浮雲 (ギタリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浮雲/長岡 亮介
出生名 長岡 亮介
生誕 1978年10月7日(38歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
ジャンル カントリー・ミュージックソウルジャズオルタナティブ・ロック[1]
職業 ミュージシャンギタリストシンガー作詞家作曲家音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルギターマンドリンカウベル
共同作業者 ペトロールズ(2005年 - )
東京事変(2005年 - 2012年)
著名使用楽器
テレファントム(Song Bird製)

浮雲(うきぐも、1978年10月7日 - )は、千葉県出身の日本ミュージシャンギタリスト。本項では、本名の長岡 亮介(ながおか りょうすけ)名義の活動についても併せて記述する。

概要[編集]

長岡亮介名義で、2005年から自身がフロントマンを務めるバンド「ペトロールズ」においてリード・ボーカルとギターを担当。また浮雲名義で、2005年から2012年までロックバンド東京事変」の2代目ギタリストとして活動した。

来歴[編集]

千葉県の公団住宅に生まれ育つ[2]。幼少時にピアノを習い始める。また父親が趣味でブルーグラスをたしなんでおり、幼いころからその類の音楽に親しむ。中学1年生の時に、部活動バレーボール部に所属)とは別のクラブ活動でギタークラブに所属してギターを始める。高校時代よりカントリーバンドに参加し、様々なミュージシャンとの演奏を重ねる。大学在籍中にギタリストとして活動を始め、ソニーミュージック主催のR&BAOR系のオーディション「NEWDIGSOUL Audition」に参加。本格的なプロミュージシャンへの道を歩み出す。

2000年頃より、椎名純平のバンド「The Evil Vibrations」のギタリストとして活動する。

2002年4月と5月、椎名林檎・椎名純平兄妹らとともに「邪(よこしま)」というバンド名でTOTOの楽曲「Georgy Porgy」をカバーし、ネット配信する[3]。担当はリード・ボーカル(メイン・パートのスティーヴ・ルカサー役)とギター。

2003年、椎名林檎の3rdアルバム「加爾基 精液 栗ノ花」の制作に参加。同作のアナログ盤などに収録されたボーナストラック「映日紅の花」(作・編曲)を提供したほか、ギターやボイスパーカッションを担当し、収録曲の「迷彩」のPVにも出演。また椎名とともにアルバムの文字デザインも行う。

2004年、東京事変の1stアルバム「教育」において、椎名林檎のデモ・テープ制作に協力する[注 1]。シングル「遭難」では、イントロ部分のギターリフにデモで弾いていた彼の案が採用された。この年、ロンドンに留学。

2005年2月、ペトロールズを結成。同年夏、脱退した初代ギタリストの晝海幹音に代わって2代目ギタリストとして東京事変に加入する。その際、椎名林檎によって「浮雲」というステージネームが与えられた[4]

2007年2月、椎名林檎が椎名林檎×斎藤ネコ名義でリリースしたアルバム「平成風俗」に参加。収録曲の「ギャンブル」ではギターを弾き、「花魁」では作詞・作曲を担当した。同年7月、東京事変の4枚目のシングル「OSCA(オスカ)」では初めて作詞・作曲を担当。

2009年6月、椎名林檎の4枚目のソロ・アルバム「三文ゴシップ」の収録曲「丸の内サディスティック(EXPO Ver.)」で編曲、コーラスを担当。また、同時に発売されたともさかりえの3枚目のアルバム「トリドリ。」に「目覚め」(作詞・作曲)を提供。

2012年2月29日(閏日)、所属していた東京事変が解散。

2013年、RADWIMPSのフロントマン、野田洋次郎のソロプロジェクト「illion」のサポートでロンドンとハンブルクで海外でのライブを経験する。

2014年10月、自身初のソロ作品「LOUNGE LOVER」(3曲入りCD)発表。11月から12月にかけて、椎名林檎のアリーナツアー「林檎博'14 -年女の逆襲-」のバックバンドに元東京事変のH ZETT Mと共に浮雲として参加。

