ヨハン・シュトラウス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・シュトラウス1世
Johann Strauss I
Johann Strauss I (2).jpg
Johann Strauss I, etching from 1835
基本情報
出生名 ヨハン・バプティスト・シュトラウス
(Johann Baptist Strauss)
別名 ワルツの父
出生 1804年3月14日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ウィーン
出身地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国、ウィーン
死没 1849年9月25日(満45歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国、ウィーン
ジャンル ウィンナ・ワルツ
職業 作曲家
指揮者
ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
活動期間 1823年 - 1849年
ウィーン中央墓地にある墓所。この墓を大三角形で囲むように息子たち3人の墓がある。

ヨハン・シュトラウス1世Johann Strauss I (Vater)1804年3月14日 - 1849年9月25日)はオーストリアウィーンで活躍した作曲家指揮者、ヴァイオリニストである。ウィンナ・ワルツの基礎を築いたため、「ワルツの父」とも呼ばれる。彼の名前をより正確に表現すると、ヨハン・バプティスト・シュトラウス(Johann Baptist Strauss)である。音楽一家としてのシュトラウス家の始祖である。

生涯[編集]

ウィーンのレオポルトシュタットに生まれる。家族はここで居酒屋を経営していたが、ヨハンが幼いころに倒産してしまった[1]。母バーバラは過労で病死し、父フランツはドナウ川に投身自殺をしてしまい、孤児となったヨハンは親戚に引き取られ、製本屋に丁稚奉公をするようになった[1]。町はずれに住んでいたヨハンは、宿屋(居酒屋という説もある)の娘アンナ・シュトレイム(Anna Streim、1801年 - 1870年)と出会い、男女の仲になる。やがて恋人アンナは妊娠し、それを機に彼女と結婚する[1]1825年10月25日、長男ヨハン・シュトラウス2世が誕生する。

1823年のある日、奉公先を飛び出して、流しの楽士となった。19世紀初頭には演奏家という職業は存在していなかったが、酒場や料理店には無数の楽士がおり、リンツの楽士たちは田舎風の素朴なワルツを弾いていた。ヨハンはそれに魅せられたのだった。ヨハンは楽士になると同時にワルツの作曲も始め、ヨーゼフ・ランナーの楽団に入団する。やがて1827年に自身の楽団を作ってランナーと対立、両者のワルツはともにあらゆる階級に価値を認められ、世に「ワルツ合戦」と称される両者の激しい競合が始まった。ヨハンはヨーロッパ中の大都市に演奏旅行をするようになり、ワルツの人気はとりわけ西ヨーロッパを風靡した[2]1829年、ウィーンの有名な娯楽場「シュペール」の音楽監督に就任した[3]

1843年、ライバルだったランナーが世を去るが、その翌年に自身の息子であるヨハン2世が音楽家としての活動を開始、今度はシュトラウス親子によるワルツ合戦の時代が到来した。ヨハンは、音楽家という職業が浮き草稼業であることを知っていた[4]。ヨハン2世は父の影響を大いに受けて音楽家になることを夢見ていたのだが、ヨハンはそれに猛反対し、息子をむりやり工科学校に入学させた[4]。大学では経済学を専攻にさせられたヨハン2世ははじめ銀行員の職に就いたものの、やはり音楽への情熱を絶ちきれずに音楽活動を開始したのだった[5]。この年、ヨハンは妻アンナと離婚した[4]

1846年、宮廷舞踏会の音楽監督に召し上げられた。親子はそれぞれ市民連隊の軍隊楽長として行進曲を指揮した[6]。そこに1848年三月革命が勃発し、ヨハンは革命側に与した。このような状況で『自由行進曲』などを作曲したとされる[7]が、しかし次第に革命から離反し、オーストリア帝国の英雄ヨーゼフ・ラデツキー将軍を讃える『ラデツキー行進曲』を作曲。革命派からは裏切り者呼ばわりされることとなった[6]

