ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団ドイツ語Wiener Johann Strauss Orchester英語Vienna Johann Strauss Orchestra)は、オーストリアの首都ウィーンを拠点とした、シュトラウス・ファミリーの音楽をプログラムの中心とするオーケストラ。略称はWJSO

19世紀後半にヨハン・シュトラウス2世らが率いたシュトラウス管弦楽団を継承するオーケストラであると自任している。

概要[編集]

オーストリア・ラジオ(ORF)とヴァイオリニストのオスカー・ゴーガーの主導により、1966年に結成された[1]。楽団員は、ウィーン放送交響楽団を中心としたウィーンの名だたるオーケストラから選抜された[2]。専属団員から成る常設団体ではなく、年15回程度のコンサートと録音、演奏旅行などのたびに集まる。

楽団の結成は、かつてエドゥアルト・シュトラウス1世が解散したシュトラウス管弦楽団を再建するという建前で行われた。そこでシュトラウス一家の伝統の継承者として、エドゥアルト・シュトラウス1世の孫であるエドゥアルト・シュトラウス2世が創立者として招かれた[1]1969年にエドゥアルト・シュトラウス2世が早世すると、長年にわたってニューイヤーコンサートの指揮者を務めていたヴィリー・ボスコフスキーが後任指揮者として招かれた。こうした歴史を有するがゆえに、ことウィンナ・ワルツの演奏に関してはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に次いで権威あるオーケストラとなっている。特にボスコフスキー時代には独EMI(エレクトローラ)に積極的な録音を行い、日本では同じ指揮者がウィーンフィルを指揮したニューイヤーコンサート・アルバム(当時はセッションだった)と競い合うような時期に毎年発売された。40名あまりの小編成は、ウィーンフィルなどが同分野を演奏する際の6掛けの人数だが、シュトラウス生前のオリジナル演奏規模に近い。

なお、アンドレ・リュウが1987年に創設したヨハン・シュトラウス・オーケストラ英語版や、同じくシュトラウス楽団の再興を謳って活動しているウィーン・シュトラウス・カペレは、完全な別団体である。

指揮者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ピーター(1987) p.247
  2. ^ ピーター(1987) p.248

参考文献[編集]

外部リンク[編集]