椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015
椎名林檎ライブ・ビデオ
リリース
録音 神奈川県民ホール
2015年12月9日
2016年2月23日
ジャンル J-POP
時間
レーベル EMI Records
椎名林檎 年表
(生)林檎博'14 ―年女の逆襲―
(2015年)
椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015
(2017年)
テンプレートを表示
椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015
椎名林檎 の ホール・ツアー
初日 2015年10月14日
最終日 2015年12月20日
公演数 18
椎名林檎 ツアー 年表
(生)林檎博'14 ―年女の逆襲―
(2014年)
椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015
(2015年)

椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015』(しいなりんごときゃつらがゆく ひゃっきやこう2015)は、日本シンガーソングライター椎名林檎が2015年に開催したコンサートツアー、およびその模様を収録したライブ映像作品[1]。2017年5月31日にユニバーサルミュージックよりDVDおよびBlu-ray Discで発売[2]

映像作品[編集]

本作は2枚組仕様であり、ディスク1には椎名が2015年10月から12月にかけて開催したコンサートツアー「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」より、12月9日に行われた神奈川県民ホール公演の模様が収録されている。ディスク2には同会場で2016年2月23日に行われた「椎名林檎と彼奴等による 陰翳礼讃2016」と題した全10曲のライブセッションが収録されている[3][4][5]

ディスク1収録の公演の模様は、2016年2月にWOWOWで発売に先行して放送されたが、本作では選曲が見直されて収録曲が増えた[注 1]ほか、映像の編集も放送時とは異なっている[6]

ディスク2収録のライブセッションは2015年のツアーが始まる前から提案されていたもので、ツアーのセットリストから漏れた曲の中からファンからのニーズが高いと思われる10曲が選ばれている[6]。ツアーとは対照的に、ジャジーなファッションと演奏スタイルで行われたこのセッションでは、敢えてリハーサルを重ねずに音楽が生まれる瞬間の奇跡を捉えようと臨んでいる[6]

本作の映像監督ウスイヒロシによると、「百鬼夜行」は21台、「陰翳礼讃」は8台のカメラを使って収録し、「陰翳礼讃」は「セッションの鮮度を損なわないように」という椎名からのディレクションに沿って撮影プランが設計された[6]

本作の発売がツアー終了から約1年半もの時間を要したのは、椎名が各方面からオファーが寄せられていた提供楽曲と、ツアー当時から水面下で調整が進んでいた2016年8月〜9月のリオ・オリンピック/パラリンピック閉会式における「フラッグハンドオーバーセレモニー」の制作に尽力していたため[6]

通販限定となる初回限定盤はケース付きハードカバーブック仕様で、椎名のデビュー19周年記念日にあわせて2017年5月27日に個人事務所の黒猫堂から先行販売された[2]

収録曲[編集]

全作詞・作曲:椎名林檎(注記を除く)。 全編曲: 椎名林檎、村田陽一

Disc 1 『椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015』 ライブツアー収録(2015年12月9日 神奈川県民ホール)
#タイトル作詞作曲
1.凡才肌  
2.やさしい哲学 冨田恵一
3.いろはにほへと  
4.尖った手□
 
5.労働者  
6.走れゎナンバー  
7.神様、仏様
 
8.現実に於て H是都M
9.現実を嗤う  
10.SG~Superficial Gossip~  
11.熱愛発覚中  
12.とりこし苦労  
13.至上の人生  
14.ブラックアウト  
15.迷彩  
16.罪と罰  
17.夢の途中[注 2]来生えつこ来生たかお
18.Σ  
19.警告  
20.マヤカシ優男  
21.名うての泥棒猫  
22.真夜中は純潔  
23.きらきら武士池田貴史池田貴史
24.御祭騒ぎ  
25.長く短い祭  
26.群青日和 H是都M
27.NIPPON  
28.逆さに数えて  
29.虚言症  
Disc 2『椎名林檎と彼奴等による 陰翳礼讃2016』 ライブ・セッション収録(2016年2月23日 神奈川県民ホール)
#タイトル作詞作曲
1.青春の瞬き  
2.歌舞伎町の女王  
3.ちちんぷいぷい  
4.密偵物語Jack Brown 
5.殺し屋危機一髪 
  • 椎名林檎
  • タブゾンビ
6.カリソメ乙女  
7.  
8.おいしい季節  
9.女の子は誰でも  
10.ありあまる富 

ツアー[編集]

椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」は、2015年10月から12月にかけて開催された椎名としては2003年の「実演ツアー 雙六エクスタシー」以来12年ぶりとなるホールツアー[5][8]

百鬼夜行”とは、2015年5月に発売されたシングル「長く短い祭/神様、仏様」に端を発したコンセプトで、椎名曰く「児玉裕一監督が撮った『神様、仏様』のMVの終盤で私が東京タワーの上から飛び降りたのは〈結局何が一番怖いって此の娑婆世界の人間様よ〉というメッセージを伝えたかったから。それをツアーではより辛辣に強調したくて、このタイトルとセットリストを組み立てました」とのこと[6][9]。タイトルに冠された「彼奴等」とは、演奏家である玉田豊夢鳥越啓介ヒイズミマサユ機浮雲名越由貴夫村田陽一、西村浩二、山本拓夫という8人からなるスペシャルバンド「MANGARAMA」(マンガラマ)のこと[1][3][4]。若干のメンバー変更はあるものの、2015年8月に台湾で行われた椎名初の海外公演「(生)林檎博 '15 −垂涎三尺−」の演奏を務めたバンドと基本的には同じ[6]

