DREAMS COME TRUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DREAMS COME TRUE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間 1989年 -
レーベル
事務所
公式サイト DREAMS COME TRUE公式サイト
メンバー
旧メンバー 西川隆宏キーボード

DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)は、吉田美和中村正人の2人からなる日本バンドである。2002年まではキーボード担当の西川隆宏が在籍していたが脱退した。所属事務所はDCTentertainment、レコード会社ユニバーサルミュージック / DCT records。公式ファンクラブは「POWER PLANT」。一般的な略称はドリカム。さらに縮めてドリDCTとも呼ばれる。

メンバー[編集]

旧メンバー

概要[編集]

  • 中村正人がソフィスティ・ポップに分類されるスウィング・アウト・シスターの音楽性と吉田美和の歌唱力に衝撃を受けた後、1988年1月に結成。
  • 1989年3月21日、1stシングル『あなたに会いたくて』と1stアルバム『DREAMS COME TRUE』同時リリースでデビュー。1990年代にその人気はアルバムセールスにおいて圧倒的な存在感を見せた[4]。1989年の2ndアルバム『LOVE GOES ON…』、1990年発売の3rdアルバム『WONDER 3』は売上枚数100万枚以上、1991年発売の4thアルバム『MILLION KISSES』から1996年発売の8thアルバム『LOVE UNLIMITED∞』、1997年と2000年に発売したベスト盤2作(うち1作は非公認のもの)は売上枚数200万枚以上を記録した。売上枚数200万枚を突破したアルバムは計7作品あり、これは全アーティストの中で最多である。中でも1992年の5thアルバム『The Swinging Star』はオリコン史上初の累計売上枚数300万枚を突破した作品となった[5]。その後1999年の10thアルバム『the Monster』でもミリオンセラーを達成している。2015年にリリースしたオールタイム・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム』では、累計出荷100万枚を記録。
  • シングルでは1990年発売の『笑顔の行方』で初のオリコンTOP10入りを果たすと、1991年『Eyes to me/彼は友達』でオリコン1位を獲得、その後1992年から1995年にかけて『決戦は金曜日/太陽が見てる』、『go for it!/雨の終わる場所』、『WINTER SONG』(再発盤との合算)、『サンキュ.』、『LOVE LOVE LOVE/嵐が来る』の5作品がミリオンセラーとなり、中でも『LOVE LOVE LOVE/嵐が来る』は売上枚数240万枚以上になっている。
  • 元々は1985年から1988年までの間、とんねるずのコンサートツアーでバック・バンドのベーシストだった中村が、1988年のコンサートツアー時に吉田をバック・コーラスに招聘した事から始まった。[注釈 1](デビュー前に小泉今日子のサポート・メンバーを2人が行っていたと言われることがあったが、吉田のみが出演しており、中村ではなく弟が参加していた)。
  • 楽曲を製作する際は「詞が先、曲が先、どちらもある」ということで、吉田は「マサくん(中村)が作曲する時は曲が先」と話している。また作曲の際に楽器はほぼ使わないということで、メロディーが思い浮かぶ時は大概詞も一緒に来るので「大体忘れないので、その時に録っておいたり、書いておいて貯めている」という[6]

バンド名[編集]

当初は「CHA-CHA & AUDREY's Project」(チャチャ・アンド・オードリーズ・プロジェクト)というグループ名を名乗っていたが、数ヶ月後に“夢はかなう”を意味する「DREAMS COME TRUE」に改名。

トラブル[編集]

中村は「500万枚CDを売ることと、グラミー賞を獲ること」を一生の夢と述べており[7]、ロンドンやニューヨークでレコーディングを行ったこともある。1994年には映画「THE SWAN PRINCESS」のエンディングテーマ「ETERNITY」で海外進出している。

1997年にレコードレーベルヴァージン・レコード・アメリカに移籍し、同時にプライベート・レーベルVirgin/D.C.T.を設立。本格的にアメリカ進出を視野に入れた活動になった(国内販売は東芝EMIが担当した)。しかし、これは日本の音楽業界の慣例を無視したものであった。肝心の米国での活動も芳しいものではなく、本格的なアメリカ進出作となったアルバム『SING OR DIE』にしても、ニューヨークタワーレコードなどで週間売上の上位にランクインしたものの、実際には現地での購買層はほぼすべてが日本人であったとされる[8]。中村は後に「(米国でのチャレンジは)失敗だった。(アメリカの)レコード会社もクビになったし、勉強不足も甚だしくて、そこでバンドが終わってもしょうがないっていう状況まで追い込まれた」と振り返っている[9]。結局、ヴァージンを解雇となり米国から撤退したが、その後日本においても完全に干される状態となり、事務所を退所し個人事務所を設立した。2年の間はひたすら各放送局を謝罪行脚して回り、ようやく仕事がもらえるようになったのは5年後からだったという[10]

元々結成当初よりユニット内においての立場が微妙であった西川はかねてより多数のトラブルを抱えていたが、これ以上庇いきれないという事務所の判断[要出典]により2002年に脱退を発表。事実上の解雇であった。西川は直後に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。

影響力[編集]

来歴[編集]

※オフィシャル・ウェブサイトの「Biography[17]」参照

1988年 - 2000年[編集]

デビュー前[編集]

  • 1987年(昭和62年)
    • 吉田美和が中村正人に初めて会った際に自身の歌を聴いてもらい、グループ結成が決まる。その時の歌は後にグループとして発表する「うれしはずかし朝帰り」、「週に一度の恋人」であった。
  • 1988年(昭和63年)
    • 1月:「CHA-CHA & AUDREY's Project」を結成。その後、渋谷TAKE OFF7を中心に、六本木ネイルズなどでもライブ活動を行い、短期間でDREAMS COME TRUEに改名する。集客数拡大戦略の一環として、夢の『渋谷公園通りの坂上がり』を目標に掲げた。

デビュー後[編集]

2001年 - 2010年[編集]

  • 2005年(平成17年)
    • 2月16日:35thシングル『何度でも』リリース。フジテレビ系「救命病棟24時」主題歌/住友生命ブランドパートナー新TVCMソング
    • 2月23日:ライヴDVD『DCT-TV スペシャル DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2003 DOCUMENTARY』発売。
    • 5月31日:「吉田美和が欲しいもの」を実現するブランド『what mee mee wants』オープン。
    • 7月27日:ライヴDVD『DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2005 DIAMOND15』発売。
    • 9月1日:吉田美和がロッテガーナミルクチョコレート CMに出演。
    • 11月30日:36thシングル『JET!!! / SUNSHINE』(「M1.JET!!!」はロッテガーナミルクチョコレートCMソング、「M2.SUNSHINE」は「めざましテレビ」テーマソング)リリース。映画『amorétto』DVD発売。
    • 10月2日:吉田の故郷北海道中川郡池田町に「DCTgarden IKEDA」オープン[19][20]

2011年 - 2020年[編集]

2021年 -[編集]

