マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』(Michael Jackson's Moonwalker)とは、1989年U.S. Goldより発売された各種パーソナルコンピュータ対応ゲーム及び1990年8月25日にセガ(後のセガ・インタラクティブ並びに後のセガゲームス)から発売されたアーケード用・メガドライブ用ゲーム。

概要[編集]

アーケード・メガドライブ版[編集]

自身がゲームファンであるマイケル・ジャクソンが監修を務めた、マイケルの主演映画『ムーンウォーカー』をベースとしたゲーム。多くの子供たちを誘拐する暗黒組織に対し、マイケルが子供たちを救出するために立ち向かう。BGMや特殊攻撃にはマイケルの音楽作品やダンスが盛り込まれた。

アーケード版とメガドライブ版は全く異なる内容であるが、どちらの版でもロボットに変身するのは、原作の映画終盤の演出からである。

パーソナルコンピュータ版[編集]

マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー
ジャンル アクションゲーム
対応機種 Amiga
Amstrad CPC
Atari ST
コモドール64
PC/AT互換機
MSX
ZX Spectrum
開発元 Emerald Software
Keypunch Software
発売元 U.S. Gold
人数 1人
メディア カセットテープ
ロムカセット
フロッピーディスク
発売日
  • アメリカ合衆国 1989年 (1989)
  • ヨーロッパ 1989年
テンプレートを表示

イギリスを中心に発売されていた8ビット、16ビットの各種パーソナルコンピュータ向けに発売された。開発元はアイルランドのエメラルドソフトウェア、アメリカ合衆国のキーパンチソフトウェア。映画公開から最も早くゲーム化された作品である。

ゲーム内容[編集]

トップビュー視点の迷路状になった街を進むステージ、横スクロールのアクションステージ、3Dシューティングステージの3つの要素がある。BGMとして、「バッド」(1987年)、「スピード・デーモン」(1987年)、「スムーズ・クリミナル」(1988年)、「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」(1987年)の4曲が使用されている。

アーケード版[編集]

マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー
ジャンル クォータービューアクション
対応機種 アーケード
開発元 セガ(後のセガ・インタラクティブ
発売元 セガ(後のセガ・インタラクティブ)
デザイナー マイケル・ジャクソン
人数 1 - 3人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
稼働時期
  • 日本 1990年8月25日
  • アメリカ合衆国 1990年7月24日 (1990-07-24)
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 セガ・システム18
テンプレートを表示

クオータービューの見下ろし型斜めスクロールアクションゲーム。ステージ途中にいる子供たちの全員を解放し、ステージ最後にいるボスを倒す。3人同時プレイが可能で、それぞれマイケルのプレイヤーカラーが1Pが白、2Pが赤、3Pが黒になる。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

ボタンで手から放つ衝撃波(溜め撃ちが可能)で敵を倒せるほか、もう1つのボタンで画面のすべての敵にダメージを与える「ダンス・マジック」(回数ストック制)を発動可能(発動時はマイケル全員にスポットライトが当たり、マイケルの楽曲とともに敵も踊りだす)。道中の子供には、助けると体力回復やダンスの残り回数が回復する特典があるものもいる。

ステージ中の決まった地点に来ると出現するバブルス君(マイケルが飼っているチンパンジー)に触れると一瞬巨大化してロボットに変身する。ロボット形態になると腕から射程の長いレーザーを発射するようになり、溜め撃ちはミサイル攻撃に変わる。

ステージ構成[編集]

  • ラウンド1 - CAVERN(音楽:「バッド」)
  • ラウンド2 - AMUSEMENT QUARTER(音楽:「スムーズ・クリミナル」)
  • ラウンド3 - NIGHT STREET(音楽:「今夜はビート・イット」)
  • ラウンド4 - GRAVEYARD(音楽:「アナザー・パート・オブ・ミー」)
  • ラウンド5 - EVIL FORTRESS(音楽:「バッド」)


メガドライブ版[編集]

マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 メガドライブ
開発元 セガAM第7研究開発部
発売元 セガ (後のセガゲームス
デザイナー マイケル・ジャクソン
音楽 久保田浩
美術 DOYJOY
吉田千恵
石渡爾奈
人数 1人
メディア 4メガビットロムカセット[1]
発売日
  • 日本 1990年8月25日
  • アメリカ合衆国 1990年8月24日 (1990-08-24)
  • ヨーロッパ 1991年1月25日
テンプレートを表示

サイドビューの縦横スクロールアクションゲーム。ステージ中にいる全員の子供たちを解放することが目的。子供を解放する毎にライフが回復する。子供全員を解放するとバブルス君(マイケルが飼っているチンパンジー)が現れて、敵ボス(ミスター・ビッグ)の居場所を教えてくれる。だが敵ボス(ミスター・ビッグ)は一瞬だけ出るだけで、後は配下に任せて行方をくらます。

最終面であるラウンド6は宇宙船に変身したマイケルと敵ボス(ミスター・ビッグ)との3Dシューティングゲームとなっている。

ゲーム内容[編集]

 システム [編集]

