美しく青きドナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピアノ譜の表紙絵。描かれているのは、ドナウ川のほとりに佇む男女三人。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

美しく青きドナウ』(うつくしくあおきドナウ、: An der schönen blauen Donau作品314は、ヨハン・シュトラウス2世1867年に作曲したワルツ。『美しき青きドナウ』『美しく碧きドナウ[1][2]』などと日本語表記される場合もある。邦題は原題のうちの「An」を無視したものであり、正確に訳すと『美しく青きドナウのほとりに』となる[3]。また、オーストリアでは正式な曲名ではなく『ドナウ・ワルツ』と呼ぶことが多い[4]

シュトラウスの「十大ワルツ」のひとつとされ、その中でも最高傑作との評価を受けている。オーストリアでは公式なものではないが「第二の国歌」とも呼ばれ、何事につけても演奏される[5]。大晦日から新年に代わるとき、オーストリアのテレビ各局はシュテファン大聖堂の鐘の音に続いてこの曲のメロディーを流し、またウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでは、3つのアンコール枠のうちの2番目として必ず演奏される[5]

概要[編集]

ピアノ譜の表紙絵。
作曲後100年を祝って発行された記念銀貨。

1866年の普墺戦争で大敗し、失望の底に沈んだウィーン市民を慰めるために作曲される。シュトラウスに作曲を持ちかけたのは『ウィーン男声合唱協会』の指揮者ヨハン・フランツ・フォン・ヘルベックだった[1]。当初シュトラウスは声楽曲を書いたことがなかったために断ったが、しかし執拗なヘルベックの求めに折れて作曲を引き受けることになった[6]。シュトラウスはかつて読んだことのあるカール・イシドール・ベックドイツ語版の詩の一節を思い浮かべ、ドナウ川についての作品とすることに決定した[6]。まず題名を『美しく青きドナウ』に決定したシュトラウスは、このことを詩人フランツ・フォン・ゲルネルトドイツ語版に話し、改めてドナウ川を讃える詩を書いてもらい、それに乗せる形で作曲することにした[6]

このような経緯で男声合唱曲として書かれ、1867年2月15日にディアナ・ザールで初演されたが、「くよくよするなよ!」「悲しいのかい?」などといった歌詞が図星を指したためか、反響は好ましいものではなかった[6]。しかし1867年のパリ万博の会場における演奏では一転して高い評価を受け、合唱なしの管弦楽用としても各地で演奏されるようになった[6]。シュトラウス自身はこの曲をさほど評価していなかった節があるが、やがて「オーストリア第二の国歌」「シュトラウスの最高傑作」としての名誉を博するようになった。当時の音楽評論家エドゥアルト・ハンスリックは、この曲を「愛国的な国民の歌」と称えた[4]

シュトラウスと親交の深かったヨハネス・ブラームスは、後年シュトラウスの妻アデーレから彼女の扇子へサインを頼まれた際、この曲の一節を五線譜で書き「残念ながら、ヨハネス・ブラームスの作品にあらず」と脇に書き添えた[2][7]

なお、本作品の23年後の1890年に同じくシュトラウスが作曲したワルツ『市庁舎舞踏会イタリア語版』の冒頭部分などにおいて、本作品で登場するメロディがいくつか引用されている。

本作品の作曲から100年後の1967年、オーストリアでは記念銀貨が発行された。額面は50オーストリア・シリング

作品について[編集]

編成[編集]

フルート2(2はピッコロ持ち替え)、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、バストロンボーンチューバティンパニバスドラムトライアングルスネアドラムハープ弦五部

構成[編集]

曲は弦楽器トレモロに乗ってホルンが静かに主題旋律を奏し、ドナウ川の源流(ドナウエッシンゲンにある「ドナウの泉」)と黒い森の情景が描かれる。次第にワルツに発展し、ニ長調の有名な主部となる。その後、明るい5つのワルツが連結された後、主部が再現され、華やかなコーダとなり、終わる。演奏時間はおよそ9分[6]

編曲[編集]

合唱版[編集]

「美しく青きドナウ」は最初は全く別の歌詞を伴う男声合唱曲として書かれたが、後に歌詞を改めて現在のヴァージョンになった。ウィーン少年合唱団による歌唱で有名である。

なお、この合唱版と管弦楽版の一番の違いは、歌唱が終わると直ちにイ長調の短いコーダで曲が終わってしまうことである。現在広く親しまれている管弦楽版は、合唱版のあとに長いコーダをつけて主題再現部を伴い、ニ長調で終止する。

Donau so blau,
so schön und blau,
durch Tal und Au
wogst ruhig du hin,
dich grüßt unser Wien,
dein silbernes Band
knüpft Land an Land,
und fröhliche Herzen schlagen
an deinem schönen Strand.

