ハプスブルク君主国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハプスブルク君主国の旗

ハプスブルク君主国(ハプスブルクくんしゅこく、ドイツ語: Habsburgermonarchie, 英語: Habsburg Monarchy)は、オーストリアハプスブルク家(のちハプスブルク=ロートリンゲン家)が君主として統治した国家歴史学上の呼称である。

正確には「帝国」ではない時代もあるがハプスブルク帝国ドイツ語: Habsburgisches Reich, 英語: Habsburg Empire)とも呼ばれる。成立年はハプスブルク家がオーストリア大公国に加えてハンガリー王国ボヘミア王国ボヘミア王冠領)を獲得した1526年とされる。1804年までは公式の名称を持っていなかったが、同時代の人々ですらこれを事実上の国家として認識し、オーストリアと呼称していた。1804年から1867年まではオーストリア帝国1867年から1918年まではオーストリア=ハンガリー帝国(正式には「帝国議会において代表される諸王国および諸邦ならびに神聖なるハンガリーのイシュトヴァーン王冠の諸邦」)を総称とした。

概要[編集]

ハプスブルク家は13世紀ルドルフ1世以降、神聖ローマ帝国内の一領邦として、現在のオーストリアスロベニアを中心とした地域を所領としていた。オーストリアは帝国の辺境伯領の一部で、オーストリア公国オストマルク)をなしていたが、建設公ルドルフ4世は「大公」を自称し、後に神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世が帝国法で正式に定めてオーストリア大公国が出現した。以降、帝国におけるオーストリアの地位は格段に上昇した。

1526年ハンガリーラヨシュ2世モハーチの戦いで戦死すると、皇帝カール5世の弟、オーストリア大公フェルディナント(後の皇帝フェルディナント1世)がハンガリーとボヘミアの王位を継承することになった。ハンガリーは帝国の領域外にあり、ハプスブルク家は皇帝としてではなく、あくまでハンガリー王としての資格で統治下に置いた。一方、ハプスブルク家は神聖ローマ皇帝位を事実上世襲し、形式上は現在のドイツを中心とする帝国の領域の君主であったが、実質的にその統治はハプスブルク家の所領の外には及んでいなかった。ハプスブルク家の統治が及んでいた帝国内外の領域は、全体としては公式の名称を持っていなかったが、事実上は1つの国家として機能していた。同時代の人々もこれを国家として認識し、オーストリアと呼称していた。

1806年、完全に形骸化していた神聖ローマ帝国は、ライン同盟の結成とフランツ2世の帝位放棄によって名実ともに消滅した。これによりハプスブルク家は「神聖ローマ皇帝」という「至上の地位」を失い、オーストリア大公及びハンガリー王、ボヘミア王ほか諸侯の地位を保持する一領邦君主に転落した。一方でフランツ2世は帝国消滅に先立つ1804年以降、「オーストリア皇帝」フランツ1世と称し、名称と実体とが一致した「オーストリア帝国」が成立した。その後、ハンガリーにおける民族運動の高まりを受け、1867年からは内政上のハンガリーの独立性を認めて(アウスグライヒ)、以後は「オーストリア=ハンガリー帝国」となった。

領域[編集]

ハプスブルク君主国の領域は、大きく分けて以下の3つから形成されていた。

ハプスブルク家世襲領
ハプスブルク家の所領とされたのは、現在のオーストリアスロベニアイタリア北部ラインラント1797年まで)である。ナポレオン戦争の過程でこれらの領土の多くが一旦は失われたが、ウィーン会議1814年)によって多くを回復し、さらにザルツブルク大司教領を加えた。
ベーメン王冠領
ベーメン王国領はベーメン(ボヘミア)、メーレン(モラヴィア)、シュレージエン(シレジア)、ラウジッツからなっていた。ラウジッツは1620年にザクセン公国へ割譲され、シュレージエンはオーストリア継承戦争1740年 - 1748年)の結果プロイセン王国に奪われた。
ハンガリー王冠領
ハンガリー王国はモハーチの戦いの後、北西部の3分の1がハプスブルク家、東南部と中部の3分の2がオスマン帝国の支配下に入った(オスマン帝国領ハンガリー)。オスマン帝国の衰退とともに、1699年カルロヴィッツ条約で旧ハンガリー王国の領域の大部分がハプスブルク家へ割譲された。ハンガリー王国領とされた地域は、現在のハンガリースロバキアクロアチアヴォイヴォディナトランシルヴァニア、ルテニアのカルパチア地方が含まれていた。オスマン帝国と接する最前線は、軍事上の必要性からウィーン政府による直轄支配とされた。
1911年のオーストリア=ハンガリー帝国領

これら以外に歴史上、以下の地域がハプスブルク君主国の領域となった。

特色[編集]

ハプスブルク君主国の領域は、多様な地域、多様な民族にわたっていたため、単一の国家として統治することは極めて困難であった。17世紀までは各地域にハプスブルク家の一族が配され、それぞれがあたかも自己の所領として統治を行っていた。18世紀半ばのマリア・テレジアの時代以降、中央集権化が進められたが、ヨーゼフ2世の急進的な改革は抵抗に阻まれることになった。メッテルニヒの時代にはより漸進的な改革が進められた。

1848年革命の後、旧態依然とした地域区分を近代的な行政区画へ再編する試みがなされた。しかし、普墺戦争などの敗北によって中央政府の権威は失墜し、結局アウスグライヒという民族間の妥協がなされることとなり、機能的な官僚支配の国家への体制変革は頓挫した。ハプスブルク君主国は前時代的な体制を抱えたまま第一次世界大戦に巻き込まれ、その衝撃に耐え切れず崩壊した。

歴代当主[編集]

マリア・テレジア以外はいずれも神聖ローマ皇帝またはオーストリア皇帝としての呼称である。

  1. フェルディナント1世1526年 - 1564年
  2. マクシミリアン2世1564年 - 1576年
  3. ルドルフ2世1576年 - 1612年
  4. マティアス1612年 - 1619年
  5. フェルディナント2世1619年 - 1637年
  6. フェルディナント3世1637年 - 1657年
  7. レオポルト1世1657年 - 1705年
  8. ヨーゼフ1世1705年 - 1711年
  9. カール6世1711年 - 1740年
  10. マリア・テレジア1740年 - 1780年
    ハプスブルク家の当主を継承したが、帝位には夫フランツ1世が就いた。
  11. ヨーゼフ2世1780年 - 1790年
  12. レオポルト2世1790年 - 1792年
  13. フランツ2世1792年 - 1835年
    1804年以降はオーストリア皇帝フランツ1世
  14. フェルディナント1世1835年 - 1848年
  15. フランツ・ヨーゼフ1世1848年 - 1916年
  16. カール1世1916年 - 1918年

関連項目[編集]