村石雅行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村石 雅行
生誕 (1964-07-19) 1964年7月19日(52歳)
出身地 熊本県
学歴 東京藝術大学音楽学部打楽器科卒業
ジャンル J-POPジャズフュージョンロック[1]
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム
事務所 有限会社エイジアンブロウ
公式サイト Masayuki Muraishi OFFICIAL WEBSITE

村石 雅行(むらいし まさゆき、1964年7月19日 - )は、日本ドラマーミュージシャン熊本県熊本市出身[2][3]

人物[編集]

ジャズフュージョンセッションライブ、スタジオワーク、TV出演と多方面で精力的に活動[1][2][3]。アーティストからの信頼も厚く、松任谷由実椎名林檎クライズラー&カンパニーDREAMS COME TRUEポルノグラフィティ国府弘子アンジェラ・アキスキマスイッチらのバックバンドのメンバーとしてツアーサポートを務めるほか、スタジオ・ミュージシャンとして数多くの作品のレコーディングに参加している[3]。またドラム・スクール「村石雅行ドラム道場」を運営するなど、後進の育成にも尽力している[1]

空手剣道を学んでいたために自らを「闘魂ドラマー」と称す。「闘魂ビデオ」という名の教則ビデオも出している。

楽器[編集]

  • ドラムセットはどんな仕事においても一貫してほぼ変わらず、ワンバスにツインペダル、タムが2つで、通常のクラッシュシンバルを使用しない点がこだわりである。セッティングの特徴としては可能な限り椅子とハイハットを高くする点が挙げられる。椎名林檎のツアーを収録したライブビデオではほぼ立っているのと変わらないほどの高さにセッティングされた椅子を確認することが出来る。
  • シンバルはSABIAN(特に14" Signature Encore Hi-Hat、18" AA Rocktagon(w/2 rivets)、10" AAX China Splash、16" HH Chinese、19" HHX Ride(Prototype))を多用する。
  • ドラムのメーカーはパールを愛用する(PEARL Rosewood Kit)。
  • RolandのV-drums(エレクトリック・ドラム)を使用する第一人者としても知られ、開発にも携わっている[4]

略歴[編集]

幼少期からピアノを習っていたが、中学時代にバンドを結成してドラムを始める。文化祭ではアリスゴダイゴチープトリックのコピーを演奏。

熊本県立済々黌高等学校に進学するとパンク・ロックバンドに所属し、チェッカーズロッカーズなどを輩出したYAMAHA主催の音楽コンテスト「エルモーション」などに出場。

東京芸術大学音楽学部打楽器科に入学。在学中から音楽活動を始め、おニャン子クラブ工藤静香森高千里らのバッキングを務める[3]

大学卒業後、1988年プログレッシブ・ロックバンドのKENSOに加入し、2003年まで在籍した[3]

1994年、30歳の時に松任谷由実のツアーメンバーとして全国ツアーデビュー。以後、参加を続ける。

1999年から2000年まで、椎名林檎の全国ツアーに参加。

2000年6月4日、松任谷由実のツアーバンドのコーラスだった佐藤有香(現・村石有香)と入籍。結婚報告は松任谷が直々にコンサートのMCで行った。

2003年インディーズバンド「the SNUFF ROLL」のアルバムを初プロデュース。同年10月5日、長男誕生。

2005年、ギタリストの矢堀孝一が結成したフュージョンバンドFAZJAZに参加。

2006年7月13日、長女誕生。

2007年からアンジェラ・アキの全国ツアーに参加[注 1]

2009年からスキマスイッチの全国ツアーに参加。

2011年4月、ドラムスクール「村石雅行ドラム道場」を東京都内に開校。本格的に若手プロドラマーの育成を始める。

参加グループ[編集]

  • FAZJAZ.jp(2001〜現在)
2005年から現在まで在籍。
矢堀孝一(G)/日野賢二(B)/村石雅行(Ds)/松本圭司(Key)。
1988年から2003年まで在籍。
清水義央(G)/小口健一(Key)/光田健一(Key)/三枝俊治(B)/村石雅行(Ds)。

プロデュース[編集]

  • the SNUFF ROLL(2003〜2007)
    • 『torch』(2003年10月29日)
    • 『Kao』(2004年10月13日)
    • 『解音(げね)』(2005年11月16日)

サポート/レコーディング参加[編集]

ライブ[編集]

レコーディング[編集]

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アンジェラは椎名林檎の曲を聴いてドラムの音に惚れ、村石にラブコールを送ったことを雑誌のインタビューで告白[2]
  2. ^ 音楽プロデューサー武部聡志の還暦を祝う「武部聡志 Original Award Show 〜Happy 60〜」のバックバンド。
  3. ^ 音楽プロデューサーの本間昭光生誕50周年記念ライブイベント「本間祭2015 〜これがホンマに本間の音楽祭〜」のバックバンド。
  4. ^ 再発盤にのみ収録。
  5. ^ 2011年以降、妻のYUKAがコーラスとしてライヴに参加。

出典[編集]

  1. ^ a b c 村石 雅行 Masayuki Muraishi”. DRUMMER JAPAN. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c Biography”. Masayuki Muraishi OFFICIAL WEBSITE. 2017年3月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e 村石雅行 プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE (2012年8月30日). 2017年3月20日閲覧。
  4. ^ 村石雅行 TD-30KV-S Special Performance”. ローランド. 2017年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]