Weit vom Schwarzwald her
eilst du hin zum Meer,
spendest Segen
allerwegen,
ostwärts geht dein Lauf,
nimmst viel Brüder auf:
Bild der Einigkeit
für alle Zeit!
Alte Burgen seh'n
nieder von den Höh'n,
grüssen gerne
dich von ferne
und der Berge Kranz,
hell vom Morgen glanz,
spiegelt sich in deiner Wellen Tanz.

Die Nixen duf dem Grund,
die geben's flüsternd kund,
was Alles du erschaut,
seit dem über dir der Himmel blaut.
Drum schon in alter Zeit
ward dir manch' Lied geweiht;
und mit dem hellsten Klang
preist immer auf's Neu' dich unser Sang.

Halt' an deine Fluten bei Wien,
es liebt dich ja so sehr!
Du findest, wohin du magst zieh'n,
ein zweites Wien nicht mehr!
Hier quillt aus voller Brust
der Zauber heit'rer Lust,
und Treuer, deutscher Sinn
streut aus seine Saat von hier weithin.

Du kennst wohl gut deinen Bruder, den Rhein
an seinen Ufern wächst herrlicher Wein,
Dort auch steht bei Tag und bei Nacht
die feste treue Wacht.
Doch neid' ihm nicht jene himmlische Gab',
bei dir auch strömt reicher Segen herab,
und es schützt die tapfere Hand
auch unser Heimatland!

D'rum laßt uns einig sein,
Schließt Brüder fest den Reig'n,
Froh auch in trüber Zeit,
Mut, wenn Gefahr uns dräut!
Heimat am Donaustrand,
Bist uns'rer Herzen Band;
dir sei für alle Zeit
Gut und Blut geweiht!

Das Schifflein fährt auf den Wellen so sacht,
still ist die Nacht,
die Liebe nur wacht,
der Schiffer flüstert der Liebsten ins Ohr,
daß längst schon sein Herz sie erkor.
O Himmel sei gnädig dem liebenden Paar,
Schütz' vor Gefahr es immerdar!
Nun fahren dahin sie in seliger Ruh'
O Schifflein immer nur zu!

Junges Blut,
frischer Mut,
O wie glücklich macht,
dem vereint ihr lacht!
Lieb und Lust
schwellt die Brust,
hat das Größte in der Welt vollbracht.

Nun singst ein fröhliches seliges Lied,
das wie Jauchzen die Lüfte durchzieht,
von den Herzen laut wiederklingt
und ein festes Band um uns schlingt.

Frei und treu in Lied und Tat,
bringt ein Hoch der Wienerstadt,
die aufs Neu' erstand voller Pracht
und die Herzen erobert mit Macht.

Und zum Schluß bringt noch einen Gruß
uns'rer lieben Donau, dem herrlichen Fluß!
Was der Tag uns auch bringen mag
Treu und Einigkeit
Soll uns schützen zu jeglicher Zeit

室内楽版[編集]

アルノルト・シェーンベルクが編曲した室内楽版がある。これはシェーンベルクら新ウィーン楽派が、前衛的な自作を理解のある限定された聴衆にのみ公開する予約演奏会形式を好んで室内楽編成の曲を多く書いたが、同時に収入目的のお楽しみコンサートとして、同じ室内楽編成用に親しみやすい演目を編曲して演奏したことによる。

特記事項[編集]

毎年1月1日に行われる、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサートのアンコールの定番曲でもあり、この曲の序奏部を少し奏した後、拍手によって一旦打ち切り、指揮者や団員の新年の挨拶が続くという習慣となっている[5]

1915年から1920年まで現在の千葉県習志野市内に設置されていた習志野俘虜収容所に収容されていたドイツ軍捕虜たちによる文化活動の一環として、彼らにより結成された「習志野捕虜オーケストラ」が収容所内においてたびたびコンサートを開いており、その中で本作品も演奏されている(残存している1919年6月22日開催のコンサートプログラムの中に本作品の曲名が記載されているのが見える[8])。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『名曲解説全集 第三巻 管弦楽曲(上)』(音楽之友社、昭和34年) p.325
  2. ^ a b 團(1977) p.86
  3. ^ 加藤(2003) p.146
  4. ^ a b 河野(2009) p.76
  5. ^ a b c 河野(2009) p.73
  6. ^ a b c d e f 『名曲解説全集 第三巻 管弦楽曲(上)』(音楽之友社、昭和34年) p.327
  7. ^ 渡辺(1989年4月) p.19
  8. ^ 第一次世界大戦と習志野―大正8年の青きドナウ― - 習志野市ホームページより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]