3つのボタンで攻撃、ジャンプ、マジック(後述)を行う。

マジック
下記のマジックを使うとボタンを長押しした量に応じてライフを消費する。
スピンアタック(ライフ消費小)
その場で回転を始めて近づいてきた敵を弾き飛ばす。
ハットアタック(ライフ消費中)
帽子をブーメランのように投げて敵を倒す。
ダンスアタック(ライフ消費大)
画面上の敵がマイケルと一緒にダンスを踊り続けて、踊り疲れさせることによって敵全員を倒す。
ムーンウォーク
Bボタンを押しながら移動すると「ムーンウォーク」しながら移動する。発動中は通常移動だと速度が遅くなるエリアの効果を受けない。
ポーズ
ドアやトランクを開ける際には、回転してポーズを決めながら開ける。
ロボット
各ステージで特定の位置にいる子供を最初に助けると流れ星が出現する。取れば一定時間ロボットに変身しビームやミサイル等、圧倒的火力によって敵を倒す事ができる。しかし、子供を助けられなくなるのでゲームは進展をすることができず、敵ももともと画面外から無尽蔵に沸いてくるシステムなので全く意味がない。

ステージ構成[編集]

  • ラウンド1 - CLUB30(音楽:「スムーズ・クリミナル」)
  • ラウンド2 - STREET(音楽:「今夜はビート・イット」)
  • ラウンド3 - WOODS(音楽:「アナザー・パート・オブ・ミー」)
  • ラウンド4 - CAVERN(音楽:「ビリー・ジーン」)
  • ラウンド5 - THE ENEMY HIDEOUT(音楽:「バッド」)
  • ラウンド6 - MICHAEL'S BATTLE PLANE

初期出荷バージョンのみ、ラウンド3とラウンド5でダンスアタックを使用した際スリラーが流れる。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 価格 型式 売上本数
1 Michael Jackson's Moonwalker
  • アメリカ合衆国 1990年 (1990)
  • ヨーロッパ 1991年2月
セガ・マスターシステム アークシステムワークス セガ ロムカセット - 7052 -

スタッフ[編集]

メガドライブ版
  • プランナー:KOI(氷水芋吉
  • プランナー・アシスタント:CAPTAIN ELF
  • デザイナー:DOYJOY、CHIE SAMA(吉田千恵)、JIYNA(石渡爾奈)
  • プログラマー:EKAS、MT.、BOOK、610
  • プログラム・アシスタント:NAS ATAGAN
  • サウンド・コンポーザー:JIMITA(久保田浩)
  • サウンド・アシスタント:MIDDLE VILLAGE(中村隆之)、IAGAN(長井和彦)
  • サウンド・アドバイザー:上保徳彦
  • スペシャル・サンクス:アル・ニルセン
  • ゲーム・コンセプト:マイケル・ジャクソン
  • デザイン:マイケル・ジャクソン

評価[編集]

評価
集計結果
媒体 結果
GameRankings 54.2% (MD)[2]
レビュー結果
媒体 結果
Computer and Video Games 90% (AC)[3]
Crash 70% (ZX)[4]
ファミ通 26/40点 (MD)[5]
Sinclair User 6/10点 (ZX)[6]
Your Sinclair 75% (ZX)[7]
メガドライブFAN 21.09/30点 (MD)[1]
MegaTech 85% (MD)[8]
Zzap!64 60% (C64)[9]
Mega 78% (MD)[10]
Sega Power 90% (MD)[11]
Compute's Guide 19/20点 (MD)[12]
受賞
媒体 受賞
第3回ゲーメスト大賞 ベストアクション賞 8位 (AC)[13]
ベスト演出賞 7位 (AC)[13]
ベストVGM賞 3位 (AC)[13]
年間ヒットゲーム 46位 (AC)[13]
アーケード版

ゲーム誌『ゲーメスト』(新声社)誌上で行われていた「第4回ゲーメスト大賞」(1990年度)においてベストアクション賞で8位を獲得、その他にベスト演出賞で7位、ベストVGM賞で3位、年間ヒットゲームで46位、ベストキャラクター賞ではマイケルが8位を獲得した[13]

メガドライブ版

ゲーム誌「ファミコン通信」のクロスレビューでは合計で26点(満40点)[5]メガドライブFANの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.09点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「大スター、マイケルジャクソン主演の同名映画をもとに作られている。主人公はもちろんマイケル。華麗なダンスで敵を倒していくのだが、そのアクションは実物そっくりだ」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.03 4.02 3.06 3.10 3.24 3.64 21.09


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 30頁。
  2. ^ http://www.gamerankings.com/genesis/586315-michael-jacksons-moonwalker/index.html
  3. ^ C+VG magazine review, http://www.solvalou.com/subpage/arcade_reviews/248/229/moonwalker_review.html
  4. ^ Crash magazine issue 72, http://www.crashonline.org.uk/misc/reviews.htm
  5. ^ a b マイケルジャクソンズ ムーンウォーカー [メガドライブ] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年2月15日閲覧。
  6. ^ Sinclair User review, issue 95 http://www.sincuser.f9.co.uk/095/index.htm
  7. ^ Your Sinclair review, issue 49, http://www.ysrnry.co.uk/articles/moonwalker.htm
  8. ^ MegaTech magazine index, issue 5, page 77
  9. ^ ZZap magazine review, issue 55 http://www.zzap64.co.uk/cgi-bin/displaypage.pl?issue=077&page=072&magazine=zzap
  10. ^ Mega rating, issue 9, page 23, Future Publishing, June 1993
  11. ^ http://www.outofprintarchive.com/articles/reviews/MegaDrive/Moonwalker-SegaPower17-2.html
  12. ^ Compute's Guide to Sega, Steven A Schwartz, ISBN 0-87455-238-9, p78
  13. ^ a b c d e 「ゲーメスト大賞11年史」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 18 - 19頁、 ISBN 9784881994290