2015年、4月に台湾でソロライブを行う。同年11月、LOVE PSYCHEDELICOの香港・台湾のアジアツアー(香港最大のロックフェス「Clockenflap 2015」と台湾・国際コンベンションセンターでのワンマンライブ)のためのスペシャルバンドに参加[5]

2016年7月、ORIGINAL LOVEの25周年記念ツアーに参加[6]

2016年9月19日(日本時間)、リオデジャネイロパラリンピック(第15回夏季パラリンピック)閉会式の中で行われた、パラリンピック旗を次期開催地の東京に引き継ぐ式典「フラッグ・ハンドオーバー・セレモニー」の終盤、東京をアピールするパフォーマンスのバックミュージックに使用されたピチカート・ファイヴの楽曲「東京は夜の七時」のヴォーカルパートを本名の長岡亮介名義で務めた(編曲は式全体のクリエイティブスーパーバイザー兼音楽監督を務めた椎名林檎)[7]

人物[編集]

  • 同じオーディションの出身である椎名純平のバンド「The Evil Vibrations」にギタリストとして参加していた[8]。その縁で彼の妹でシンガーソングライター椎名林檎との交流も始まった[4]。また同バンドには、のちに東京事変で一緒になるドラマーの畑利樹も在籍していた。
  • 椎名林檎にボーカルの仕事を依頼されるまで、歌は歌っていなかった[注 2][3][4]
  • 椎名林檎に「曲や詞を書いたらいいと思う」と言われるまでは歌詞は書いておらず、曲もたまに思いついたように書く程度だったが、「世の中で高く評価されている人にそう言ってもらえるのなら自分にも曲作りの脈があるかもしれない」と思うようになった[9]。本格的に楽曲を作り始めたのはペトロールが最初。きっかけは、その当時共演して、天才的でそのセンスには敵わないと思わされたkatokunnleepLAYAのリーダー)というアーティスト。すでにサポートで色々な現場で場数を踏んではいたが、結局は誰か他人の音楽であり100%自分にフィットする音楽はないと思い知らされ、自分の音楽を1から10まで自分自身で組み立てなければダメだと思うようになった。25、6歳のときイギリス・ロンドンに半年ほど留学した経験も大きかった。「自分は日本人だからこそできる音楽を作ればいいんだ」と気楽に考えられるようになり、自由に曲を作ってみようという気持ちになれた。[10]
  • 東京事変に加入したのは、椎名林檎の東京事変用のデモテープ制作[注 3]に協力したことがきっかけ。新しいギタリストを探していた時にメンバーたちがそのデモを聴いて彼のギターサウンドを気に入り、椎名に彼に決めるよう求めると当初は渋っていた椎名も了承して加入を打診。彼はこの申し入れを2ndアルバム「大人[注 4]のレコーディング直前にようやく承諾し、晴れて加入が決定した。また第1期メンバーであった晝海幹音・H是都M両名の脱退後は椎名の個人的な相談相手にもなっていたという。[11]
  • 浮雲という芸名は椎名によって名付けられた[4]
  • 東京事変ではギターのほか、曲によってはボーカルコーラスラップマンドリンなどを担当することもあった。
  • 無類の車好き(シトロエン・アミシトロエン・BXを所有)・自転車好き。都内の移動なら自転車を選ぶ。スタジオの行き帰りも自転車。2009年4月からは季刊の雑誌「自転車日和(辰巳出版)」にてコラム「自転車なんて、動けばよい」を連載している。
  • メジャーシーンで活動しながらも不定期で赤坂のカントリーミュージックの店でバンドメンバーとしてカントリーを演奏している[10]

ギタースタイル[編集]

