エイント・ノー・サンシャイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイント・ノー・サンシャイン
ビル・ウィザースシングル
初出アルバム『Just as I Am
B面 Harlem
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル Soul, R&B, blues
時間
レーベル Sussex Records
作詞・作曲 ビル・ウィザース
プロデュース ブッカー・T・ジョーンズ
ゴールドディスク
ゴールドディスク
ビル・ウィザース シングル 年表
- エイント・ノー・サンシャイン
(1971)
Grandma's Hands
(1971)
ミュージックビデオ
「Ain't No Sunshine」 - YouTube
テンプレートを表示

エイント・ノー・サンシャイン」(Ain't No Sunshine)は、ビル・ウィザースが1971年に発表した楽曲。

概要[編集]

1971年5月に発売されたデビュー・アルバム『Just as I Am』に収録された。同年6月にシングルカットされ、ビルボード・Hot 100で3位を記録した。ビルボードのソウル・チャートでは6位を記録した。

ドナルド・ダック・ダン(ベース)、アル・ジャクソン・ジュニア(ドラムズ)、スティーヴン・スティルス(ギター)、ブッカー・T・ジョーンズ(ストリングスの編曲、プロデュース)らがレコーディングに参加している。エンジニアはテリー・マニング。自然的短音階の曲である[1]

ローリング・ストーンが選出するオールタイム・グレイテスト・ソング500で285位にランクインした[2]

カバー・バージョン[編集]

テンプテーションズ(1972年)、マイケル・ジャクソン(1972年)、フレディ・キング(1972年)、ベティ・ライト(1972年)、ナンシー・シナトラ(1973年)[3]アイザック・ヘイズ(1973年)、ロックメロンズ(1991年)、ネヴィル・ブラザーズ(1996年)、デヴィッド・キャシディ(2001年)、ハンソン(2004年、ライブDVD)、ジョーン・オズボーン(2007年)など。

脚注[編集]

  1. ^ Stephenson, Ken (2002). What to Listen for in Rock: A Stylistic Analysis, p.89. ISBN 978-0-300-09239-4.
  2. ^ 500 Greatest Songs of All Time”. 2014年8月8日閲覧。
  3. ^ Nancy Sinatra - Sugar Me (Vinyl) at Discogs

外部リンク[編集]