「Timeless Garden」(作曲)
  • tohko 「YESTERDAY'S DREAM」「seven colors」(作曲)
  • 近藤名奈 「ひとりじゃないから」(作曲)
  • 林建亨 「發射」「太陽.自由.我」(作曲)
  • 清水まり子「孫つれて」(作曲)
  • 田中裕子「恋と愛の距離」(作曲)
  • コロッケ「Just A Lonely Man」(作曲)
  • 井上和彦「Anixious」「風の香り」(作曲)
  • 大谷健吾「Dear Girl Friend」(作曲)
  • 仲代奈緒「風の街角」「夢のかけら」「見つめていたい」「あなたが遠い」(作曲)※配信のみでのリリース
  • SAKANA「Frozen Flowers」(作曲)
  • 石上久美子「夜桜三郎…女形」(作曲)
  • 寿美菜子つきのひかり」(作曲)

書籍

小説

  1. CAROL
  2. ユンカース・カム・ヒア
  3. ユンカース・カム・ヒア2
  4. 月はピアノに誘われて
  5. 夢の木
  6. 武蔵野蹴球団(文庫版:いつか見た遠い空)
  7. 夢のつづき
  8. いつか逢える日に
  9. それでもいいと思ってた
  10. 八王子のレッド・ツェッペリン
  11. P
  12. 天使の涙
  13. 北京オペラ
  14. ずっと好きだった - 1999年9月25日、角川書店。「NAOTO KINE 1999 TALK&LIVE Vol.5〜ずっと好きだった〜」の全演目を収録した短編小説[4]。小説のテーマ曲「We are starting over〜ずっと好きだった〜」が小室みつ子作詞で制作された。そのインストゥルメンタルバージョンはTM NETWORKのアルバム『キヲクトキロク 〜 Major Turn-Round』に収録。
  15. 僕を忘れないで
  16. 七つの角笛〜Ci è la musica〜

ノンフィクション

  • えんぴつを削って
  • A TREE OF TIME
  • まっすぐ進む 夢へのヒント54
  • 電気じかけの予言者たち
  • 続・電気じかけの予言者たち
  • 新・電気じかけの予言者たち
  • 真・電気じかけの予言者たち
  • LOST FOODS 僕らの食べものが危ない!

絵本

  • 丸い形の青い空 (絵・あおきひろえ)

写真集

  • 歌酔曲(KAYOU KYOKU)

出演

テレビ

ラジオ

過去

舞台

  • 株式会社893(2011年9月7日 - 11日、赤坂レッドシアター)

インターネット動画

映画

出典

外部リンク