  • 最も好むギタリストは、カントリーギタリストのピート・アンダーソン[12]
  • 独創的なギターフレーズはルーツにカントリーやブルーグラスがあり、そこからさまざまなジャンルと交わりながら育まれたもの[10]
  • 亀田誠治が「よほど意図的でない限り、8ビートのまっすぐなリフを刻むのは浮雲くんのカラーではない」と発言しているように、カントリーギターを思わせるアドリブ感のあふれる非常にテクニカルなギタースタイルが特徴[13]
  • もともとカントリーをやっていたのでチキン・ピッキング(ピックを持ちながら中指・薬指で弦を弾くという奏法)が得意[14]
  • 以前は音を歪ませないようにしていたが、現在は特にこだわりがない[14]
  • 楽曲ごとにスライド奏法やフィンガーピッキング、ワウペダルなどエフェクターを効果的に利用し、繊細且つ変幻自在のギターサウンドを聴かせる。
  • 必要最小限の音数で魅せる機能美に溢れたギターワーク、しなやかな指先が放つしゃれた音使いなど楽曲を輝かせるために必要不可欠なプレイを要所に組み込むことで、唯一無二の音世界を生み出すギタリストである。
  • 東京事変のメンバーによる浮雲のギター・プレイについてのアンケートでは、従来型ギターの概念を覆すアプローチ、奇想天外で縦横無尽なフレーズ、グルーヴ感と香ばしい音色、しっかり設計された建築物のように繊細な作曲などが高く評価され、ギターらしくないフレーズをギターらしい音で奏でる天才とも称されている[15]
  • ギターの魅力はちっちゃくて小脇に抱えられるということだという[14]
  • ビザール・ギターのコレクターとしても有名で、自宅に50本ほどのギターをコレクションしている[16]

使用機材[編集]

使用する機材には個性的なものが多いが、初めて手にしたエレキギターは"フェンダージャパンのストラト"であるとのこと[17]

  • 82年製モダーンギブソン製)
    ペトロールズで使用。トーンの配線を切り、1ボリュームのみにしてある。ピックガードも交換されている。
  • 69年製テレキャスターフェンダー製)
    6弦がワンタッチでドロップDにできるようバンジョーペグに交換されている。フロントのピックアップをストラトの物に交換してある。多くのギターを所有している彼だが、「何かあったら、このギターを持って逃げる」とのこと。
  • テレファントム(Song Bird製)
    千葉のクラフトショップ「Song Bird」で制作された浮雲オリジナルギター。VOXのPhantomⅥのリイシューモデルであるPhantom GuitarworksのPH6をベースに、テレキャスターの構造にカスタムされている。ネックはVOXのオリジナル。ピックアップはフロントにVoodoo,リアにセイモア・ダンカン。ピックアップセレクターはロータリースイッチ。またPhantom GuitarworksはPhanTele(ファンテレ)として同様のカスタムを施したギターを販売している。余談だが、東京事変の楽曲「秘密」(正確にはPV向けにアレンジされた「秘密 for DJ」)には、浮雲によるこのギターのことについてのラップパートが入っている。
  • テレファントム マンドリン(Song Bird製)
    テレファントムをモチーフに作られたエレキ・マンドリン。
  • ストラトファントム(Song Bird製)
    上記のテレファントムと形状は同じだが構造が異なり、ストラトキャスター仕様になっている。ピックアップは全てVoodoo。ピックアップセレクターは6段階に変更でき、通常のストラトの5段階に加えリア・フロントのハーフトーンが選択できるように作られている。
  • 70年製ギブソン・SGギブソン製)
    入手時には"妙な"改造がなされていたとのこと。ピックアップは"ソープバー"タイプのP-90。ストップ・テイルピース仕様に変更。
  • スクワイア ヴィーナス XII(スクワイア製)
    ピックアップは2基のミニ・ハムバッカー。ツマミ脇にハートのシールが貼られている。
  • セントブルース61サウス(St.Blues製)
    ピックアップはフロントがP-90タイプ、リアはシングルコイル。どちらもSt.Blues製。
  • モズライト US カスタム ショッププロトタイプ(モズライト製)
    浮雲の希望によりシルバーメタリックに塗装。ボリュームスイッチをオン/オフ・スイッチへ変更。『能動的三分間』のPVなどで使用された。
  • 80年製ヘンドリック ジェネレータ(ヘンドリック製)
    "もんち"というギタリストからの借り物。『勝ち戦』のPVで使用された。
  • TeeVeeとS Tee(RS GUITARWORKS製)
    形はフライングVで音はFENDERのテレキャスター。テレキャスターの音が一番好きだが使っている人が多いため、他の人とかぶりたくないのでそういう仕様にしている。特にお気に入りは世界に3本しかないというペイズリー柄。[14]
  • その他
    アメリカン ショウスター(VintAxe製),ギブソン・レスポールギブソン・ES-335,グヤトーン LG-75(グヤトーン製),ファントムⅥ(VOX製),リッケンバッカー・360/12など。

