ガット・トゥ・ビー・ゼア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガット・トゥ・ビー・ゼア
マイケル・ジャクソンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル R&B、ポップス
レーベル モータウン
マイケル・ジャクソン 年表
- ガット・トゥ・ビー・ゼア'
(1971年)
ベンのテーマ
(1972年)
テンプレートを表示

ガット・トゥ・ビー・ゼア』(Got to Be There)は、ジャクソン・ファイブの人気絶頂期の1972年に発表されたマイケル・ジャクソンのソロ・デビュー作。1971年10月7日に発売された同名のシングル曲を収録している。

初々しさの残る変声期前の伸びやかなテノールを聴くことが出来る。モータウンの期待を一身に集めていたマイケル・ジャクソンはストリングスコーラスを惜しみなく活用している。全米ポップ・アルバム・チャートで14位、ブラック・アルバム・チャートで3位を記録している。

曲目[編集]

Side 1
  1. エイント・ノー・サンシャイン - Ain't No Sunshine
  2. ボクはキミのマスコット - I Wanna Be Where You Are
  3. ガール・ドント・テイク・ユア・ラヴ - Girl Don't Take Your Love From Me
  4. 二人の道 - In Our Small Way
  5. ガット・トゥ・ビー・ゼア - Got to Be There
Side 2
  1. ロッキン・ロビン - Rockin' Robin
  2. 愛の鳥 - Wings of My Love
  3. マリア - Maria (You Were the Only One)
  4. 恋ははかなく - Love Is Here and Now You're Gone
  5. きみの友達 - You've Got a Friend