ジェニファー・バトゥン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2010年

ジェニファー・バトゥンJennifer Batten, 1957年11月29日 - )は、ハードロックの分野で活躍するアメリカ合衆国の女性ギタリストニューヨークブルックリン出身。得意な奏法タッピングであり、中でも両手を用いるツーハンド・タッピングの名手。クラシック難曲、『熊蜂の飛行 (Flight of the Bumble Bee)』をタッピングで完全に再現したことが名声を得るきっかけであった。リズムギターにおいてもタッピングを用いることがある。

マイケル・ジャクソンのツアー参加や、ジェフ・ベックのバックでMIDIギターを担当したことでも有名である。ジェフ・ベックのアルバム、『フー・エルス!』でもタッピングを披露している。

ファーストアルバム発表後、ジ・イミグランツなるバンド名義で活動するがレーベルインディーズであったことやその音楽性がブルースであったため脱退。その後セカンドアルバムを発表する。

機材[編集]

エフェクトは主にデジテック製。ギターはワッシュバーンのジェニファーバトゥンモデル。 JB100 ボディは超軽量のスワンプアッシュ 指板がローズ ブリッジがオリジナルフロイトローズ これのピックアップレイアウトはリアにダンカンJBジュニア、センター、フロントはダックバッカー。 タッピングの開放弦のミュート用にストリングダンパーを使用している。 このストリングダンパーは商品化されている。 エフェクターはデジテックのGNX3000を使用、マーシャルのスピーカーとアンプEL34 100/100。

スタジオ機材[編集]

ジェフ・ベックとのツアー後自宅にプロツールズを導入。スピーカキャビネットをボックスにいれてマイキングするなど、自宅でのラウドな音だしも可能な設備である。

外部リンク[編集]