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

  • 「LOUNGE LOVER」(2014年10月)

コラボレーション[編集]

楽曲提供[編集]

※所属バンドの楽曲は除く。

編曲・プロデュース[編集]

参加バンド[編集]

サポート/レコーディング参加[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ そのため、アルバムのスペシャルサンクスの欄には彼の名前が記載されている。
  2. ^ 椎名が依頼した理由は、彼の普段の話し声や口ずさんでいる歌を聞いて声が良いと思ったから。
  3. ^ 1stアルバム『教育』および2nd『大人』。
  4. ^ 第二期東京事変としては1枚目となる。
  5. ^ katokunnlee(カトクンリー)率いる音楽ユニット
  6. ^ HiGEのフロントマン須藤寿のソロプロジェクト。ヴォーカルが須藤、ギターに長岡、キーボードにgomes(FAB)を擁したトリオ編成[22]
  7. ^ アヴちゃん(Vo/女王蜂)、長岡亮介(G / ペトロールズ)、KenKen(B / RIZE)、中村達也(Dr / LOSALIOSMANNISH BOYS)の4人によるスペシャルプロジェクト[23]
  8. ^ RADWIMPSのフロントマン野田洋次郎のソロプロジェクト。ライブでのサポートは長岡の他、栗本ヒロコ(B / ex. 毛皮のマリーズ)、川崎昭(Dr / mouse on the keys)、Dean Deavall(Key, Cho)、林田順平(Cello, G, Key)など[24]
  9. ^ どちらも元東京事変の伊澤一葉とともに参加。
  10. ^ キーボード小林武史とのコンビ。
  11. ^ 長岡以外のバンドメンバーは、小松シゲル(Dr / NONA REEVES)、村田シゲ(B / □□□)、冨田謙(Key / NONA REEVES)、真城めぐみ(Cho / ヒックスヴィル、ましまろ)[6]
  12. ^ ピアノの世武裕子とのシンガーソングライター・コンビ。
  13. ^ LOVE PSYCHEDELICOと長岡以外のバンドメンバーは、千葉広樹(B)、板東慧(Dr/T-SQUARE)、ゴンドウトモヒコ(Horns, Computer Operating)[5]

出典[編集]

