キャント・ストップ・ラヴィング・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイケル・ジャクソン > マイケル・ジャクソンの作品 > キャント・ストップ・ラヴィング・ユー
サイーダ・ギャレット > キャント・ストップ・ラヴィング・ユー
I Just Can't Stop Loving You
マイケル・ジャクソンシングル
初出アルバム『Bad
リリース
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
CDシングル
録音 1986年
ジャンル ポップ
ソウル
時間
レーベル EPIC SONY
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
プロデュース マイケル・ジャクソン
クインシー・ジョーンズ
ゴールドディスク
マイケル・ジャクソン シングル 年表
Thriller
(1983年 (1983)
I Just Can't Stop Loving You
(1987年 (1987)
Bad
(1987年 (1987)
テンプレートを表示

キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」(原題:I Just Can't Stop Loving You)はマイケル・ジャクソンの楽曲。アルバムBad』収録曲で、『Bad』からの第1弾シングルカット。「Todo Mi Amor Eres Tu」と「Je Ne Venx Pas La Fin De Neus」についてもここで述べる。

解説[編集]

アルバムBad』の先行シングル。クインシーの秘蔵っ子サイーダ・ギャレットとのデュエット曲。全米1位、R&Bチャート1位と、好ヒットを記録した。

デュエット役に決まったサイーダは、自身がグレン・バラードと共作した「マン・イン・ザ・ミラー」のコーラス録りのためスタジオへ呼ばれたと思っていたところ、マイケルのデュエット相手として選ばれたことを告げられて驚愕した。

Todo Mi Amor Eres Tu[編集]

Todo Mi Amor Eres Tu
マイケル・ジャクソンシングル
初出アルバム『Bad
リリース
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
CDシングル
録音 1986年
ジャンル ポップ
時間
レーベル EPIC SONY
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
ルーベン・ブラデス
プロデュース マイケル・ジャクソン
クインシー・ジョーンズ
テンプレートを表示

Todo Mi Amor Eres Tu」は「I Just Can't Stop Loving You」のスペイン語バージョン。「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」にて祖父がスペイン出身であるケニー・オルテガにこの曲を口ずさむ様子が確認できる。

Je Ne Veux Pas La Fin De Nous[編集]

Je Ne Veux Pas La Fin De Nous
マイケル・ジャクソンシングル
初出アルバム『Bad 25th Anniversary
リリース
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
CDシングル
録音 1986年
ジャンル ポップ
時間
レーベル EPIC SONY
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
クリスティーヌ・ココ・ディクロワ
プロデュース マイケル・ジャクソン
クインシー・ジョーンズ
テンプレートを表示

Je Ne Veux Pas La Fin Nous」は「I Just Can't Stop Loving You」のフランス語バージョン。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]