山岸潤史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山岸潤史
山岸潤史(ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル, 2004)
基本情報
出生名 山岸潤史
別名 June
出生 1953年6月6日
出身地 三重県伊勢市
ジャンル R&B, ブルース, ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター
活動期間 1970年 -
共同作業者 ウエストロード・ブルースバンド
ソー・バッド・レビュー
チキンシャック
バンド・オブ・プレジャー
ワイルド・マグノリアス
パパ・グロウズ・ファンク
ジョニー・ヴィダコヴィッチ・トリオ

{{{Influences}}}

山岸潤史 (やまぎしじゅんし、1953年6月6日三重県伊勢市生まれ[1][2]) は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動するギタリスト。パパ・グロウズ・ファンクワイルド・マグノリアスでギターを担当している。

来歴[編集]

山岸は1970年代初頭より、日本のブルース、ジャズ・シーンで活動している。1972年に、彼は永井"ホトケ"隆 (vo.)、塩次伸二 (gt.)、小堀正 (b.)、松本照夫 (ds.)といった面々とウエストロード・ブルースバンドを結成した。当時活況を呈していた関西のブルース・シーンにおいて、彼らは主要なバンドのひとつとして知られるようになった。

1975年、山岸はソウル・バンドのソー・バッド・レビューに加入。1979年には、初の自己名義のアルバムリアリー?!をリリースした[1]

1980年代には、Myx (ミックス)、チキンシャックと言ったバンドで活動し、1990年代になると、デイヴィッド・T・ウォーカージェイムズ・ギャドソンらとバンド・オブ・プレジャーを結成。3枚のアルバムをリリースし、解散した。

1995年、山岸は日本で積み上げたキャリアを捨て、ニューオーリンズへ移住した。現在もここを拠点に活動を続けている。ニューオーリンズで活動するようになってから、彼は前述の2バンドの他にも、アール・キングヘンリー・バトラーダヴェル・クロフォードマーヴァ・ライトジョージ・ポーターJr.ら数多くのミュージシャンとの共演を重ねた。

2007年には、ウエストロード時代からの旧知の仲である塩次伸二とともにオール・ブルース・アルバム、トゥギャザー・アゲイン〜ブルース・イン・ニューオーリンズをニューオーリンズでレコーディングした。このアルバムには、地元ジョン・グロウ、マーヴァ・ライトら地元ミュージシャンが参加した。

2012年にはチキンシャックを再結成し、リユニオン・ツアーを行う。翌年6月には23年ぶりにオリジナルアルバムをリリースし[3]、当年にもツアーを行った。

ディスコグラフィー[編集]

ソロ作[編集]

ウエストロード・ブルースバンド[編集]

  • 1973年 Live in Magazine No.1/2 (Chu Chu Record)
  • 1975年 Blues Power (Bourbon)
  • 1975年 Live in Kyoto (Bourbon)
  • 1984年 Junction (Invitation)
  • 1995年 Live in New York (Zain)

[4]

チキンシャック[編集]

  • 1986年 Chickenshack I (メルダック)
  • 1986年 Chickenshack II (メルダック)
  • 1986年 Urban Square (オリジナル・サウンドトラック) (メルダック)
  • 1987年 Loving Power (メルダック)
  • 1987年 Chickenshack III (メルダック)
  • 1988年 Chickenshack IV (メルダック)
  • 1989年 Chickenshack V (メルダック)
  • 1990年 Loving Power II (メルダック)
  • 1990年 Chickenshack VI (メルダック)[5]
  • 2013年 Chickenshack VII (キング)

バンド・オブ・プレジャー[編集]

[6]

ワイルド・マグノリアス[編集]

  • 1996年 1313 Hoodoo Street (AIM)
  • 1999年 Life is a Carnival (Metro Blue)
  • 2002年 30 Years & Still Wild (AIM)

[7]

パパ・グロウズ・ファンク[編集]

[8]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]