デイヴィッド・T・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デイヴィッド・T・ウォーカー(David T. Walker, 1941年6月25日 - )は、アメリカ合衆国ギタリストソウルミュージックR&Bジャズなどのジャンルにクロスオーバーしたギタリストである。ボビー・ウーマックのアルバム「ザ・ポエト」[1](1981)、マイケル・ジャクソンの「ガット・トゥ・ビー・ゼア」、ニック・デカロの「アンダー・ザ・ジャマイカン・ムーン」(1974)などでの名演でも知られている。

概要[編集]

ボビー・ウーマックマーヴィン・ゲイ、ラブ・アンリミテッド・オーケストラ、ニック・デカロ、ジャクソン5マイケル・ジャクソン、タヴァレス[2]、ジョニー・ブリストル、クインシー・ジョーンズクルセイダーズフォー・トップス、ディー・ディー・ブリッジウォーター、ダイアナ・ロススティーヴィー・ワンダーらのアルバムを始め、数多くの作品に参加している。デイヴィッドがギターとして参加したヒット曲には、ジャクソン5の「ネヴァー・キャン・セイ・グッバイ」、帰ってほしいの(I Want You Back)、ABCアイル・ビー・ゼア(I'll Be There)なども含まれる。

日本の音楽界での人気も高く、数多くの日本人ミュージシャンと共演した。過去に共演したミュージシャンには、井上陽水(二色の独楽)、安室奈美恵阿川泰子上田正樹松岡直也吉田美奈子古内東子DREAMS COME TRUEらがいる。

来歴[編集]

アメリカオクラホマ州タルサ生まれ。父親は黒人、母親はチェロキーの血を引く。8人兄弟の長男。14歳までセントラルカリフォルニアの農場で育つ。小学校でサックスを吹き、中学・高校でマーチングバンドを経験。15歳のとき家族はロサンゼルスに戻り、近所の教会で演奏されていたゴスペルがきっかけでギターを始める。その後バンド「キンフォークス」を結成し、高校卒業後親元を離れニューヨークに移り、プロミュージシャンとしての活動を開始する。彼がギタリストとして名を知られるようになったのは、やはりモータウンとのかかわりが大きい。その後、1968年にはソロ・アルバムも発表している。

80年代には、ボビー・ウーマックのソウル・アルバム「ザ・ポエト」「ザ・ポエトII」[3]の2枚に参加している。

2000年以降の活動[編集]

初来日よりおよそ40年の時を経た2007年、長らく廃盤となっていたオリジナルアルバムが次々に再発されたほか、5月には日本初となる単独公演を開催。東名阪を周る日本ツアーを行い、東京公演の模様を収めたDVDも発売された。12月には東京、横浜、札幌にて再来日公演が開催された。

2008年11月には、日本のバンドDREAMS COME TRUEのサポートをしていた縁で、彼らの自主レーベルDCT recordsよりオリジナルアルバムThoughtsをリリース。同月には東京、大阪、福岡を周るツアーを行い、以後定期的に国内で公演を行なっている。同時期にマリーナ・ショウのツアーにも同行していた。2009年11月に、アルバムWear My Loveを、2010年にアルバムFor All Timeをリリース。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]