ネヴィル・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネヴィル・ブラザーズ
The Neville Brothers
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州 ニューオーリンズ
ジャンル R&Bソウルファンク
活動期間 1977年 - 2012年
レーベル キャピトル・レコード
A&Mレコード
EMI
コロムビア・レコード
Back Porch
公式サイト www.nevilles.com
旧メンバー アート・ネヴィル
チャールズ・ネヴィル
アーロン・ネヴィル
シリル・ネヴィル

ネヴィル・ブラザーズThe Neville Brothers)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのネヴィル家4兄弟が1977年に結成したR&Bバンド。

来歴[編集]

バンドの結成は1977年だが、それ以前に個々のメンバーは、既に充分な実績を積んでいた。最年長のアートは高校在学中にホーケッツに参加し、1954年に「Mardi Gras Mambo」をリリースした[1]。このバンドにはアーロンとチャールズも後に加入している[1]。アートは1960年代半ばにはジョージ・ポーターJr.らとミーターズを結成。ニューオーリンズを代表するファンクバンドとして知られるようになった。ミーターズ後期には、シリルもメンバーに加わっている。

アーロンは、1966年に「Tell It Like It Is」をリリース。R&Bチャートのトップに登りつめる大ヒットを記録している。チャールズはデュードロップインのハウス・バンドとして活躍し、ジェイムズ・ブッカーアラン・トゥーサンヒューイ・"ピアノ"・スミスなど、大物たちとセッションを重ねた。

彼らがネヴィル・ブラザーズとして活動するきっかけとなったのは、1976年、彼らの伯父にあたるビッグ・チーフ・ジョリー率いるワイルド・チャピトゥーラスのバック・バンドを務めたことに始まる[1]。1977年には正式にネヴィル・ブラザーズとして活動を開始した[1]1978年、デビュー・アルバム『ネヴィル・ブラザーズ』をキャピトル・レコードからリリース。その後、A&Mレコードに移籍し、1981年ベット・ミドラーとの仕事で知られるジョエル・ドーンをプロデューサーに迎えたアルバム『ファイヨー・オン・ザ・バイユー』をリリースするが、評論家から高く評価された一方で売り上げは芳しくなく、A&Mとの契約はいったん解消される[1]

1987年EMIから発表したアルバム『アップタウン』には、ブランフォード・マルサリスキース・リチャーズカルロス・サンタナ等がゲスト参加したが、ヒットには結びつかず、バンドはA&Mレコードに戻る。1989年のアルバム『イエロー・ムーン』は、ダニエル・ラノワがプロデュースを担当し、収録曲「Healing Chant」がグラミー賞ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門を受賞した[2]

1990年、映画『バード・オン・ワイヤー』のサウンドトラックにレナード・コーエンのカヴァー「Bird on a Wire」(コーエンのオリジナル・ヴァージョンのタイトルは「Bird on the Wire」)を提供し[3]、この曲はニュージーランドのシングル・チャートで5位を記録した[4]1992年のアルバム『ファミリー・グルーヴ』からの先行シングル「フライ・ライク・アン・イーグル」(スティーヴ・ミラー・バンドのカヴァー)は、再びニュージーランドでトップ10ヒットとなり、最高8位を記録[5]

2000年頃からアートが体調を崩し、活動のペースが落ちるが、2004年に久々のアルバム『シャドウ・オブ・ライフ』をリリース。健在ぶりをアピールする。チャールズを除き、3人の兄弟たちはニューオーリンズに住んでいたが、2005年ハリケーン・カトリーナによって、アーロンとシリルが自宅を失い、アーロンはナッシュビルに、シリルはオースティンに移住した。現在ニューオーリンズに住んでいるのはアートのみである。

アーロンは、被災後のニューオーリンズの大気汚染が持病の喘息に悪影響を与えるとの理由でニューオーリンズに戻っておらず、カトリーナ後、ネヴィル・ブラザーズのニューオーリンズ公演は行われていなかった。かつて、彼らはニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルで、最終日のトリを務めていたが、カトリーナ後、2006年2007年は出演しなかった。2008年に被災後初めて出演[6][7]

2008年10月、彼らは約12年ぶりの来日公演を行った[8]2009年7月には、フジロックフェスティバルに初出演。豪雨の中、初日のホワイトステージのラストを飾った[9]

2012年8月1日、彼らはハリウッド・ボウルで「The Neville Brothers Farewell Tour」と銘打ったコンサートを行ったのを最後にバンドとしての活動を休止[10]。その後、アーロンがソロ活動に専念するためグループを脱退した。残る3人の兄弟はThe Nevilles名義で活動を続けている[11]

2015年5月2日、ニューオーリンズのシーンガー劇場で開催されたトリビュート・コンサート「ネヴィル・フォーエヴァー」において約3年ぶりに4人が同じステージに立ち、故郷でのフェアウェル・コンサートを実現させる形となった[12]

メンバー[編集]

全員ニューオーリンズ生まれ。アーロンの息子、アイヴァン・ネヴィルがツアー・メンバーとして参加することもあった。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ネヴィル・ブラザーズ』 - The Neville Brothers (1978年、Capitol)
  • ファイヨー・オン・ザ・バイユー』 - Fiyo on the Bayou (1981年、A&M)
  • 『アップタウン』 - Uptown (1987年、EMI)
  • イエロー・ムーン』 - Yellow Moon (1989年、A&M)
  • 『ブラザーズ・キーパー』 - Brother's Keeper (1990年、A&M)
  • ファミリー・グルーヴ』 - Family Groove (1992年、A&M)
  • 『ミタケ・オヤシン・オヤシン〜オール・マイ・リレイションズ』 - Mitakuye Oyasin Oyasin/All My Relations (1996年、A&M)
  • 『ヴァレンス・ストリート』 - Valence Street (1999年、Columbia)
  • 『シャドウ・オブ・ライフ』 - Walkin' In The Shadow Of Life (2004年、Back Porch)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ネヴィライゼーション』 - Neville-ization (1984年、Black Top)
  • 『ライヴ・アット・ティピティナス』 - Nevillization 2 (Live at Tipitina's Volume 2) (1987年、Spindletop)
  • ライヴ・オン・プラネット・アース』 - Live on Planet Earth (1994年、A&M)
  • Authorized Bootleg: Warfield Theatre, San Francisco, CA, February 27, 1989 (2010年、A&M)
  • 『グレート・アメリカン・レディオ Vol.3』 - Great American Radio Vol. 3 - Telluride Jazz Festival, Colorado, June 8, 2008 (2019年、Floating World)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Treacherous: A History of The Neville Brothers (1955–1985) (1986年、Rhino)
  • Treacherous Too!: A History of the Neville Brothers, Vol. 2 (1955-1987) (1991年、Rhino)
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Greatest Hits (1991年、A&M)
  • The Very Best of the Neville Brothers (1997年、Rhino)
  • Uptown Rulin' – The Best of the Neville Brothers (1999年、A&M)
  • 20th Century Masters – The Millenium Collection: The Best of The Neville Brothers (2004年、A&M)
  • Gold (2005年、Hip-O/UMe)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]