  • 2021年(令和3年)
    • 2月22日:DREAMS COME TRUE 中村正人がコンセプター/発案者として猫専用ユニットバス『ネコレット』制作参加。
    • 5月17日:DREAMS COME TRUE出演 伊藤園「お~いお茶」WEB CM公開。
    • 7月7日:シングル『次のせ〜の!で – ON THE GREEN HILL – DCT VERSION』配信。(伊藤園「お~いお茶」タイアップソング)、ライヴDVD/Blu-ray『DREAMS COME TRUE / WINTER FANTASIA 2020 – DOSCO prime PARTY !!! -』リリース。
    • 9月16日:シングル『次のせ〜の!で – ON THE GREEN HILL ₋ MASADO & MIWASCO VERSION』配信。ゲームソフト『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の⼈気キャラクターである “ソニック” が初コラボレーション。
    • 9月22日:55thシングル『次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL -』リリース。
    • 10月1日:沖縄アリーナのアンバサダーに、DREAMS COME TRUE 中村正人就任。
  • 2022年(令和4年)
  • 2023年(令和5年)
    • 1月7日:「スピリラ×YKBX展」開催。(〜2023年1月15日)
    • 3月5日:SKY-HI × 日本テレビによる新たな大型プロジェクト「D.U.N.K. Showcase」に出演
    • 5月6日:ライヴDVD/Blu-ray『STAR CHANNEL presents DREAMS COME TRUE 5つの歌詩(うた)』リリース。
    • 7月1日:札幌ドームより、4年に一度のベストヒットライブツアー「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023」を開催。
  • 2024年(令和6年)
    • 1月31日:ライヴDVD/Blu-ray『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023』とライヴ写真集『ALL ABOUT 2023 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND』同時発売。

作品[編集]

スタジオ・アルバム

  1. DREAMS COME TRUE(1989年)
  2. LOVE GOES ON…(1989年)
  3. WONDER 3(1990年)
  4. MILLION KISSES(1991年)
  5. The Swinging Star(1992年)
  6. MAGIC(1993年)
  7. DELICIOUS(1995年)
  8. LOVE UNLIMITED∞(1996年)
  9. SING OR DIE(1997年)
  10. the Monster(1999年)
  11. monkey girl odyssey(2001年)
  12. DIAMOND15(2004年)
  13. THE LOVE ROCKS(2006年)
  14. AND I LOVE YOU(2007年)
  15. DO YOU DREAMS COME TRUE?(2009年)
  16. LOVE CENTRAL(2010年)
  17. ATTACK25(2014年)
  18. THE DREAM QUEST(2017年)

シングル

  1. あなたに会いたくて(1989年)
  2. APPROACH(1989年)
  3. うれしはずかし朝帰り(1989年)
  4. LAT.43°N〜forty-three degrees north latitude〜(1989年)
  5. 笑顔の行方(1990年)
  6. Ring! Ring! Ring!(1990年)
  7. さよならを待ってる(1990年)
  8. 雪のクリスマス(1990年)
  9. Eyes to me/彼は友達(1991年)
  10. 忘れないで(1991年)
  11. 決戦は金曜日/太陽が見てる(1992年)
  12. 晴れたらいいね(1992年)
  13. go for it!/雨の終わる場所(1993年)
  14. WINTER SONG(1994/1998年)
  15. WHEREVER YOU ARE(1994年)
  16. すき/きづいてよ(1994年)
  17. サンキュ.(1995年)
  18. LOVE LOVE LOVE/嵐が来る(1995年)
  19. ROMANCE/家へ帰ろ(1995年)
  20. そうだよ/誘惑(1996年)
  21. PEACE!/MARRY ME?(1997年)
  22. あはは(1998年)
  23. 朝がまた来る(1999年)
  24. なんて恋したんだろ(1999年)
  25. SNOW DANCE(1999年)
  26. 24/7 -TWENTY FOUR/SEVEN-(2000年)
  27. 好きだけじゃだめなんだ(2001年)
  28. Go On, Baby! -universal mix-(2001年)
  29. いつのまに(2001年)
  30. IT'S ALL ABOUT LOVE(2002年)
  31. やさしいキスをして(2004年)
  32. マスカラまつげ/はじまりのla(2004年)
  33. OLA! VITORIA!(2004年)
  34. ラヴレター(2004年)
  35. 何度でも(2005年)
  36. JET!!!/SUNSHINE(2005年)
  37. もしも雪なら/今日だけは(2006年)
  38. 大阪LOVER(2007年)
  39. きみにしか聞こえない(2007年)
  40. ア・イ・シ・テ・ルのサイン 〜わたしたちの未来予想図〜(2007年)
  41. またね(2008年)
  42. MERRY-LIFE-GOES-ROUND/TRUE, BABY TRUE.(2008年)
  43. 連れてって 連れてって(2008年)
  44. GOOD BYE MY SCHOOL DAYS(2009年)
  45. その先へ(2009年)
  46. ねぇ(2010年)
  47. 生きてゆくのです♡(2010年)
  48. LIES, LIES.(2010年)
  49. MY TIME TO SHINE(2012年)
  50. さぁ鐘を鳴らせ/MADE OF GOLD -featuring DABADA-(2013年)
  51. この街で(2013年)
  52. AGAIN(2014年)
  53. あなたとトゥラッタッタ♪/THE WAY I DREAM(2018年)
  54. YES AND NO/G(2020年)
  55. 次のせ〜の!で -ON THE GREEN HILL-(2021年)
  56. 羽を持つ恋人(2022年)
  57. UP ON THE GREEN HILL from Sonic the Hedgehog Green Hill Zone(2022年)
  58. スピリラ(2022年)

ゲーム関連[編集]

  • Dancing Stage featuring DREAMS COME TRUE(コナミ
    • Dance Dance Revolution(DDR)シリーズの邦楽バージョン「Dancing Stage」の2作目として製作された(吉田美和曰く「ドリドリダンスレボリューション」)。アーケード版が1999年12月25日から稼動開始された。正式発売に先立ち、『ドリカムワンダーランド'99 冬の夢』の会場でロケテストが行われ、来場した人は無料でプレイすることができた。またコンサート本編でも「go on, baby!」の曲中で舞台上のビジョンにDDR風の画面が登場し、舞台上のメンバーはもちろん観客を含む全員で画面に合わせてステップを踏むという演出があった。
    • 2000年4月20日にはプレイステーション版が発売された。こちらはベスト・アルバム『DREAMS COME TRUE GREATEST HITS "THE SOUL"』とコラボレーションしており、アルバムのCDがゲーム機に挿入すると追加曲をプレイすることができるアペンドディスクになっている。
  • beatmania featuring DREAMS COME TRUE(コナミ)
    • beatmaniaシリーズの作品。アーケード版・プレイステーション版ともに2000年5月31日より稼動開始・発売された。

コンピレーション・アルバム[編集]

