熊蜂の飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
米陸軍楽隊による演奏

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
熊蜂の飛行の楽譜

熊蜂の飛行」(くまばちのひこう、ロシア語: Полет шмеля英語: Flight of the Bumblebee)は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲。「くまんばちの飛行」、「熊蜂は飛ぶ」、「くまんばちは飛ぶ」等とも訳される。ただし、ロシア語の"Шмели"も英語の"bumblebee"も和名はマルハナバチミツバチより大型のミツバチ科のハチ)であり、クマバチはマルハナバチより更に大型のミツバチ科のハチである。

アレクサンドル・プーシキンの原作に基づき1889年から翌年にかけて作曲された歌劇『サルタン皇帝』(ロシア語: Сказка о царе Салтане)の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われる曲である。ラフマニノフ等によりピアノ曲やヴァイオリン曲等に編曲され、熊蜂の羽音を模した親しみやすい曲調もあって広く知られている。また、シフラがピアノ独奏用に編曲した版は、ピアノの難曲として知られている。またフレディ・マーチン楽団が発表した「バンブルブギー(Bumble Boogie)」という名でジャズの形でも演奏される。

演奏者のテクニックを示す為に、様々な楽器でしばしば演奏される。ヴァイオリントランペット胡弓エレキギター、はてはチューバで演奏された例も有る。

編成[編集]

2 フルート、2 オーボエコーラングレ、2 クラリネット、2 ファゴット、4 ホルン、2 トランペット、3 トロンボーンチューバティンパニシンバル弦五部

主な編曲[編集]

使用例[編集]