本能 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本能
椎名林檎シングル
収録アルバム 勝訴ストリップ
B面 あおぞら
輪廻ハイライト
リリース 1999年10月27日
規格 シングル
録音 カメスタ、スタジオテラ
ジャンル オルタナティブ・ロックJ-POP
時間 12分5秒
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
作詞・作曲 椎名林檎
プロデュース 井上宇仁
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1999年11月度月間3位(オリコン)
  • 1999年度年間40位(オリコン)
  • 2000年度年間49位(オリコン)
椎名林檎 シングル 年表
ここでキスして。
(1999年)
本能
(1999年)
幸福論
(再発盤)

(1999年)
ミュージックビデオ
本能 - YouTube
勝訴ストリップ 収録曲
  1. 虚言症
  2. 浴室
  3. 弁解ドビュッシー
  4. ギブス
  5. 闇に降る雨
  6. アイデンティティ
  7. 罪と罰
  8. ストイシズム
  9. 月に負け犬
  10. サカナ
  11. 病床パブリック
  12. 本能
  13. 依存症
私と放電 収録曲

ディスク1

  1. すべりだい
  2. アンコンディショナル・ラブ
  3. リモートコントローラー
  4. 眩暈
  5. 輪廻ハイライト
  6. あおぞら
  7. 時が暴走する
  8. Σ
  9. 東京の女
  10. 17
  11. 君ノ瞳ニ恋シテル

ディスク2

  1. メロウ
  2. 不幸自慢
  3. 喪@ CエNコ瑠ヲュWァ
  4. 愛妻家の朝食
  5. シドと白昼夢
  6. 意識~戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱~
  7. 迷彩~戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱~
  8. la salle de bain
  9. カリソメ乙女 (HITOKUCHIZAKA ver.)
  10. 錯乱 (ONKIO ver.)
  11. 映日紅の花
  12. 膨らんできちゃった
  13. はいはい
  14. 光合成
テンプレートを表示

本能」(ほんのう)は、1999年10月27日にリリースされた日本シンガーソングライター椎名林檎の4枚目のシングルである。発売元は東芝EMI/イーストワールド。

初回生産分のみ、特製パーカー応募券付き。同日にはデビューシングルの『幸福論』が12cmシングル盤としてリニューアルし再発売された。

概要[編集]

前シングル『ここでキスして。』より約10ヶ月ぶりとなるシングル。日本テレビ系『FUN』のエンディングテーマ曲として起用された[1]。出荷ベースでミリオンセラーとなり、2014年12月時点で自身最大のヒット曲である。ナース姿のコスプレガラスを叩き割るミュージック・ビデオジャケットも大きな話題となった。

当初は同年4月に発売する予定だった『ギブス』を発売する予定だったが、椎名自身「(既にツアー「先攻エクスタシー」で披露されていたこともあり)新鮮味もなくなる」と感じ、ワンクッション置くという意味合いで『本能』をリリースする運びとなった。また、この楽曲は1999年9月に行われたライブイベント「Sweet Love Shower '99」で初披露された。

また、カップリング曲は2曲とも「サントリー ザ・カクテルバー」のCMソングとして使用された。

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージック・ビデオ及びディスクジャケットは、これまでにも椎名の作品のアートワークなどを担当していたアートディレクター木村豊が製作。病院を舞台にしたセットでナースコスプレ姿の椎名がガラスを叩き割るといった内容で大きな話題となった。ベッドの上で女性の患者と絡み合うシーンもあるが、本人は深い意味は無いと語っている[注釈 1]

撮影に使われたガラスは映画撮影用の割れやすい特殊ガラスで、わざわざハリウッドから空輸されたためにガラス代よりも輸送費がかさんでしまったという[注釈 2]。そこまでして用意したにも関わらず、想定した物より硬かったせいで実際の撮影では握り拳でガラスを割るシーンで指などに切り傷を負ってしまい、ワセリンで止血しながら撮影を続けた。ミュージック・ビデオの最後にカメラが引き撮影スタジオ全体が見えるようになって仕掛けがばらされるが、それはその出来事を不満に思った椎名が提案したもの。[2]

収録曲[編集]

  1. 本能
    日本テレビ系「FUN」エンディングテーマ曲。
    イントロヴォコーダーで加工されている英語詞は、ライブで披露する際「幸福論(悦楽編)」同様、拡声器を使用する。
    2006年に行われた東京事変のライブツアー「“DOMESTIC!”Just can't help it.」で披露した際は、間奏のピアノソロをメンバーの伊澤一葉自身の楽曲から引用した[注釈 3]
  2. あおぞら
    サントリー ザ・カクテルバーフェアリーテイル篇」CMソング。
    高校二年生の時、遺伝性の目の病気で網膜剥離の手術を受けた男友達に「あおぞら」というタイトルで歌を作って欲しいと頼まれ、彼からもらった手紙を元に歌詞を書いた曲[3][注釈 4]
    ライブでは「幸福論(悦楽編)」のようにロック調にアレンジされて披露された。
  3. 輪廻ハイライト
    「サントリー ザ・カクテルバーぶどう篇」CMソング。
    歌詞は空耳方式で、実際に歌われているのは英語だが、英語に聞こえそうな日本語を無理やり当て字をして表記されている。
    ライブで披露されたのは1999年に行われた学園祭ツアー「学舎エクスタシー」のみ。

詳細

全作詞・作曲: 椎名林檎 全編曲: 亀田誠治

# タイトル 時間
1. 「本能」   4:16
2. 「あおぞら」   4:19
3. 「輪廻ハイライト」   3:28
合計時間:
12:05

参加メンバー[編集]

本能
酸欠ギター名越"ラムネ"由貴夫 遅刻王
悩殺ベース亀田"ハレンチ"誠治 師匠
悪意ピアノ斎藤"シヴォレー?"有太 元番長
男気ドラム村石"ケンソー"雅行 先輩
惨劇シンセサイザー:中山"オケヒット"信彦 副委員長
あおぞら
真心ギター西川進
真心ベース:亀田誠治
真心オルガン:斎藤有太
真心シンセ:皆川真人
真心フリューゲルホルン:水江洋館
真心ピヨピヨ:椎名林檎
輪廻ハイライト
国宝ピアノ:島健 様
国宝ウッドベース:高水健司 様
国宝ドラム:渡嘉敷祐一 様

録音や操作:井上"コンブ"宇仁天才 at カメスタ スタジオテラ
凄腕音仕上げ:前田康二 at バーニー グランドマン

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なおこの女性は椎名の友人で、当時はまだ大学生だったとのこと。また椎名の後ろで医者の恰好でエレキベースを演奏しているのは同じく友人であり、後の発育ステータスベーシストでもあった鳥井泰伸。
  2. ^ 撮影では約25枚使用され、1枚につき100万円ほどかかったという[4]
  3. ^ 椎名本人が伊澤に間奏部分のアレンジを依頼した。
  4. ^ 当人に実際に聴かせたところ「なんかドリカムみたい」と言われたという。

出典[編集]

  1. ^ 雑誌『WHAT's IN?』1999年11月号 p21
  2. ^ フジテレビ系列の音楽番組魁!音楽番付〜JET〜」(2009年6月24日放送回)での発言。
  3. ^ Quick Japan編集部+松田義人「第一章 友人たちの語る「椎名林檎」以前」、『前略 椎名林檎様』、太田出版、2001年2月、 40-46頁、2014年11月3日閲覧。
  4. ^ Quick Japan編集部+松田義人「第二章 椎名林檎大辞典」、『前略 椎名林檎様』、太田出版、2001年2月、 83-84頁、2014年11月3日閲覧。