太字はドリカム本体側のCDに未収録

リリース日 アルバム 収録曲
1989/04/21 BEAT EXPRESS Vol.4 「あなたに会いたくて」
1989/08/21 BEAT EXPRESS Elegance 「APPROACH」
1990/01/01 BEAT EXPRESS Elegance II 「LAT.43°N ~forty-three degrees north latitude~」
1990/08/01 BEAT EXPRESS Vol.6 「笑顔の行方」
1991/02/01 BEAT EXPRESS Vol.7 「さよならを待ってる」
1991/03/21 BEAT EXPRESS ORIGINAL KARAOKE VOX for WOMEN 「笑顔の行方」「笑顔の行方(カラオケ)」
1991/03/21 BEAT EXPRESS ballad 150min 「未来予想図II」
1991/07/25 BEAT EXPRESS Vol.8 「KUWABARA KUWABARA」
1991/11/15 BEAT EXPRESS X'mas eve 「サンタと天使が笑う夜」
2002/11/20 EPIC 25 1986〜1990 「うれしはずかし朝帰り」
2002/12/28 WOW! ムービー 〜スーパースター・ヒッツ 「crystal vine」
2003/08/27 音椿 〜 the greatest hits of SHISEIDO 〜 紅盤 「go for it!」
2004/03/31 WOW! ディズニーマニア・ジャパン 「crystal vine」
2004/11/10 Wonderful Christmas 「WINTER SONG」
2005/09/30 HAPPY BIRTHDAY,JOHN BEAUTIFUL BOY(Darling Boy)」(「あはは」に収録されているものとは異なる再レコーディングバージョン。)
2007/03/21 sakura songs 「めまい」
2007/08/22 CLIMAX 〜DRAMATIC SONGS 「LOVE LOVE LOVE」
2008/02/20 シュウカツ!! 「何度でも」
2008/07/02 恋のうた 「何度でも」
2008/10/29 .LOVE 「LOVE LOVE LOVE -ENGLISH VERSION-」
2009/02/18 J-ポッパー伝説2 [DJ和 in WHAT's IN? 20th MIX] 「うれしい! たのしい! 大好き! ('EVERLASTING' VERSION)」
2009/03/04 i 〜ずっと、ずっと、愛してる〜 「やさしいキスをして」
2009/06/10 恋のうた2 「大阪LOVER」
2009/10/07 きみのミカタ 「きみにしか聞こえない」
2009/11/04 .LOVE more 「未来予想図II 〜VERSION'07〜」
2009/12/23 CDTV NO.1HITS 〜コイウタ〜 「LOVE LOVE LOVE」
2010/02/24 ありがとうのうた 「サンキュ.」
2010/03/03 めざましテレビ ガクナビ-青盤- 「LOVE LOVE LOVE」
2010/03/10 LOVE NATION 〜gift for the children〜 「何度でも」
2010/03/17 胸キュン90's 〜ひとりで聴きたい恋の唄〜 「LOVE LOVE LOVE」
2010/03/24 終わらない恋がしたい 「LOVE LOVE LOVE」
2010/03/24 恋のうた -泣きラブ- 「ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~」
2010/04/28 HOLIDAY tunes 〜おでかけモード 「晴れたらいいね」
2010/08/18 クライマックス・スウィート〜女性ヴォーカル・セレクション 「サンキュ.」
2010/10/06 Love Songs 〜恋しくて〜 「あなたに会いたくて」
「す き」
2010/11/17 冬キブン 「雪のクリスマス」
2010/11/24 〜LOVE&PEACH〜けっこんのうた 「LOVE LOVE LOVE」
2010/12/01 恋のうた WINTER BEST 「WINTER SONG 〜DANCING SNOWFLAKES VERSION〜」
2010/12/22 クライマックス〜J-バラード・スタンダード 「未来予想図II〜VERSION '07〜」
2011/01/11 .LOVE tender 「ねぇ」
2011/04/02 - 09/30 アイのうた〜東日本大震災チャリティ・アルバム 「何度でも」
2011/04/27 HOLIDAY tunes 〜うきうきモード 「go for it!」
2020/08/26 歌姫~ベスト・ナインティーズ~ 「LOVE LOVE LOVE」

コラボレーション・楽曲提供[編集]

※当初はコラボレーション・楽曲提供は少なかったが、2000年頃から他のアーティストとの交流が盛んになった[注釈 2]

オリジナル楽曲
コラボレーション楽曲
リミックス
参加楽曲
  • ZERO LANDMINE - N.M.L.(NO MORE LANDMINE)(2001年4月25日)
楽曲提供
プロデュース / エグゼクティヴ・プロデュース
※2002年にインディーズレーベルとして「DCTrecords」を設立してからは若手アーティストのプロデュースも行うようになっている。

未商品化作品[編集]

沈没船のモンキーガール 〜WORLDWIDE VERSION〜
1996年の『LOVE UNLIMITED∞』ツアー時、「モンキーガール 豪華客船の旅」の歌い出し前の演出でBGMとして微かに使用された。
SONG OF JOY Tony Moran Remix Edit / JIMI JAMM RADIO EDIT / King Masa Remix
『SING OR DIE』のプロモーションのためにVirginRecordsからCD及びレコードでアメリカのクラブに配布され、日本国内では一部のDJ向けレコード屋でレコード版が少数販売された。
著名なハウスミュージックのremix作成者であるTony MoranによるRemix、「Tony Moran Remix Edit」がメインで、他に「JIMI JAMM RADIO EDIT」「KING MASA REMIX」「LP VERSION」が収録されている。
好きだけじゃだめなんだ -King house mix-
プロモーション用に配布されたレコード盤のみに収録された。
愛と死をみつめて 〜DREAMS COME TRUE VERSION〜
テレビ朝日系列のスペシャルドラマ『愛と死をみつめて』の主題歌。テレビ朝日の携帯電話サイトで着うたが配信された(2006年3月末配信終了)。
未来予想図II 〜ENGLISH VERSION〜
HONDA "オデッセイ" CMソング。着うたのみの配信となっている。
ONE LAST DANCE, STILL IN A TRANCE (Gomi Remix)
クラブ向けに配布された音源。
愛がたどりつく場所 (Gomi's Digital Reggae Remix)
クラブ向けに配布された音源。

タイアップ一覧[編集]

(詳細は一覧表を参照)