  1. ^ 東京事変 (2007年7月10日). ニューシングル「OSCA」インタビュー. インタビュアー:小野田雄. EMIミュージック・ジャパン.. http://www.tokyojihen.com/vmc/artist/domestic/tokyojihen/interview.php 2016年8月10日閲覧。 
  2. ^ 長岡亮介ブログ「ピンクブログ」プロフィール”. 2013年7月15日閲覧。
  3. ^ a b Georgy Porgyについて...。”. 椎名林檎『性』. Universal Music Japan. 2016年8月10日閲覧。
  4. ^ a b c d 東京事変 - J-WAVE WEBSITE : TOKIO HOT100”. J-WAVE WEBSITE (2010年2月21日). 2013年7月15日閲覧。
  5. ^ a b LOVE PSYCHEDELICO、香港開催「Clockenflap 2015」にヘッドライナーで出演”. Musicman-NET, エフ・ビー・コミュニケーションズ (2015年11月19日). 2016年8月10日閲覧。
  6. ^ a b ORIGINAL LOVEの25周年記念ツアー、ヒット曲連発で熱狂トリプルアンコール”. ナタリー (2016年7月13日). 2016年8月10日閲覧。
  7. ^ パラ閉会式で「東京は夜の七時」に再注目 元「ピチカート・ファイヴ」野宮真貴も「嬉しい気持ち」”. J-CASTニュース (2016年9月19日). 2016年9月20日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ 東京事変 (2007年7月10日). ニューシングル「OSCA」インタビュー. インタビュアー:小野田雄. EMIミュージック・ジャパン.. http://www.tokyojihen.com/vmc/artist/domestic/tokyojihen/interview.php 2016年8月10日閲覧。 
  10. ^ a b c Salyu (2015年3月31日). 「話したいあなたと」第三回:長岡亮介(ペトロールズ). インタビュアー:三宅正一. ガジェット通信.. http://getnews.jp/archives/892751 2016年8月10日閲覧。 
  11. ^ 東京事変. オフィシャルインタビュー 1/2. (インタビュー). 東芝EMI.. オリジナルの2005-11-25時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20051125205041/http://www.toshiba-emi.co.jp/tokyojihen/pop/index2_j.htm 2016年8月10日閲覧。 
  12. ^ ギターマガジン2010年12月号の誌上企画”ギターマガジンが選ぶ!史上最も偉大なギタリスト100人”の中での本人の回答より。
  13. ^ ベースマガジン2007年11月号。
  14. ^ a b c d ROCK with GUITAR”. J-WAVE (2015年11月1日). 2016年8月11日閲覧。
  15. ^ ギターマガジン2010年3月号。
  16. ^ ペトロールズ長岡亮介、ギターを「ゴミ捨て場」で調達!?”. ガジェット通信 (2016年6月18日). 2016年8月10日閲覧。
  17. ^ 長岡亮介ブログ「ピンクブログ」の2008年9月11日木曜日のエントリー” (2008年9月11日). 2013年7月15日閲覧。
  18. ^ SOIL & "PIMP" SESSIONS新作の全貌が明らかに、今晩リード曲初OA”. ナタリー (2016年2月20日). 2016年8月10日閲覧。
  19. ^ 長岡亮介プロデュース、ギター弾くブルースシンガーReiの全国流通盤”. 音楽ナタリー (2015年1月31日). 2015年11月24日閲覧。
  20. ^ THE BAWDIESがペトロールズ長岡プロデュースの新機軸ナンバー発表”. 音楽ナタリー (2015年8月29日). 2015年11月24日閲覧。
  21. ^ 平井堅、綾瀬はるかと共演の新CMで話題“キスしたくなる”新曲に反響”. モデルプレス (2016年6月24日). 2016年8月10日閲覧。
  22. ^ 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET、1stアルバム『The Great Escape』の詳細を公開”. RO69 (2012年9月1日). 2013年7月15日閲覧。
  23. ^ 女王蜂のアヴちゃんらの獄門島一家、初の都内ライヴを10月に開催”. RO69 (2013年8月18日). 2015年11月24日閲覧。
  24. ^ “野田洋次郎ソロ・illion初ライブでUKオーディエンス魅了”. natalie.mu. (2013年3月19日). http://natalie.mu/music/news/86937 2013年3月19日閲覧。 
  25. ^ 大橋トリオ カルテット編成でビルボード東京に出演”. OTOTOY (2012年11月21日). 2013年7月15日閲覧。
  26. ^ 大橋トリオ、新アルバムを携えた全国ツアーが開幕「幸せな感じでしょ?」”. ガジェット通信 (2016年4月18日). 2016年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]