color bars

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
color bars
東京事変スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POPオルタナティヴ
時間
レーベル Virgin Music
プロデュース 東京事変井上雨迩
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD日本レコード協会
  • 東京事変 アルバム 年表
    大発見
    (2011年)
    color bars
    (2012年)
    東京コレクション
    (2012年)
    テンプレートを表示

    color bars』(カラー・バー)は、2012年1月18日EMIミュージック・ジャパンより発売された日本のバンド・東京事変の活動期間において唯一のミニアルバムであり、通算6枚目のスタジオ・アルバムである。

    初回生産分のみカラーバー紙ジャケット仕様、東京事変メンバー・フォトカード封入、「東京事変 Live Tour 2012 Domesique Bon Voyage」抽選予約案内封入。

    概要[編集]

    本作は2011年6月に発売された『大発見』より約半年ぶりとなるアルバム。また、東京事変としては最後のスタジオ・アルバムとなる。本作にはメンバー全員がそれぞれ書き下ろした新曲を1曲ずつ持ち寄った5曲が収録されており、ドラムの刄田綴色の楽曲が初めて収録されている他、ベースの亀田誠治が初めて作詞をした楽曲が収録された。亀田以外は作者自らがボーカルを担当している(椎名林檎浮雲の楽曲は椎名と浮雲のツインボーカル)。収録曲のタイトルは前作『大発見』同様全て全角7文字に揃えられている。

    本作発売後の2012年1月20日には、テレビ朝日系列『ミュージックステーション』で、収録曲の「今夜はから騒ぎ」とデビュー曲である「群青日和」を披露し、東京事変としては最後の出演を果たした。

    収録曲[編集]

    1. 今夜はから騒ぎ(Beaucoup de Bruit pour Rien)
      2012年1月1日より着うた着うたフル、11日よりiTunes Storeで先行配信された。
      この楽曲は2011年に開催された「東京事変 Live Tour 2011 Discovery」の最中に製作され、12月1日の東京公演より新曲として披露されたもの。ミュージック・ビデオも製作され、2013年2月発売のミュージック・ビデオ集『Golden Time』に収録された。
    2. 怪ホラーダスト(Kai Horror Dust)
    3. タイムカプセル(Time Capsule)
    4. sa_i_ta[1](Sa_i_ta)
    5. ほんとのところ(Honto no Tokoro)
      4作目のアルバム『スポーツ』制作時から存在しており、5作目のアルバム『大発見』に収録される予定だった楽曲。しかし、諸事情によりレコーディングが済んでいたにも関わらず、収録見送りとなっていた。『大発見』発売時にスペースシャワーTVで放送された番組「東京事変スペシャル」では「レコーディング時期によくスタジオで流していたほど、いい曲」と、曲名は伏せてメンバー全員が絶賛する場面があった。その後、発売時のインタビュー[2]でも明かし、浮雲は「この曲がなかったらこのアルバムだって存在しなかったかもしれないじゃん」と話している。

    詳細

    • 全編曲:東京事変
    #タイトル作詞・作曲ボーカル時間
    1.「今夜はから騒ぎ」椎名林檎
    • 椎名林檎
    • 浮雲
    2.「怪ホラーダスト」伊澤一葉伊澤一葉
    3.「タイムカプセル」亀田誠治椎名林檎
    4.「sa_i_ta」浮雲
    • 椎名林檎
    • 浮雲
    5.「ほんとのところ」刄田綴色刄田綴色
    合計時間:

    参加メンバー[編集]

    • 東京事変
    vox & drums:椎名林檎
    key & vox:伊澤一葉
    guitar & vox:浮雲
    bass:亀田誠治
    drums & vox:刄田綴色

    脚注[編集]

    1. ^ SR 猫柳本線”. 2012年1月20日16:22閲覧。
    2. ^ SR 猫柳本線”. 2012年7月28日13:48閲覧。

    外部リンク[編集]