フジテレビ系ドラマ『救命病棟24時』で全てのシリーズで主題歌を担当している。

NHK連続テレビ小説』の主題歌を2度担当した唯一のアーティストでもある。

曲名 タイアップ
APPROACH ぴあMap'89 & ぴあMap文庫'89キャンペーン・キャラクター /キャンペーン・ソング
悲しいKiss 東宝系映画『山田ババアに花束を』挿入歌
うれしい! たのしい! 大好き! グリコポッキー」CMソング
東宝系映画『7月7日、晴れ』挿入歌
株式会社ディーシーカードDC Card」CMソング
東宝系映画『山田ババアに花束を』主題歌
未来予想図II SONY ハンディカムCFソング
笑顔の行方 TBS系ドラマ『卒業』主題歌
ひさしぶりのI Miss You 東宝系映画『山田ババアに花束を』挿入歌
Eyes to me フジカラー SUPER HG400キャンペーンソング
彼は友達 ダイドードリンコ ダイドーブレンドコーヒーイメージソング
未来予想図 富士フイルム CMソング
決戦は金曜日 フジテレビ系「うれしたのし大好き〜Friday Night Live〜」オープニング・テーマ
フジテレビ系「うれしたのし大好き〜Friday Night Live〜」
決戦は金曜日 - DOSCO prime Version - 東京シティ競馬」新CM
太陽が見てる FUJICOLOR SUPER Gシリーズキャンペーンソング
晴れたらいいね NHK連続テレビ小説ひらり」主題歌
go for it! '93 秋 資生堂"レシェンテ"CMソング
東宝系映画『7月7日、晴れ』挿入歌
LOVETIDE SONY PRO PIXY ESPRIT CFソング
a little waltz 日本コカ・コーラ爽健美茶」CMソング
PS2「牧場物語Oh!ワンダフルライフ」主題歌
いろんな気持ち 資生堂「レシェンテ」CMソング
WINTER SONG 映画「めぐり逢えたら」オープニングテーマソング
東宝系映画『7月7日、晴れ』挿入歌
SONY MDウォークマンCMソング
WHEREVER YOU ARE TBS系ドラマ「長男の嫁」主題歌
東宝系映画『7月7日、晴れ』挿入歌
ETERNITY アニメーション映画「スワン・プリンセス/白鳥の湖」エンディング・テーマ
サンキュ. 日本テレビ「それって日テレ?」キャンペーンソング
The Signs of LOVE 〜ETERNITY ”DELICIOUS” Version+〜 東宝系映画『7月7日、晴れ』挿入歌
LOVE LOVE LOVE TBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』主題歌&挿入歌
SUBARUインプレッサ」CMソング[37]
嵐が来る TBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』挿入歌
ROMANCE TBS系ドラマ「長男の嫁2」主題歌&挿入歌
家へ帰ろ TBS系ドラマ『長男の嫁』第2シリーズ挿入歌
7月7日、晴れ 東宝系映画『7月7日、晴れ』主題歌
SONG OF JOY JAL 「ラスベガス直行便キャンペーン」CMソング
朝がまた来る フジテレビ系ドラマ「救命病棟24時」主題歌&挿入歌[注釈 3]
三日月 フジテレビ系ドラマ「救命病棟24時」挿入歌
なんて恋したんだろ 森永アロエヨーグルトCMソング
MARRY ME? 日本テレビ系ドラマ「本家のヨメ」
dragonfly DDI Group CFソング
SNOW DANCE DDIグループCMイメージソング
安比総合開発(株) 安比高原スキー場のプロモーション
わすれものばんちょう NHK教育それゆけこどもたい』オープニングテーマ
24/7 -TWENTY FOUR/SEVEN- TBS系『世界・ふしぎ発見!』エンディング・テーマ
Go On, Baby! -universal mix- コンフェデレーションズカップ2001/フジテレビ番組イメージソング[38]
いつのまに フジテレビ系ドラマ『救命病棟24時』主題歌
crystal vine ウォルト・ディズニー生誕100周年記念作品『アトランティス/失われた帝国』の主題歌
IT'S ALL ABOUT LOVE 爽健美茶+DREAMS COME TRUEコラボレーションソング
SNOW DANCE -a capella version- 安比高原2003-2004シーズン イメージソング
やさしいキスをして TBS系日曜劇場「砂の器」主題歌
THIS IS IT! YOU'RE THE ONE! I KNEW IT! -「うれしい!たのしい!大好き!」ENGLISH VERSION - Hondaオデッセイ」CMソング
LOVE LOVE LOVE -ENGLISH VERSION-
マスカラまつげ ニベア花王「ニベアボディ薬用ホワイトニングUV」CMソング
スターチャンネルEX オリジナルドラマ『5つの歌詩』テーマソング
はじまりのla ロッテガーナミルクチョコレート CMイメージソング
OLA! VITORIA! TBSヨーロッパサッカー2004テーマソング
ラヴレター 映画『アマレット』主題歌
未来を旅するハーモニー 2004年度「NHK全国学校音楽コンクール」小学校の部課題曲
朝日の洗礼 ボーダフォン803T」CMソング
何度でも フジテレビ系ドラマ『救命病棟24時』主題歌
T-JOY映画『Mayu -ココロの星-』主題歌
住友生命ブランドパートナー新TVCMソング
スターチャンネルEX オリジナルドラマ『5つの歌詩』テーマソング
JET!!! ロッテガーナミルクチョコレートCMソング
JET!!! 〜album version〜 「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」期間限定の追加BGM
SUNSHINE フジテレビ系列『めざましテレビ』テーマソング
WINTER SONG 〜DANCING SNOWFLAKES VERSION〜 Honda「オデッセイ」CMソング
PROUD OF YOU アサヒスーパードライ「2006 WORLD BASEBALL CLASSIC」日本代表応援CMソング
めまい テレビ朝日系ドラマスペシャル『愛と死をみつめて』主題歌
愛と死をみつめて 〜DREAMS COME TRUE VERSION〜
今日だけは ロッテ「ガーナミルクチョコレート」
LOVE LOVE LOVE -ENGLISH VERSION JAZZ MIX- Honda「オデッセイ」CMソング
SWEET SWEET SWEET 〜06 AKON MIX〜 ソニック・ザ・ヘッジホッグ』タイアップソング
大阪LOVER ユニバーサル・スタジオ・ジャパンハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』タイアップソング
MBSテレビごぶごぶ』エンディングテーマ
THE FIRST DAY WITHOUT YOU 〜JAPANESE VERSION〜 「CSI:NY」 イメージソング
きみにしか聞こえない 映画『きみにしか聞こえない』主題歌
サヨナラ59ers! 花王AUBE CMソング
ア・イ・シ・テ・ルのサイン 〜わたしたちの未来予想図〜 映画『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』主題歌
花王 AUBE CMソング
未来予想図 〜VERSION'07〜 映画『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』主題歌
未来予想図II 〜VERSION'07〜 かんぽ生命 「夢のフライト編」 CMソング
未来予想図II 〜ENGLISH VERSION〜 Honda「オデッセイ」CMソング
NOCTURNE 001 アサヒビールカゴメ共同開発商品「アサヒ トマーテ」CMソング
またね 映画『ONE PIECE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』主題歌[39]
CARNAVAL 〜すべての戦う人たちへ〜 2010年ゆめ半島千葉国体ゆめ半島千葉大会 イメージソング
MERRY-LIFE-GOES-ROUND 花王AUBE CMソング
TRUE, BABY TRUE. アサヒビールカゴメ共同開発商品「アサヒ ベジッシュ」CMソング
スターチャンネルEX オリジナルドラマ『5つの歌詩』テーマソング
連れてって 連れてって ダンロップ 新スタッドレス「DSX-2」CMソング
MIDDLE OF NOWHERE パナソニック ソング「SEEDS OF TOMORROW」オリジナルヴァージョン
ALMOST HOME 明治乳業「明治北海道十勝チーズ」CMソング
SEEDS OF TOMORROW パナソニックソング
GOOD BYE MY SCHOOL DAYS NHKフレッシャーズキャンペーンソング
その先へ フジテレビ系ドラマ『救命病棟24時』主題歌
GODSPEED! アサヒビール バンクーバーオリンピック日本代表応援 CMソング
テレビ朝日系『アサヒビール Presents 夢追うチカラ − JAPAN DREAM −』テーマソング
ねぇ 映画『FLOWERS』主題歌
資生堂「TSUBAKI」夏のキャンペーンTVCMソング
生きてゆくのです♡ POCARI SWEAT 30th タイアップソング
LIES, LIES. テレビ朝日系木曜ドラマ『ナサケの女〜国税局査察官〜』 主題歌
FALL IN LOVE AGAIN ファミリーマート オリジナルスイーツ『Sweets+』タイアップソング
愛がたどりつく場所 ミスタードーナツ 新ドーナツソング
「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ 2015」テーマソング (※北海道日本ハムファイターズ スペシャルコラボレーション)
MY TIME TO SHINE ファンケル 無添加スキンケア CM ソング
TBS系全国ネット『アシタスイッチ〜MY TIME TO SHINE〜』テーマソング
テレビ東京系『DANCE@TV』11月度オープニングテーマ
想像を超える明日へ トヨタ自動車エスティマ ハイブリッド 」X DREAMS COME TRUE プロジェクトソング
愛して笑ってうれしくて涙して 映画『綱引いちゃった!』主題歌
MADE OF GOLD -featuring DABADA- ネスカフェ® ゴールドブレンド® タイアップソング
さぁ鐘を鳴らせ フジテレビ系『救命病棟24時』主題歌
「2015北海道マラソン」オフィシャルソング
この街で AEON SPECIAL 10 WEEKS ! コラボレーションソング
AGAIN 日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマソング
HAPPY HAPPY BIRTHDAY - 25th Anniv. Mix - AEON 40th Anniversary Song
九州をどこまでも JR九州「ドリカム新幹線」キャンペーンソング
愛しのライリー ディズニー/ピクサー映画『インサイド・ヘッド』オリジナル書き下ろし主題歌[40]
WINTER SONG 〜DANCING SNOWFLAKES VERSION〜 2017冬季アジア札幌大会イメージソング
あなたのように DREAMS COME TRUE×かんぽ生命キャンペーンソング[41]
雪のクリスマス - VERSION'16 - SUBARU 「インプレッサ」CMソング [42]
KNOCKKNOCK! 花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」CMソング [43]
あなたと同じ空の下 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「ドリーム・プロジェクト 2017」テーマソング
その日は必ず来る JXTGエネルギーENEOS「エネルギーソング発表篇」CMソング
世界中からサヨウナラ 音楽ストリーミング配信サービス「Spotify #今のサントラ 犬の散歩編」CFイメージソング
あなたとトゥラッタッタ♪ NHK連続テレビ小説『まんぷく』主題歌
THE WAY I DREAM MTG×DREAMS COME TRUE
go for it! - VERSION'18 - SUBARU「インプレッサ」CMソング
G 劇場版「Gのレコンギスタ」テーマソング[44][45]
YES AND NO フジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』主題歌
次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL - 伊藤園「お~いお茶」タイアップソング
羽を持つ恋人 昆虫アニメ「インセクトランド」主題歌
UP ON THE GREEN HILL from Sonic the Hedgehog Green Hill Zone – MASADO and MIWASCO Version - 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』日本版主題歌
空を読む スターチャンネルEX オリジナルドラマ『5つの歌詩』テーマソング
スピリラ スターチャンネルEX オリジナルドラマ『5つの歌詩』テーマソング

