ハンガリー人の姓名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハンガリー人の姓名(ハンガリーじんのせいめい)では、ハンガリー人のについて述べる。

順番[編集]

ハンガリー人の姓名は本来、日本人と同じく「姓・名」の順である。しかし、ハンガリー人が国外で活動する場合は、他の欧米諸国の姓名に倣って「名・姓」の順で表記することも多い(イシュトヴァン・ケルテスフェレンツ・フリッチャイなど)。

また、歴史的(オーストリア=ハンガリー帝国期など)には、ハンガリー語の姓名とドイツ語の姓名を有していた。この場合、ハンガリー語の姓名をドイツ語またはドイツ語風に翻訳した上で「名・姓」の順で表記した。

フィリップ・レーナルト
  • (ドイツ名)フィリップ・エドゥアルト・アントン・フォン・レーナルト(Philipp Eduard Anton von Lenard)
  • (ハンガリー名)レーナールド・フュレプ・エデ・アンタル(Lénárd Fülöp Ede Antal)
ジョン・フォン・ノイマン(英語名)
  • (ドイツ名)ヨハネス・ルートヴィヒ・フォン・ノイマン(Johannes Ludwig von Neumann)
  • (ハンガリー名)ナイマン・ヤーノシュ・ラヨシュ(Neumann János Lajos)

[編集]

ハンガリー人の名前は、基本的には聖書ギリシア語ラテン語ゲルマン語ケルト語を起源とする他のヨーロッパ諸国の名前と同じだが、古代からの踏襲や他のヨーロッパ語の翻訳などを含むハンガリー語起源の名前も多い。聖名祝日 (névnap) のカレンダーMagyar névnapok betűrendben, A névnapok összesített jegyzéke naptári rendbenなどを参照のこと。

ハンガリー語独自の名前や、ハンガリーにちなんだ名前にはTünde, Álmos, Árpád, Atilla, Csaba, Csongor, Levente, Szabolcsなどがある。

外国語の翻訳例には、

  • Győző < Victor
  • Szilárd < Constantinus

などがある。

ミドルネーム[編集]

かつては、洗礼名堅信名が付けられると、出生名の後に続けており、他の欧米諸国の姓名に転ずる場合、出生名と姓の間に置かれ、ミドルネームとなっていたが、現在においては、法律上の位置づけはなく、また、洗礼名や堅信名を名のることもなくなっている。

外部リンク[編集]

[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]