セットリストは、ツアー時点での最新アルバム『日出処』の収録曲、椎名がまだ十代だった頃の初期作品、東京事変時代に書かれた作品、そして他のアーティストへの提供および客演曲までが入り混じった多様なものとなっている[8]

本ツアーの演出やスタッフなどは、椎名がスーパーバイザーを務めたリオ・オリンピック閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーと一部共通する。「凡才肌」のパフォーマンス中に椎名が被っていた角隠しのようなヘッドアクセサリーは、リオ・オリンピック閉会式のセレモニー冒頭で「君が代」が流れた際のパフォーマーたちの装束と同じレ・クリント[注 3]を想起させる折り紙の技術で作られており[注 4]、ツアーで使用された映像でダンスを披露したELEVENPLAYとその振付家のMIKIKO、MANGARAMAのメンバーの浮雲とヒイズミマサユ機(H ZETT M)、そして村田陽一らは、それぞれ演出スタッフやボーカル、使用楽曲の提供、編曲などで閉会式のセレモニーに関わっている[6]

演奏[編集]

MANGARAMA(マンガラマ)
ベース鳥越啓介
ドラム玉田豊夢
キーボードヒイズミマサユ機
ギター&ボーカル浮雲
エレクトリック・ギター名越由貴夫
トロンボーン村田陽一
トランペット: 西村浩二
サックスフルートクラリネット山本拓夫

ゲスト[編集]

ラップMUMMY-DRHYMESTER[注 5]
ダンスELEVENPLAY[注 5]

日程[編集]

公演日 会場
2015年10月14日 オリンパスホール八王子東京都
2015年10月15日
2015年10月26日 フェスティバルホール大阪府
2015年10月27日
2015年11月6日 NHKホール(東京都)
2015年11月7日
2015年11月12日 名古屋国際会議場 センチュリーホール愛知県
2015年11月13日
2015年11月19日 新潟県民会館大ホール新潟県
2015年11月25日 仙台サンプラザホール宮城県
2015年11月30日 福岡サンパレス福岡県
2015年12月1日
2015年12月8日 神奈川県民ホール 大ホール神奈川県
2015年12月9日
2015年12月11日 さっぽろ芸術文化の館 ニトリ文化ホール北海道
2015年12月17日 神戸国際会館 こくさいホール兵庫県
2015年12月18日
2015年12月20日 上野学園ホール広島県

セットリスト[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 放送されなかった5曲のうち4曲が収録されたが、SMAPへの提供曲「華麗なる逆襲」のセルフカバーのみ未収録。
  2. ^ 浮雲のボーカルによる幕間間奏(インタールード)[7]
  3. ^ 20世紀初頭にデンマークの建築家P.V.イエンセン・クリントが生み出したランプシェード。一枚の特殊プラスティックペーパーを手で折り上げるハンドクラフトならではの美しいフォルムが特徴。
  4. ^ 遠征による衣裳管理の難しさから発想したもので、閉会式本番で使用されたものは衣裳チーム全員で折った[9]
  5. ^ a b ステージ上に設置されたスクリーンに虚無僧に扮したMUMMY-Dや阿波踊り踊り子に扮したELEVENPLAYのパフォーマンスなどが映し出される形式。

出典[編集]

  1. ^ a b 椎名林檎、12年ぶりホールツアー『椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015』映像作品発売”. リアルサウンド (2017年3月30日). 2017年5月21日閲覧。
  2. ^ a b 椎名林檎『百鬼夜行』ツアーが映像作品化 『陰翳礼讃』セッションも”. CINRA (2017年3月30日). 2017年5月21日閲覧。
  3. ^ a b 椎名林檎、12年ぶりホールツアー「百鬼夜行2015」がDVD/BDに”. 音楽ナタリー (2017年3月30日). 2017年5月21日閲覧。
  4. ^ a b 椎名林檎、12年ぶりホールツアー<百鬼夜行2015>が映像化”. BARKS (2017年3月30日). 2017年5月21日閲覧。
  5. ^ a b 椎名林檎、12年ぶりのホールツアーを映像化。ライブセッション「陰翳礼讃」含む2枚組”. RO69(アールオーロック) (2017年3月30日). 2017年5月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h LINER NOTES - 椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015 -”. ユニバーサルミュージック (2017年3月30日). 2017年5月21日閲覧。
  7. ^ LINER NOTES -椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015-”. SR 猫柳本線(公式サイト). 2017年6月16日閲覧。
  8. ^ a b 椎名林檎ライブ映像作品発売決定! DVD/BD『椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015』 2017年5月31日リリース!”. ユニバーサルミュージック (2017年3月30日). 2017年5月21日閲覧。
  9. ^ a b 椎名林檎 (2017年5月29日). 音楽ナタリー Power Push (4/5). インタビュアー:内田正樹. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/sheenaringo04/page/4 2017年6月16日閲覧。 

外部リンク[編集]