コンサート[編集]

概要[編集]

DREAMS COME TRUEのライブは、アルバム発売後に開催されるアルバムツアーと、4年に1度開催されるグレイテストヒッツ・ライヴ『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND』の2つを基軸に行われている[注釈 4]。また、WONDERLANDとは対照的なライヴ(マニアックな曲を歌う)『ウラワン』も開催している。それらのツアーの番外編として、ツアーに組み込まれにくい場所などで、凝った舞台セットなしで楽器のみを持ち込み、着の身着のまま行う『ドリカムの夕べ』を開催することもある。

コンサートのオープニングは、アルバムツアーでは「OPEN SESAME」が、WONDERLANDでは「A theme of the WONDERLAND」が演奏される。コンサートの際に吉田は観客を「○○ベイビーズ」と呼ぶ(○○にはコンサート会場の土地名が入る)。WONDERLANDでは「○○ワンダーベイビーズ」となる。また、コンサートの最後のメンバー紹介では吉田が「そして、オイラが、せーの」と言うと客が「吉田美和」と叫ぶのが恒例となっている。

2008年からの3年間は、自身のレーベル「DCTrecords」のアーティストと共に開催する冬フェス『WINTER FANTASIA 〜 DCTgarden "THE LIVE!!!"』を開催していた。

他のライヴイベントへ出演をする機会もあり、2015年よりDREAMS COME TRUEと縁のあるアーティストや尊敬するミュージャン等が出演したり、翌2016年7月7日(七夕)には日本記念日協会より「ドリカムの日」に認定され、以降は毎年のように記念フェスが開催されている。

日程[編集]

開催年 タイトル 会場・備考[注釈 5]
1989年 We Are Dreams Come True
1989年 ああ、神より素敵なDreams Come True
1989年 Dreams Come True CONCERT TOUR “LOVE GOES ON…”
1990年 Dreams Come True Concert Tour 1990 “JUBILEE”
1990年~1991年 Dreams Come True “WONDER 3”
1991年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND '91
1991年~1992年 DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR “MILLION KISSES”
1993年 DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR “The Swinging Star”
1994年 DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR “MAGIC JOURNEY”
1995年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND '95
1996年 DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR '96 “LOVE UNLIMITED∞”
1998年 LIVE! D.C.T. 1998 SING OR DIE
1999年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 1999 ~春の夢~
1999年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 1999 ~夏の夢~
1999年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 1999 ~冬の夢~
2001年 DCTgarden.com Off-Site Meeting 2001
2002年 2002:monkey girl odyssey
2003年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2003
2004年 DREAMS COME TRUE 15TH ANNIVERSARY POWER PLANT SPECIAL TOUR 2004 ウラワン??!
2005年 Honda Odyssey presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2005 “DIAMOND15”
2006年 DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2006 “THE LOVE ROCKS”
2007年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007
2008年 WINTER FANTASIA 2008 ~DCTgarden ”THE LIVE!!!”
2009年 20th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009 ”ドリしてます?”
2009年 WINTER FANTASIA 2009 ~DCTgarden ”THE LIVE!!!”
2010年 POCARI SWEAT 30th SPECIAL LIVE ドリ×ポカリ ~イキイキ!~
2010年 WINTER FANTASIA 2010 ~DCTgarden ”THE LIVE!!!”
2011年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2011
2012年 yorimo presents みんなで金環食する?LIVE 2012 ~CREATE THE FUTURE~
2012年 - 2013年 FANCL presents DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2012/2013
2013年 NTV presents the Nestle Japan 100th Anniversary SPECIAL LIVE 2013 ~MADE OF GOLD~
2014年 AEON presents 25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 - ATTACK25 -
2015年 スカパー! Specia Live DREAMS COME TRUE Special Live in Hawaii よしだみちゃん、生まれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪え、50?!
2015年 - 2016年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015
2016年 かんぽ生命 presents DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2016
2017年 - 2018年 かんぽ生命 presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018 - THE DREAM QUEST -
2018年 - 2019年 ENEOS×DREAMS COME TRUE ドリカム30周年前夜祭 ~ENERGY for ALL~
2019年 かんぽ生命 presents 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2019
2020年 DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2020 - DOSCO PRIME -

DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2020 - DOSCO prime ニコ生 PARTY!!! -

2021年 - 2022年 DREAMS COME TRUE ACOUSTIC風味LIVE 総仕上げの夕べ 2021/2022 ~仕上がりがよろしいようで~
2022年 STAR CHANNEL presents DREAMS COME TRUE「5つの歌詩」SUPER LIVE 2022
2023年 史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2023 supported by U-NEXT

出演イベント[編集]

1989年[編集]

1990年[編集]

1992年[編集]

  • 4月4日:イェヴリバディデァンスニャウ ダイナマイトな夜、うっふん(渋谷ON AIR)

2000年[編集]

2001年[編集]

  • 1月1日:VISA Presents DCTgarden.com Off-Site Meeting(新高輪プリンスホテル)
  • 5月4日:May 4th Music Festival 2001(台湾)
  • 7月22日:FM802 MEET THE WORLD BEAT 2001(万博記念公園もみじ川芝生広場)

2005年[編集]

