QUIT30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
QUIT30
TM NETWORKスタジオ・アルバム
リリース
録音 avex azabu 501studio
ジャンル J-POP
EDM
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル avex trax
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
TM NETWORK 年表
DRESS2
2014年
QUIT30
(2014年)
GET WILD SONG MAFIA
2017年
『QUIT30』収録のシングル
  1. I am
    リリース: 2012年4月25日
  2. LOUD
    リリース: 2014年4月22日
テンプレートを表示

QUIT30』(クイット・サーティ)は、TM NETWORKの12枚目のオリジナル・アルバム2014年10月29日に発売。

解説[編集]

  • デビュー30周年を記念する、前作『SPEEDWAY』からおよそ7年振りのオリジナルアルバム。
  • ツアー『TM NETWORK 30th 1984~QUIT30』の初日にリリースされる。
  • コンセプトは『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』のプログレッシブ・ロックの精神とglobeのアルバム『LEVEL 4』でのコンセプトである「ソーシャル・ネットワーキング・サービスでの拡散による恩恵と危惧」を組み合わせている[1]
  • 制作姿勢は「最近のEDMのブームでTMに始めて興味を持ってくれた若い人達や、1980年代後半の曲だけ知っているという人達にも楽しんでもらえるような、わかりやすい曲作り」を意識した。一方、ずっとTMを追い続けた深いファン達が深堀りして聴いて、喜ぶ部分も作り込むように心がけた[2]
  • 本作は2枚組CDとDVDのセット、2枚組CD、CDの3種の形態で販売される。DVDには『I am』『LOUD』のビデオクリップと小室哲哉のインタビュー映像を収録。また、mu-mo shopで購入すると、SPECIAL CDとアナザージャケットがオリジナル特典して付く。
  • Disc.1にはゲストミュージシャンを招いたトータル22分を超える組曲『QUIT30』(#3~5、#10~14)をはじめ、小室みつ子&小室哲哉コンビによる書き下ろし(#1、#15)や、松井五郎がシングル『アクシデント (ACCIDENT)』以来およそ29年ぶりに作詞を担当した楽曲(#16)、木根尚登作曲のバラード(#6)などが収録される。また、既発のシングル曲(#2、#8)とそのc/w曲(#7、#9)も新たにアルバムミックスを施して収録。
  • Disc.2には小室が2011年に制作した『Always be there』のTM NETWORKによる新録バージョン、1988年リリースのアルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』収録曲の『A Day In The Girl's Life (永遠の一瞬)』『Carol (Carol's Theme I)』『In The Forest (君の声が聞こえる)』『Carol (Carol's Theme II)』の再録、『Alive』のTK MIXバージョンを収録。
  • オリコンでは初登場8位を記録し、アルバムのトップ10入りは通算21作目。オリジナル作品では、1991年の『EXPO』以来、23年1ヶ月ぶりのトップ10入りとなった[3]

収録曲[編集]

全編曲:小室哲哉

Disc.1[編集]

  1. Alive
    アルバムリード曲。日本テレビ系『ミュージックドラゴン』2014年11月度オープニングテーマ。[4]
    2014年10月24日放送のフジテレビ系『どぅんつくぱ〜音楽の時間〜』でテレビ初披露された。
    小室みつ子が作詞に苦労した楽曲。何度も書きなおされ完成した。
  2. I am
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    38thシングル。表記は無いが、アルバムミックスとなっている。
  3. [QUIT30] Birth
    • 作詞・作曲:小室哲哉
  4. [QUIT30] The Beginning Of The End
    • 作詞・作曲:小室哲哉
  5. [QUIT30] Mist
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    トータルで22分を超える組曲。当初は1曲として収録される予定だったが、結果的に8トラックに分けて収録されることとなった。
    ギターメガデスマーティ・フリードマンベース美久月千晴ドラムス村石雅行が担当。
    元となるトラックは小室が即興で作り上げた。[5]
  6. STORY
    本作で唯一、木根が作曲を担当した楽曲。
    詞曲共にアルバム完成の2ヶ月以上前に出来上がっており、小室みつ子が本作の中で最初に作詞をした曲。[6]
  7. ある日ある時いつか何処かで
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    39thシングル『LOUD』のカップリング曲。表記は無いが、アルバムミックスとなっている。
  8. LOUD
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    39thシングル。表記は無いが、アルバムミックスとなっている。
  9. 君がいてよかった
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    38thシングル『I am』のカップリング曲。表記は無いが、アルバムミックスとなっており、ギターが追加されている。
  10. [QUIT30] Glow
    • 作詞・作曲:小室哲哉
  11. [QUIT30] Loop Of The Life
    • 作詞・作曲:小室哲哉
  12. [QUIT30] Entrance Of The Earth
    • 作曲:小室哲哉
  13. [QUIT30] The Beginning Of The End II
    • 作詞・作曲:小室哲哉
  14. [QUIT30] The Beginning Of The End III
    • 作曲:小室哲哉
  15. Mission to GO
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
  16. If you can
    3rdシングル『ACCIDENT』以来29年ぶりに松井五郎が作詞を担当。

Disc.2[編集]

  1. Always be there
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    国連"Friend's Whistle!"プロジェクトの支援ソングとして小室が2011年に作詞作曲した楽曲のTM NETWORKバージョン。
    イベントに出演した坂本美雨May J.も本楽曲をレコーディングしているが、音源化はされていない。
  2. [CAROL 2014] A Day In The Girl’s Life
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    6thアルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』収録曲の再録。
  3. [CAROL 2014] Carol (Carol’s theme I)
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    6thアルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』収録曲の再録。
  4. [CAROL 2014] In The Forest
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    6thアルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』収録曲の再録。
  5. [CAROL 2014] Carol (Carol’s theme II)
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    6thアルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』収録曲の再録。
  6. Alive (TK Mix)
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    本アルバムのリードトラックのリミックスバージョン。

DVD[編集]

  1. I am (Music Video)
  2. LOUD (Music Video)
  3. Tetsuya Komuro Special Interview

mu-moショップ オリジナル特典 SPECIAL CD[編集]

  1. Mission to GO (TV Mix)

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]