KenKen

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KenKen
出生名 金子賢輔
別名 犬兼都知事
生誕 (1985-12-30) 1985年12月30日(31歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区下北沢[1]
ジャンル ロック
オルタナティブ・ロック
ハードコア・パンク
ミクスチャー・ロック
ファンク
ポスト・ロック
ジャズ・ロック
職業 ベーシスト
作詞家
作曲家
音楽プロデューサー
学生
担当楽器 ベース
ギター
ドラム
レーベル コロムビア
事務所 PARADOX Inc.
公式サイト KenKen Official Web Site
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

KenKenケンケン、本名:金子 賢輔[2](かねこ けんすけ)、1985年12月30日[1] - )は、日本ベーシスト血液型はAB型。東京都世田谷区下北沢出身[1]

プロフィール[編集]

父はドラマーのジョニー吉長、母は歌手の金子マリ[3]、兄はドラマー金子ノブアキという音楽一家で育つ[2]。小学生の頃から、ベースとドラム、ギターを始め、8歳の時に兄が貰ってきたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのビデオでベースのフリーに影響を受けて、本格的にベースを練習。15歳の時に、下北沢ライブハウスを拠点にライブ活動を始める[2]

数々のバンド活動やサポートを経て、2005年、『ベース・マガジン』(リットー・ミュージック)企画のオムニバスCDに参加。2006年4月、兄のいるRIZEに加入[2]。同年6月にコロムビアミュージックエンタテインメント傘下のトライアドからソロ・アーティストとしてもメジャー・デビュー[1]2011年現在、RIZE,KenKen of INVADERS,SPEEDER-X,WAGDUG FUTURISTIC UNITY,THE STALIN Zや二枚舌などのバンドにて活動している。FUZZY CONTROLの元メンバーであった。

原発問題・放射能問題についての団体「オペレーション・コドモタチ」の賛同者[4]

2016年N高等学校に第一期生として入学[3]

評価[編集]

2007年4月号『ベース・マガジン』の表紙を、過去最年少(21歳)で飾り、巻頭特集では「その実力が、若手筆頭と言っても過言でない」「若き低音のカリスマ」と紹介された。同誌の2006年1月号2008年2月号2011年3月号でも他のベーシスト数名と共に表紙と巻頭特集に取り上げられているほか、2006年8月号、2007年7月号、12月号でも記事が掲載された[5]

『ロック・ジェット』誌 Vol.28(2007年6月発売)にも、レッド・ホット・チリ・ペッパーズへの思いなどを語ったインタビュー記事が掲載された[6]

参加バンド[編集]

  • JERK EGGPLANT(2001年 - 2004年)
  • SUPER Goooooood!(2002年 - ) - 高田エージ率いる総勢28人の大所帯バンド
  • 二枚舌(2002年 - ) - ATSUSHI(G,Vo)=番長、D.I.E.(Key)=主任、スティーブ・エトウ(Pa)=監督、KenKen(B.)=若
  • STARS(2002年 - 2004年) - 鮫島巧(G)、U-TA★ROCK(Vo)、川野直輝(Dr)と組んだバンド
  • Screaming Soul Hill(2005年)
  • SHAG - SUGIZOのバンド
  • RIZE(2006年4月 - )
  • KENKEN of INVADERS - KenKenのソロ活動のバンド
  • TORCERSE(トルセルセ) - 実兄である金子ノブアキとのユニット
  • SPEEDER-X(2009年 - ) - 中村達也とのセッションユニット
  • FUZZY CONTROL - 結成時のメンバーであったが諸事情で脱退している。
  • Dragon Ash - サポートメンバー[7]。馬場育三が療養中および逝去後、ライブやレコーディングに参加している。
  • LIFE IS GROOVE - 2013年結成のスピードファンクバンド。KenKen(Ba,Vo)、ムッシュかまやつ(G,Vo)、山岸竜之介(G,Vo)
    • KenKenの親友であるミュージシャンで「一番年配と一番若い、そして他と2人がよく似ていることからバンド結成を決意した。」
    • 2014年2月、TBS系音楽番組「アーティスト」出演、8月にはライジング・サン・ロックフェスティバルに出場。
    • 2015年11月、NHK「MUSIC JAPAN」出演。ブルーノート東京に出演。

作品[編集]

アルバム[編集]

  1. PARTY of INVADERS (2006年6月21日) - 18歳のときから作品の制作をはじめ、ドラム、ベース、ギター、プログラム、ヴォーカル全てを自身で演奏、アレンジ、プロデュースした。
  2. ARRIVAL of INVADERS (2007年10月24日) - 3枚組の通常盤と1枚の普及盤の2種類がある。湯川潮音等がゲスト参加。 

出演[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

監修・プロデュース[編集]

  • アプリ「KenKenが教えるベースギター#1」(2013年5月7日) - 全体・右手・左手のカメラ切替機能、スロー再生機能を搭載した映像でおぼえるベースギター教則アプリ[10]
  • ミニベース(2016年)[11]
  • PS4(R) Lineup Music Video「Boost Your Play」ft. KenKen+アイナ・ジ・エンドBiSH)+鎮座DOPENESS(2017年)[12]

その他[編集]

  • ACジャパン2017年度全国キャンペーン「TOKYOだけじゃない」』(2017年) - テレビCM及びラジオCMにおいてベース演奏で参加[13][14]

関連アーティスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Biography”. KenKen Official Web Site. PARADOX. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d KenKen プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2016年4月7日). 2017年9月21日閲覧。
  3. ^ a b 花 (2015年12月25日). “RIZE・KenKen、30歳で高校進学を決意 「学校に行っていない事が弱点だった」”. RBB TODAY. 2016年1月1日閲覧。
  4. ^ 賛同者 オペレーション・コドモタチ 公式ブログ
  5. ^ 『ベース・マガジン』誌バックナンバー
  6. ^ 『ロックジェット』誌 Vol.28
  7. ^ Dragon Ash よりお知らせ”. Dragon Ash Official Website (2011年6月22日). 2011年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月21日閲覧。
  8. ^ KenKenらナビゲーターのラジオ新番組、サウンドプロデュースは渋谷慶一郎”. 音楽ナタリー (2016年3月7日). 2016年3月12日閲覧。
  9. ^ 松岡、KenKen、満島、渡辺がラジオ新番組でバチバチ”. TOKYO HEADLINE (2016年3月7日). 2016年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月21日閲覧。
  10. ^ iPhone&iPad/Androidアプリ「KenKenが教えるベースギター#1」App Store&Google Playで発売中!”. kenkenweb (2013年). 2017年9月21日閲覧。
  11. ^ KenKen監修のミニベース完成。「音が良くて驚き!」”. BARKS (2016年4月29日). 2017年9月21日閲覧。
  12. ^ KenKen、PS4新作タイトル紹介映像曲をプロデュース。BiSHアイナ、鎮座DOPENESSも参加”. BARKS (2017年9月20日). 2017年9月21日閲覧。
  13. ^ TOKYOだけじゃない(全国キャンペーン)”. 公益社団法人ACジャパン. 2017年10月12日閲覧。
  14. ^ KenKen公式Twittr 2017年7月17日付
  15. ^ http://www.jes1988.com/hao/topics_old.html

外部リンク[編集]