  • 5月26日:ROCK KIDS 802 SPECIAL LIVE REQUESTAGE3 2005(大阪城ホール)
  • 5月28日:MTV THE SUPER DRY LIVE 2005(国立代々木競技場第一体育館)
  • 7月2日:LIVE 8 JAPAN 2005(幕張メッセ 国際展示場8号館)

2006年[編集]

2007年[編集]

  • 6月:ASAHI SUPER DRY LIVE 2007(06/28 神戸ワールド記念ホール 06/30 日本武道館)

2009年[編集]

  • 3月10日:みんなでドリする? DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE 2009(国立代々木競技場第一体育館)

2010年[編集]

  • 10月18日:オフィシャルファンクラブPOWER PLANT ファンミーティング大阪(Zepp Osaka)

2011年[編集]

  • 8月13日:Exciting Summer in WAJIKI '11(大塚製薬徳島ワジキ工場)
  • 8月:東北フリーライブ(08/19 岩手県 陸前高田市グラウンド 08/20 宮城県 石巻市立石巻中学校校庭 08/21 茨城県 北茨城市市民祭り広場 08/21 福島県 郡山市ビッグパレット)
  • 11月3日:ぴあ 39th FAREWELL "39 -THANK YOU-" 〜車輪小僧の大回転〜(幕張メッセ 国際展示場9-11ホール)

2012年[編集]

  • 5月:yorimo presents DREAMS COME TRUE みんなで金環食する? LIVE 2012 〜CREATE THE FUTURE〜(05/13 インテックス大阪 05/20 幕張メッセ 国際展示場9-11ホール)
  • 6月14日:LOVE in Action Meeting(LIVE)(日本武道館)
  • 10月7日:テレビ朝日ドリームフェスティバル2012(国立代々木競技場第一体育館)

2013年[編集]

  • 3月2日:U-EXPRESS LIVE 2013(幕張メッセ 国際展示場9-11ホール)
  • 12月14日:中之島にぎわいの森×DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2013 〜大阪LOVER〜(大阪市中央公会堂前広場 特設ステージ)
  • 12月:NTV presents the Nestle Japan 100th Anniversary SPECIAL LIVE 2013 〜MADE OF GOLD〜(12/20 横浜アリーナ 12/21 横浜アリーナ 12/26 大阪城ホール 12/27 大阪城ホール)

2014年[編集]

2015年[編集]

  • 5月6日:スカパー! Super Live DREAMS COME TRUE Special Live in Hawaii よしだみちゃん、生まれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪え、50?!(アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ(ハワイ・オアフ島))
  • 7月4日:LIVE MONSTER LIVE 2015(幕張メッセ 展示ホール4-6)
  • 7月19日:MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園(万博記念公園 東の広場 特設ステージ)
  • 7月25日:NUMBER SHOT 2015(海の中道海浜公園 野外劇場(どんたくステージ))
  • 10月4日:「第42回池田町秋のワイン祭り」ミニライブ出演(DCTgarden IKEDA)

2016年[編集]

  • 7月10日:MBS presents 私だけのドリカム THE LIVE in 万博公園(万博記念公園 東の広場 特設ステージ)
  • 7月16日:うれしたのし大好き 2016 〜真夏のドリカムフェス〜(明治神宮外苑野外特設ステージ)
  • 9月10日:SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016(山梨県山中湖交流プラザきらら)

2017年[編集]

  • 2月19日:「2017冬季アジア札幌大会」開会式(札幌ドーム)
  • 6月25日:LIVE MONSTER LIVE 2017 DREAMS COME TRUE SPECIAL LIVE at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(UNIVERSAL STUDIOS JAPAN グラマシーパーク特設会場)
  • 7月1日:LIVE MONSTER LIVE 2017(幕張メッセ 国際展示場 4-6ホール)
  • 7月7日:ドリカム花火大会2017 in 大阪舞洲(大阪・舞洲スポーツアイランド特設会場)
  • 7月8日:The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタフェス 2017 in 大阪舞洲(大阪・舞洲スポーツアイランド特設会場)

2018年[編集]

  • 3月18日:太陽の塔内部公開記念イベント「DREAMS COME TRUE Special Live」(大阪・万博記念公園 太陽の広場(吹田市千里万博公園))

2019年[編集]

  • 12月21日:国立競技場オープニングイベント 〜HELLO, OUR STADIUM〜(国立競技場)

2022年[編集]

  • 5月14日:LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL(埼玉県・秩父ミューズパーク)
  • 5月:LOVE SUPREME presents DREAMS COME TRUE (featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章) & WONK(05/21 神戸ワールド記念ホール 05/26 東京ガーデンシアター)
  • 6月5日:日比谷音楽祭2022(日比谷公園大音楽堂(日比谷野音))
  • 6月:Okinawa Dream Sessions 2022(06/11 沖縄県・沖縄アリーナ 06/12 沖縄県・沖縄アリーナ)

2023年[編集]

  • 3月5日:D.U.N.K. Showcase(有明アリーナ)

主なサポート・メンバー[編集]

ライヴのゲスト出演者[編集]

  • 陣内孝則 - 1993年『The swinging Star』横浜アリーナ公演
  • aiko - 2000年『DCTgarden.com COUNTDOWN PARTY』新高輪プリンスホテル飛天
  • nobodyknows+ - 2005年『DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2005 DIAMOND15』名古屋レインボーホール公演
  • 大泉洋 - 2005年『DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2005 DIAMOND15』北海道立総合体育センター 北海きたえーる公演
  • ドアラ - 2008年『DCTgarden The LIVE WINTER FANTASIA 2008』日本ガイシホール公演
  • 絢香 - 2013年『SPECIAL LIVE 2013 〜MADE OF GOLD〜』横浜アリーナ公演
  • 肥後克広 - 2014年『DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 ATTACK 25』国立代々木第一体育館公演
  • ウルフィ - 2015年『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015』ナゴヤドーム公演(12/19)

出演[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

※ドリカムがメインを務めた番組のみ記載している。

うれしたのし大好きフジテレビ系:1992年4月3日 - 1993年4月2日)
うれしたのし大好き2015〜ドリカムへの挑戦状〜(フジテレビ系:2015年7月10日)
22年ぶりに一夜限りで復活した[53]
うれしたのし大好き2016 (フジテレビ系:2016年7月22日)
DREAMS COME TRUE Magic Journey Special Live(テレビ朝日系:1994年8月12日)
ミュージックステーション』初の出演アーティストが1組のみという放送[注釈 6][54]タモリトランペット奏者として演奏に参加した。
ドリカムのデリシャス大行進(日本テレビ系:1995年3月29日)
同年7月には『ドリカムのラブラブ大行進』として、新たなVTRを加え再放送されている。
ドリカムのX'mas WONDERLAND(日本放送協会:1995年12月24日)
ドリカム・さんまのハッピーX'masショー!(日本テレビ系:1997年12月20日)
タモリの昨日は去年だったスペシャル(テレビ朝日系:1998年1月1日)
タモリとともに西川が司会を務めた。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

※これまでに計15回出場している[55]。2009年の第60回NHK紅白歌合戦と2010年の第61回NHK紅白歌合戦では紅組のトリを務めた[注釈 7]。2008年と2011年、2012年にもNHK側から出演オファーはあったが、2008年は「2009年のデビュー20周年に向けての準備のため」、2011年は「2011年に行われたコンサートツアー大阪公演の延期に伴うその後の楽曲制作のスケジュールが遅れ、楽曲制作に専念したい」、2012年は「カウントダウン優先」という理由により出演辞退した。

