ビル・ウィザース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビル・ウィザース

ビル・ウィザース(Bill Withers、1938年7月4日 - )はアメリカウェストバージニア州出身のシンガーソングライター/歌手。1960年代末から音楽活動を開始し、'80年代中期頃に引退した。グラミー賞ノミネートは計6回、うち3回を受賞。ゴールドディスク認定は、アルバムが3枚、シングルが3枚を数える。

バイオグラフィ[編集]

12歳の時に父を亡くす。17歳の時にアメリカ海軍へ加入。1967年にロサンジェルスに移るまでの9年間在籍。ロサンジェルスにいる間はフォード・モーターで働く。

1971年にSussex Recordsより「エイント・ノー・サンシャイン」(邦題:消えゆく太陽)で音楽シーンにデビュー。以後も「リーン・オン・ミー」、「Use Me」、「Lovely Day」、「Grandmother's Hands」等のヒット曲を出す。

1981年、ヴォーカリストとして参加したグローヴァー・ワシントン・ジュニアの「クリスタルの恋人たち」がシングルカットされ、全米2位を記録した。

1985年発表の『Watching You, Watching Me』を最後にアルバムを発表していない。

また彼は吃り(吃音症)を持っており、「深刻な問題だった」という。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 1971: Just As I Am
  • 1972: Still Bill
  • 1973: Live At Carnegie Hall
  • 1974: +Justments
  • 1975: Making Music, Making Friends
  • 1976: Naked & Warm
  • 1977: Menagerie
  • 1978: 'Bout Love
  • 1985: Watching You, Watching Me

外部リンク[編集]