ジョルジュ・シフラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョルジュ・シフラGeorges (György) Cziffra, 1921年11月5日 - 1994年1月17日)は、ハンガリー出身のピアニスト。超絶技巧で名高い。リストの再来と呼ばれる。

経歴[編集]

ブダペストにてロマの家系に生まれる。5歳のときに、居酒屋やサーカス民謡を主題とする即興演奏を行なって有名になる。ブダペストのフランツ・リスト音楽院に入学し、エルネー・ドホナーニらに師事。

ソ連軍支配下の祖国から脱出を試みるも失敗、1950年から1953年まで投獄され、懲役刑に服す。併せて収監された同名の息子が、獄中で死にかけるほどの悲惨な体験だった。だが1956年に再審理の末、ウィーン行きを許され、この地が世界的な活動の出発点となった。その後、ロンドンパリに赴く。演奏の際には、決まって革の腕輪をはめ、囚人時代の屈辱を忘れないようにした。

息子ジェルジ・シフラ・ジュニア指揮者であり、数々の演奏会や録音で父親と共演してきた。しかしながら1981年の悲劇的な自宅火災によって不慮の死を遂げ、有望視された将来を実現することができなかった。この事件が引き金となり、シフラの士気は低迷し、それ以来、オーケストラとの共演による演奏や録音を二度と行おうとはしなかった。評論家からは、この心理的な深刻なショックが演奏の質に影を落としているとも指摘された。1980年代には、そのため録音活動も低調になったが、1990年代を迎える頃から、再起に向かおうと録音などにも取り組んでいた。

喫煙者であり酒豪でもあった。そのため肺癌を患い、合併症による心臓発作から72歳でフランスのオワーズ県で没した。

演奏様式[編集]

1956年ハンガリー動乱の時に一時的に国境が開いた時に西欧公演旅行に出発し、ウィーンパリロンドンニューヨーク等で公演したのち、最終的にフランスに住み着くことになった。日本ではフランス在住の音楽家と思われたため、フランス語読みのジョルジュ・シフラという名で知られるようになったが、元々はハンガリー語ツィフラ・ジェルジュ[ˈʦifrɒ ˈɟørɟ]である。

多くの録音は賛否に分かれ、その演奏について技巧的な曲に関しては、受け狙いで実質に乏しく、音楽的とはいえない、と論じる向きもある。小品では、抒情性に富み味わい深い演奏も多数残されている。実際のところ生演奏では、シフラの豪快な演奏に酔いしれた聴衆が、演奏の途中でやんやの大喝采を送ることも稀ではなかった。いずれにせよシフラが不世出のヴィルトゥオーソであり、即興演奏の達人であった事実はほとんど疑いようがない。

レパートリー[編集]

モノラル時代にはバルトークの協奏曲も録音しているが、演奏家としての気質や特徴から、シフラは19世紀ロマン派音楽ときわめて相性のよいピアニストだった。とりわけリストの技巧的な作品の絢爛豪華な演奏・録音でとりわけ名高い。彼が二度にわたって録音を行ったハンガリー狂詩曲は名盤としてしられ、個性派の解釈でありながらもっとも親しまれている盤になっている。すさまじい技巧を駆使した超絶技巧練習曲は賛否こそ分かれるが、ハンガリー狂詩曲集同様(あるいはそれ以上に)個性的な解釈でファンを虜にしている。息子と共演したリストの協奏曲は、定番のチョイスとして知られている。ショパン作品も数多く録音しただけでなく、実演奏においては、リスト作品での豪放華麗な演奏とは対照的に、内面的で繊細なところをうかがわせた。バラキレフの<イスラメイ>も圧巻である。また、リスト作曲の『半音階的大ギャロップ』の演奏は特に有名であり、独自のアレンジも加えられている。

編曲[編集]

彼は編曲も多々こなしており、20世紀を代表する編曲家の一人でもある。最近では楽譜も出版されており、他者によるCD録音も行われるようになるまで広まっている。

代表的な作品一覧[編集]

熊蜂の飛行(原曲:リムスキー=コルサコフ
彼の代表的な編曲のひとつで、人気が高い。リストの半音階を応用し、両手で交互にオクターブで旋律を拾っていくようにしている。一応繰り返しの設定はされているが、曲が倍近くに長くなる為、繰り返しをしないことのほうが多い。(本人は繰り返しを行っている)
剣の舞(原曲:ハチャトリアン
すさまじい跳躍を駆使した難曲。熊蜂の飛行、トリッチ・トラッチ・ポルカとならび、彼の代表的な編曲作品である。難易度の割に演奏効果が熊蜂の飛行ほど高くない。
トリッチ・トラッチ・ポルカ(原曲:ヨハン・シュトラウス2世
多彩な技巧を要する華やかな曲になっており、さらに形式は原曲に依っておらず、変奏曲形式である。彼の編曲の中ではよく知られているものではあるが、演奏が至難。
ハンガリー舞曲(原曲:ブラームス
全部で15曲からなる編曲集で、編曲されているのはNo.1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 10, 12, 13, 16, 17, 19, 21。5番が比較的よく知られている。

そのほか、美しき青きドナウによるパラフレーズ、ウィリアム・テル幻想曲、リストのハンガリー狂詩曲第16,19番など。いずれの曲も素早く大きな跳躍をする曲が多く、シフラが跳躍が非常に得意だったことが伺える。

エピソード[編集]

リスト国際ピアノコンクールの審査委員長を最初に務めた時に、世に送り出した優勝ピアニストがフランス・クリダである。クリダはその後、女性ピアニストとしては初めて、リスト全集録音の快挙をなし遂げた。また、若い演奏家を支援するため国際シフラ財団を設立し、マルク・ラフォレロマン・エルヴェ横山幸雄シャンタル・リウらを支援した。

外部リンク[編集]