出場回数 演奏曲 備考
1990年/第41回 初出場 笑顔の行方 先行トップバッター
1991年/第42回 2 Eyes to me
1992年/第43回 3 晴れたらいいね〜紅白バージョン〜 決戦は金曜日」を含むメドレー
1993年/第44回 4 go for it! 第2部トップバッター
1994年/第45回 5 す き〜紅白バージョン〜 WINTER SONG」を含むメドレー
1995年/第46回 6 LOVE LOVE LOVE〜紅白バージョン〜 ROMANCE」、「恋の罠しかけましょ」を含むメドレー
1996年/第47回 7 そうだよ
1997年/第48回 8 PEACE!
2004年/第55回 9 やさしいキスをして
2005年/第56回 10 何度でも〜紅白スペシャルバージョン〜 「やさしいキスをして」を含むメドレー
2006年/第57回 11 何度でも LOVE LOVE LOVE 2006 トリ前
2007年/第58回 12 ア・イ・シ・テ・ルのサイン 〜わたしたちの未来予想図〜紅白ヴァージョン 未来予想図II」を含むメドレー
2009年/第60回 13 その先へ〜紅白スペシャルバージョン〜 「MIDDLE OF NOWHERE」を含むメドレー、
ドリカムの希望でニュートン・フォークナーと共演、
紅組トリ
この年の紅白最高視聴率を記録した
2010年/第61回 14 生きてゆくのです♡ feat. ザ紅白スペシャルブラスバンド 紅組トリ(2)
マーチングバンド、ヨコハマロビンズとの共演。
2013年/第64回 15 さぁ鐘を鳴らせ 岩手県陸前高田市・高田小学校体育館より中継

映画[編集]

PV[編集]

受賞歴[編集]

その他活動[編集]

アンドレ中村とオホーツク・ボーイズ[編集]

1990年に中村のレギュラーラジオ『スーパーFMマガジン 中村正人のNORU SORU』(TOKYO FM系)の中の一コーナーで「中村を演歌歌手としてデビューさせよう」という企画がスタートしたことがきっかけで生まれた。この企画は中村だけではなくドリカムの他のメンバーやスタッフを巻き込んだグループとして広がりを見せ、「アンドレ中村とオホーツクボーイズ」名義でCDデビューするまでに発展した。

その後の活動は行われていなかったが、1999年のドリカムのコンサートツアー『ドリカムワンダーランド'99 夏の夢』において突如復活(ただし、復活したのはアンドレ中村とニハエル・マージョの二人のみ)。オホーツク海に浮かぶ「ガリンコ号」の船上で復活ライブを行うことになったオホーツク・ボーイズという体裁をとり、現地からレポートする吉田のくだり、曲前のカウントをとるニハエルの映像に続き、アンドレとニハエルの2人がデビューシングルのジャケット写真と同じスタイルで実際のステージに登場、唯一の持ち歌である「せつなくて〜オホーツクにたたずむ男〜」を披露した。『ドリカムワンダーランド'99 冬の夢』では映像と福岡公演(ツアー初日)のみに登場した。

2012/2013年のコンサートツアー『裏ドリワンダーランド 2012/2013』では、アンドレ中村一人だけの形ながら13年ぶりに復活した[56]

メンバー[編集]

名前 正体
アンドレ中村 中村正人
岡リーナ 吉田美和
ニハエル・マージョ 西川隆宏
エヴリー・ツノダ 当時ドリカムのバックバンドでドラムを担当していた角田onbuu
サリー・シンヤ・日の本 当時ドリカムのプロデューサーだった山本しんたろう

シングル[編集]

