SPEEDWAY (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SPEEDWAY
TM NETWORKスタジオ・アルバム
リリース
録音 TKCOM Studios
ROJAM Studios
ジャンル J-POP
デトロイト・テクノ
フォーク
トランス
時間
レーベル gaball screen
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
TM NETWORK アルバム 年表
Welcome to the FANKS!
2004年
SPEEDWAY
(2007年)
THE SINGLES 1
2008年
『SPEEDWAY』収録のシングル
  1. WELCOME BACK 2
    リリース: 2007年10月31日
テンプレートを表示

SPEEDWAY』(スピードウェイ)は、TM NETWORKの11枚目のオリジナル・アルバム2007年12月5日に発売。

解説[編集]

前作『NETWORKTM -Easy Listening-』以来3年半振りのオリジナルアルバム。

ジャケットイラストは、ガイナックス佐々木洋が担当し、アートワークコーディネーションとして武田康廣(ガイナックス取締役)が関わっている。

本作の製作へのきっかけは小室哲哉iTunes Storeで、メンバー3人が以前在籍していたバンド、SPEEDWAY[2]の楽曲を見つけたことから始まり、レコーディングに際し、小室曰く「SPEEDWAYの『3rdアルバム』」であると述べている。(メンバー木根尚登の著書より。)

本作では「SPEEDWAY」時代の楽曲制作を意識しており、小室哲哉・木根尚登による作詞・作曲のみで、これまでほとんどの作詞に深く関わっている小室みつ子は本作においては全く関与せず、ゲストミュージシャンも「WELCOME BACK 2」でのそうる透以外はいないといった、メンバー以外の外注者はなく小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登の3人だけで制作されている。またレコーディングスタジオも小室の自宅スタジオをメインとしている。 制作の段階で小室が木根に「いつもより多く曲を書いて欲しい。例えば10曲入りならその中の5曲くらい。」と注文を付けた。(木根の著書『震・電気じかけの予言者たち』より。)そのため本作は異例にも、インストを除くと小室作曲の作品よりも木根作曲の作品の方が多くなっている。

現在は廃盤となっている。

収録曲[編集]

  1. ACTION
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉
    • テレビ東京の音楽ドキュメンタリー番組「みゅーじん」にて特集された際、小室がこの楽曲のコーラスを録る作業が映された。
  2. DIVING
    作詞:小室哲哉 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉・木根尚登
    • 小室が木根に「T-Rexの20th Century Boyをアコギでやってるみたいな曲」とアイディアを出して出来た楽曲。
  3. PRIDE IN THE WIND
    作詞:小室哲哉 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
  4. RED CARPET
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉
  5. TEENAGE
    作詞:小室哲哉 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
  6. WELCOME BACK 2 -1983 Edit-
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉
    • 37thシングルのアルバムバージョン。フェードアウトだったアウトロがカットアウトに変更されている。
  7. 夏の終わり
    作詞:小室哲哉 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉・木根尚登
  8. N43 -1983 Edit-
    作詞・作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉
    • 37thシングル『WELCOME BACK 2』のカップリング曲のアルバムバージョン。フェードアウトだったアウトロがカットアウトに変更されている。
  9. ELECTRIC MUSIC
    作曲・編曲:小室哲哉
  10. YOU CAN FIND
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉
    • 小室が19歳のときに作詞をしていたもので、同期で先輩ミュージシャンであった阿部晴彦からの依頼で作詞を手がけていたものであったが、その阿部が不慮の事故で他界し、表に出ることはなくお蔵入りになっていた。その遺品から30年前に手がけた本楽曲の詞が見つけ出され、それを見た小室が、今も当時も変わらぬ同じ想いを描いていたのだと改めて、その当時を振り返りメロディが作られた。阿部晴彦へのレクイエムとして、本作ではインストゥルメンタルとして収録され、この曲の歌詞カードのみ、その当時の手書きによる直筆の表記のままとなっている[3]
  11. MALIBU
    作曲・編曲:小室哲哉
    • 「コンサートのオープニングに流れるような曲」をイメージして作られた。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「SPEEDWAY」TM NETWORK(ORICON STYLE)2013年11月29日閲覧。
  2. ^ 当時小室哲哉SPEEDと呼んだこともあった。
  3. ^ 2007年12月23日放送分の『みゅーじん』(テレビ東京系)より。
[ヘルプ]