熊蜂の飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米陸軍楽隊による演奏

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
熊蜂の飛行の楽譜

熊蜂の飛行」(くまばちのひこう、ロシア語: Полет шмеля英語: Flight of the Bumblebee)は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲。「くまんばちの飛行」、「熊蜂は飛ぶ」、「くまんばちは飛ぶ」等とも訳される。ただし、ロシア語の"Шмель"も英語の"bumblebee"も、和名はマルハナバチミツバチより大型のミツバチ科のハチ)であり、クマバチはマルハナバチよりさらに大型のミツバチ科のハチである。

アレクサンドル・プーシキンの原作に基づき1889年から翌年にかけて作曲されたオペラ『サルタン皇帝』(ロシア語: Сказка о царе Салтане)の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われる曲である。独奏用などに編曲され、熊蜂の羽音を模した親しみやすい曲調もあって広く知られている。演奏者のテクニックを示すために、様々な楽器でしばしば演奏される。ヴァイオリントランペット胡弓エレキギター、はてはチューバで演奏された例もある。

なお、プーシキンの原作ではグヴィドンは3回虫に変身している(1回めは蚊、2回めは蝿、3回めは蜂)。リムスキー=コルサコフの作品では蜂のみが採用されている。

編成[編集]

2 フルート、2 オーボエコーラングレ、2 クラリネット、2 ファゴット、4 ホルン、2 トランペット、3 トロンボーンチューバティンパニシンバル弦五部

主な編曲[編集]

使用例[編集]