リリース日 タイトル 規格品番
1991/02/21 せつなくて〜オホーツクにたたずむ男〜 ESDB 3191

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その理由は「とんねるずのツアーはファンとの一体感がものすごい。彼女(吉田)にもこの一体感を体験してほしい」というもので、その経緯からドリカムのメンバーはとんねるず関連のテレビ番組やラジオ番組には積極的に出演している。
  2. ^ それまでは、「WHEREVER YOU ARE」でのコラボレーションやデビュー時の所属事務所の先輩であった永井真理子への楽曲提供、『ドリカムワンダーランド'95』で交流の生まれたLUV DELUXEのプロデュース及び楽曲提供があった。
  3. ^ カップリング曲「三日月」も挿入歌として使用された。
  4. ^ WONDERLANDと同じタイミングでアルバムが発売されるとアルバム・ツアーは開催されず、そのアルバム収録曲はWONDERLAND及びその後のツアーなどで披露される。
  5. ^ ★がついているものは映像収録日。
  6. ^ 2015年現在、『ミュージックステーション』で出演者が1組のみで放送されたアーティストは、DREAMS COME TRUEの他にCHAGE&ASKA(1994年9月2日放送)、サザンオールスターズ(2008年8月8日放送)のみである。
  7. ^ 2005年の『第56回NHK紅白歌合戦』にNHK側から紅組のトリを依頼されていた際には辞退している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Eremenko, Alexey. Dreams Come True | Biography & History - オールミュージック. 2020年9月2日閲覧。
  2. ^ a b DREAMS COME TRUEのプロフィール”. ORICON NEWS. オリコン. 2022年8月21日閲覧。
  3. ^ a b c DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク. 2020年9月2日閲覧。
  4. ^ DREAMS COME TRUEのプロフィール”. ORICON STYLE. 2015年8月18日閲覧。
  5. ^ スージー鈴木 (2021年11月7日). “全く新しい「外来種」のような音楽だった…それでもドリカムが大人気グループになった“納得の理由””. 文春オンライン. 文藝春秋社. 2022年8月21日閲覧。
  6. ^ ドリカム吉田美和 あの名曲は「3分でできた曲」だった スタジオの駐車場で「来た来た来た!!って」”. スポーツニッポン (2023年6月26日). 2023年6月27日閲覧。
  7. ^ ドリカム中村「B'z本当凄い」、“ロックじゃない”けどロック魂に火。”. yomerumo. GMOモバイル (2015年1月19日). 2015年8月21日閲覧。
  8. ^ ドリカムの真実〜初めて語った米国新人ライフ〜、『日経エンタテインメント!』1998年11月号より。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  9. ^ EXILE・HIRO、ドリカム中村と“苦難の時代”を語る「がむしゃらに売れたいと思った」”. リアルサウンド (2014年8月24日). 2015年8月18日閲覧。
  10. ^ DREAMS COME TRUE「ATTACK25」特集 中村正人インタビュー
  11. ^ 金平奈津子 (2021年3月24日). “90年代の恋愛革命? 女1人・男2人のドリカムが「男女の関係」を一変させた知られざる歴史”. URBAN LIFE METRO. 2021年6月20日閲覧。
  12. ^ いきものがかり脱退発表で再注目 3人組アーティスト「男子1人辞め」の法則とは”. J-CASTニュース (2021年6月2日). 2021年6月20日閲覧。
  13. ^ カバー盤「私とドリカム」にmiwa、いきもの、水樹、美嘉ら”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年1月28日). 2022年8月21日閲覧。
  14. ^ a b 私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-”. 2014年3月5日閲覧。
  15. ^ a b 私とドリカム2-ドリカムワンダーランド2015 開催記念BEST COVERS-”. 2015年2月18日閲覧。
  16. ^ 土肥義則 (2007年5月17日). “ドリカムの人気と株価の関係”. ITmedia ビジネスオンライン. アイティメディア. 2022年8月21日閲覧。
  17. ^ BIOGRAPHY - DREAMS COME TRUE”. DREAMS COME TRUE - DREAMS COME TRUE OFFICIAL WEBSITE. 2022年10月5日閲覧。
  18. ^ DREAMS COME TRUEから西川隆宏が脱退!!”. ファミ通.com (2002年3月25日). 2015年8月18日閲覧。
  19. ^ “ドリカムと池田つなぐ場所に「DCTgarden IKEDA」オープン”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2005年10月3日). オリジナルの2015年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150919074802/http://www.tokachi.co.jp/WEBNEWS/051003.html 2015年8月18日閲覧。 
  20. ^ DCT関連施設”. 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所. 2015年8月18日閲覧。
  21. ^ DREAMS COME TRUE :: THE SOUL FOR THE PEOPLE 〜東日本大震災支援ベストアルバム〜”. 2013年3月1日閲覧。
  22. ^ DREAMS COME TRUE レーベル移籍に関するお知らせ Universal Music (2011年11月29日)
  23. ^ DREAMS COME TRUE命名による大阪の新名所がオープン”. ナタリー (2013年11月5日). 2015年8月18日閲覧。
  24. ^ DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム”. 2015年3月20日閲覧。
  25. ^ 25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 ATTACK25”. 2015年6月1日閲覧。
  26. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  27. ^ “7月7日が「ドリカムの日」に認定”. 音楽ナタリー. (2016年7月5日). https://natalie.mu/music/news/193341 2016年7月5日閲覧。 
  28. ^ DREAMS COME TRUE THE ウラ BEST! 私だけのドリカム”. 2016年4月1日閲覧。
  29. ^ 特設サイト”. 2016年4月1日閲覧。
  30. ^ 『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタVol.1』特設サイト”. 2017年7月7日閲覧。
  31. ^ 『DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2016』LIVE DVD&Blu-ray 特設サイト”. 2017年7月7日閲覧。
  32. ^ 18th New Album 『THE DREAM QUEST』特設サイト”. 2017年7月7日閲覧。
  33. ^ 『DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018 THE DREAM QUEST』LIVE DVD&Blu-ray 特設サイト”. 2018年7月7日閲覧。
  34. ^ WACOAL MEN”. DCTgarden SHOPPING MALL. 2022年10月26日閲覧。
  35. ^ 先行発売|中村正人さん(DREAMS COME TRUE)とのコラボレーション商品が新登場。|WACOAL MEN(ワコールメン)|男性用パンツ・インナー・下着・肌着|ワコール”. WACOAL MEN(ワコールメン ). 2022年10月26日閲覧。
  36. ^ DREAMS COME TRUE、セルジオ・メンデスのアルバムに参加”. BARKS (2008年2月5日). 2014年2月20日閲覧。
  37. ^ “DREAMS COME TRUEあの名曲が新型「インプレッサ」CM彩る”. 音楽ナタリー. (2016年9月21日). https://natalie.mu/music/news/202565 2016年9月21日閲覧。 
  38. ^ ドリカム、コンフェデ杯番組ソング歌う”. スポーツ報知. 報知新聞社. 2001年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月6日閲覧。
  39. ^ “ドリカム×ワンピース奇跡のコラボ曲が誕生”. 音楽ナタリー. (2007年11月15日). https://natalie.mu/music/news/4211 2022年7月24日閲覧。 
  40. ^ “ドリカム「絶対全人類が観るべき」ピクサー新作に主題歌提供”. 音楽ナタリー. (2015年4月10日). https://natalie.mu/music/news/143651 2022年7月24日閲覧。 
  41. ^ “ドリカム「かんぽ生命」キャンペーン曲を配信リリース”. 音楽ナタリー. (2016年4月28日). https://natalie.mu/music/news/185410 2016年4月28日閲覧。 
  42. ^ “DREAMS COME TRUE、今度はあの冬の名曲が「インプレッサ」CMソングに”. 音楽ナタリー. (2016年11月28日). https://natalie.mu/music/news/210981 2016年11月28日閲覧。 
  43. ^ “ドリカムがCMソング書き下ろし、メイクレスなソウルでハートをノックノック”. 音楽ナタリー. (2017年2月9日). https://natalie.mu/music/news/220053 2017年2月9日閲覧。 
  44. ^ “劇場版「Gのレコンギスタ」テーマソングをDREAMS COME TRUEが担当”. 映画ナタリー. (2019年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/357548 2022年7月24日閲覧。 
  45. ^ “DREAMS COME TRUE、劇場版「Gのレコンギスタ」テーマソングのタイトルは”. 音楽ナタリー. (2020年2月9日). https://natalie.mu/music/news/366554 2022年7月24日閲覧。 
  46. ^ 表参道で丸山敬太20周年祭「丸山景観」全集大成展 - ドリカムの衣装など約200点 - FASHION PRESS・2014年8月8日
  47. ^ 音楽プレーヤー機能を搭載した第3世代携帯電話「Vodafone 803T」の発売について”. 東芝 (2005年9月7日). 2013年11月30日閲覧。
  48. ^ アサヒビールとカゴメの共同開発第一弾『アサヒ トマーテ』のTVCMにDREAMS COME TRUEを起用! 〜『アサヒ トマーテ』のおいしさと登場感を訴求します〜”. アサヒビール (2007年8月30日). 2013年11月30日閲覧。
  49. ^ 明治乳業「明治北海道十勝チーズ」テレビCM 2008年9月5日から全国で放送開始 北海道十勝出身のDREAMS COME TRUE 吉田美和さん出演”. 明治 (2008年9月3日). 2014年3月2日閲覧。
  50. ^ FANCL 報道関係者各位” (PDF). ファンケル (2012年3月18日). 2013年11月30日閲覧。
  51. ^ ドリームリレー・ムービー by CREATE THE FUTURE PROJECT”. AID-DCC. 2015年8月18日閲覧。
  52. ^ 2015年春、「夢のプロジェクト」がはじまる! 夢をかなえに、今日行こう。ドリカム新幹線” (PDF). 九州旅客鉄道(JR九州) (2015年2月25日). 2015年2月28日閲覧。
  53. ^ うれしたのし大好き2015ドリカムへの挑戦状”. フジテレビジョン. 2015年8月18日閲覧。
  54. ^ 出演者ラインアップ♪”. ミュージックステーション. テレビ朝日. 2014年8月12日閲覧。
  55. ^ NHK紅白歌合戦ヒストリー”. NHKオンライン. 日本放送協会(NHK). 2014年1月1日閲覧。
  56. ^ ドリカム レアアクト満載のウラワン最終公演終了”. Billboard JAPAN. ビルボード (2013年2月25日). 2014年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]

公式サイト
DREAMS COME TRUE
レコード会社サイト
DREAMS COME TRUE - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
DREAMS COME TRUE - SonyMusic
YouTube
DREAMS COME TRUE channel - YouTubeチャンネル
SNS
MASA BLOG
Official TikTok - TikTok
Official Instagram - Instagram
Official Instagram(STAFF)- Instagram
Official Twitter - Twitter
Official Twitter(STAFF) - Twitter
Official Facebook - Facebook
関連サイト
DCTgarden SHOPPING MALL
DCTgardenIKEDA.com
what mee mee wants (wmmw)
sumile TOKYO
中之島 LOVE CENTRAL