1849年、愛人邸で死去。このとき愛人はヨハンの遺体を置き去りにして、持ち運びできる荷物をすべて持ったまま去ったため、ヨハン2世とアンナがその遺体を引き取らなければならなくなった。この際ヨハン2世はショックを受け、生涯にわたり死の恐怖におびえ続けたらしい[8]。ヨハンの死後、シュトラウス楽団はヨハン2世が継承した。宮廷舞踏会音楽監督の役職はしばらくは他人が務めていたが、やがて1863年にヨハン2世が、さらにその後を1872年に末子のエドゥアルトが引き継いだ。

経歴[編集]

  • 1804年:ウィーンに生まれる
  • 1823年:ヨーゼフ・ランナーの楽団に入団。
  • 1827年:楽団を退団。自ら、管弦楽団を結成する。
  • 以後、宮廷の貴族らに音楽を演奏した。
  • 1849年:ウィーンで死去。(墓所はウィーン中央墓地にある)

家族[編集]

  • 長男:ヨハン(2世)
  • 次男:ヨーゼフ(ヨハンに続いて、作曲家となる。)
  • 三男:フェルディナント(生後間もなく死去。そのためエドゥアルトが三男とみなされることが多い。)
  • 四男:エドゥアルト(シュトラウス一家の四男。作曲家)

作品[編集]

ワルツ[編集]

  • 小鳩のワルツ(Täuberln-Walzer) Op.1
  • パガニーニ風ワルツ(Walzer a la Paganini)Op.11
  • うぐいすのワルツ(Philomelen-Walzer)Op.82
  • パリ(Paris)Op.101
  • ローレライ=ラインの調べ(Loreley-Rhein-Klänge) Op.154

ギャロップ[編集]

  • ため息ギャロップ(Seufzer-Galoppe)Op.9
  • 中国人のギャロップ(Chineser-Galoppe)Op.20
  • 入場ギャロップ(Einzugs-Galopp)Op.35
  • シュペール・ギャロップ(Sperl-Galopp)Op.42
  • 旅行ギャロップ(Reise-Galopp)Op.85
  • 舞踏会の夜のギャロップ(Ballnacht-Galopp)Op.86
  • 若人の情熱(Jugendfeuer)Op.90
  • カチューシャ・ギャロップ(Cachucha-Galopp)Op.97
  • ヴェルサイユ・ギャロップ(Versailler Galopp)Op.107
  • ジプシー・ギャロップ(Gitana-Galopp)Op.108
  • インド人のギャロップ(Indianer-Galopp)Op.111
  • リストのモチーフによる狂乱のギャロップ(Furioso-Galopp nach Liszt's Motiven)Op.114

ポルカ[編集]

  • シュペール・ポルカ(Beliebte Sperl-Polka)Op.133
  • マリアンカ・ポルカ(Marianka-Polka)Op.173
  • アイゼレとバイゼレ(Eisele und Beisele) Op. 202
  • ピーフケとプーフケ(Piefke und Pufka)Op.235
  • アリス・ポルカ(Alice-Polka)Op.238
  • フレデリーカ・ポルカ(Frederica-Polka)Op.239
  • エクゼター・ポルカ(Exeter-Polka)Op.249

コティヨン[編集]

  • フラ・ディアボロ・コティヨン(Fra Diavolo-Cotillons)Op.41

カドリーユ[編集]

  • 祝典カドリーユ(Jubel-Quadrille)Op.130

幻想曲[編集]

  • エルンストの思い出 またはベネチアの謝肉祭(Erinnerung an Ernst oder: Der Carneval in Venedig)Op.126

行進曲[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 倉田(2006) p.175
  2. ^ ジェラヴィッチ(1994) p.107
  3. ^ ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2012曲目解説〈シュペール・ギャロップ〉を参照。
  4. ^ a b c 倉田(2006) p.176
  5. ^ 吉崎(1978) 185頁
  6. ^ a b 倉田(2006) p.177
  7. ^ ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2015曲目解説〈自由行進曲〉を参照。
  8. ^ ディアゴスティーニ刊『The Classic Collection』第8号より