ヨハネス・ブラームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨハネス・ブラームス
Johannes Brahms
JohannesBrahms.jpg
基本情報
出生名 Johannes Brahms
生誕 1833年5月7日
出身地 War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦[1]
ハンブルクの旗 自由ハンザ都市ハンブルク
死没 (1897-04-03) 1897年4月3日(63歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
ジャンル ロマン派音楽
職業 作曲家
ピアニスト
指揮者
担当楽器 ピアノ
活動期間 1843年 - 1897年

ヨハネス・ブラームスJohannes Brahms1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツ作曲家ピアニスト指揮者である。J.S.バッハBach)、ベートーヴェンBeethoven)と共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風はおおむねロマン派音楽の範疇に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。

一部には、ブラームスをしてベートーヴェンの後継者ととらえる人もおり、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の交響曲第1番を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した。

生涯[編集]

ハンブルクの生家

ブラームスは1833年5月7日にハンブルクで生まれた。彼に最初の音楽レッスンを行った父は、市民劇場のコントラバス奏者であった。後年になってブラームスが語った話によれば、家の表札には「Brahmstブラームスト)」と書かれていたという[2]。子供の頃から「ブラームス」と頭に刷り込まれていたブラームスは、最後の「t」が嫌で、表札をしょっちゅう指でこすり、しまいには消してしまった。このせいで父に届いた親方献呈合格証は「ブラームス」と書かれたものになった[2]。ブラームス曰く、「親父がtを取るように、少しずつ慣れさせたんだよ[2]。」このブラームスの話が冗談なのか実話なのかは不明だが、実際に「Brahmst」と書かれた1849年4月14日の「音楽の夕べ」のプログラムが残っている[3]

7歳の時からオットー・フリードリヒ・ヴィリバルト・コッセルにピアノを学ぶようになった。ブラームスはピアノの早熟な才能を現し、10歳の時にはじめてステージに立った。この時彼の演奏を見ていたアメリカの興行師がアメリカ演奏旅行を提案し、両親も賛成したものの、コッセルはこれに反対し、より高度な音楽教育が受けられるように、コッセルの師である作曲家でピアニストのエドゥアルト・マルクスゼンに師事させた[4]。しかしブラームスの生家は貧しかったため、13歳のころからレストラン居酒屋でピアノを演奏することによって家計を支えた。ブラームス自身はピアニストとして確かな腕を持っていたが、同時代の名手と比べると地味な存在であり、後に作曲専業になることを決意してほとんど演奏活動からは手を引く。しかしながら、1859年1881年には、ピアノ協奏曲第1番ピアノ協奏曲第2番の初演を自ら行っている。

若き日のブラームス(1853年)

その後、作曲を始めたものの、1851年になるとすでに自己批判から作品を廃棄し始めていた(19歳以前の作品は記録が残るのみでまったく現存しない)。1853年にハンガリーのヴァイオリニスト、エドゥアルト・レメーニと演奏旅行に行き、彼からジプシー音楽を教えてもらったことが創作活動に大きな影響を及ぼした。この旅行で二人はまずヨーゼフ・ヨアヒムに会いに行き、ヨアヒムはブラームスの才能を称賛した。ブラームスもヨアヒムに敬意を抱き、二人の親交は以後も長年にわたり続いた[5]。ついでヨアヒムの紹介で二人はフランツ・リストに会いにヴァイマールに行ったが、ブラームスとリストはそれほどうまくいかなかった。ここでブラームスとレメーニは仲たがいを起こし、ブラームスはヨアヒムの元に戻った[6]。ヨアヒムはロベルト・シューマンに会うことを勧め、9月30日にブラームスはデュッセルドルフのシューマン邸を訪れた。

この出会いは両者にとって幸福なものだった。シューマンはブラームスの演奏と音楽に感銘を受け、シューマンは『新しい道』と題する評論を『新音楽時報』誌に発表してブラームスを熱烈に賞賛し、聴衆にブラームスの作品を広めるために重要な役割を演じた。ブラームスもまたシューマンを強く尊敬し、シューマンの没後もその敬意は揺らがなかった。またこの時、ブラームスは14歳年上のシューマンの妻クララと知り合い、生涯に渡って親しく交流を続けることになった。しかしシューマンはこのころすでに精神疾患に悩まされており、1854年2月には投身自殺未遂を起こしてボン近郊の療養施設に収容されることとなった。ブラームスはこれを聞くとデュッセルドルフに駆けつけ、シューマン家の家政を手伝い一家を助けた。こうしたなかでブラームスとクララの距離は近づき、1855年ごろのクララへの手紙の中で彼女のことを「君」と表現するなど、恋愛に近い関係になったと推測される時期もあったようだが、ブラームスはシューマンも強く尊敬しており、1856年にシューマンが死去したのちもブラームスが彼女と結婚することはなかった。ただし、ブラームスとシューマン一家とは生涯にわたって親交を続けた。1857年にはリッペ=デトモルト侯国に音楽家として招かれ、1859年まで3年間にわたり秋から年末にかけてデトモルトの侯国宮廷で勤務した[7]。また1858年にはアガーテ・フォン・ジーボルト(Agathe von Siebold いわゆる「シーボルト事件」で著名なフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの従兄弟の子に当たる)と婚約しながら、翌1859年には「結婚には踏み切れない」との理由で一方的に破談にしている[8]

1862年からウィーンに居着いたブラームスは以降、作曲に集中し始め、1868年に完成した『ドイツ・レクイエム』などの作品で高い評価を確立し、偉大な作曲家の一人として注目を集める存在となり、ウィーン音楽院でも講座を持つようになった。この間、1865年には母が、1872年には父が死去している。ウィーン移住からおよそ10年後の1876年に、19年の歳月をかけた交響曲第1番を完成させた。この作品は後に指揮者のビューローをして「ベートーヴェンの10番目の交響曲の様だ」と語らしめた。彼の他の3つの交響曲は、それから比較的短い間隔で書き上げられ、第1番から間もない1877年には第2番が、1883年第3番が、そして1885年に最後の第4番が、それぞれ発表された。

ブラームスは1878年から1893年までの間に8回イタリアを訪問し[9]、気持ちの良い地方の場所を捜して夏の間に作曲した。1889年12月2日トーマス・エジソンの代理人の依頼で『ハンガリー舞曲第1番』とヨーゼフ・シュトラウスのポルカ・マズルカ『とんぼ』を蓄音機に録音した[10][11]。これは、史上初の録音(レコーディング)とされている。このときのピアノ演奏で、初めて自身の老いを自覚したと言われている[12]。翌1890年、57歳になり意欲の衰えを感じたブラームスは作曲を断念しようと決心して遺書を書き、手稿を整理し始めた[13]

しかし彼は自身の決心を守ることが出来なかった。1891年にクラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトの演奏に触発されて創作意欲を取り戻した[14]ブラームスは、クラリネット三重奏曲(作品114)、クラリネット五重奏曲(作品115、1891年)、2つのクラリネット・ソナタ (ヴィオラ・ソナタ)(作品120、1894年)を書き上げた。そして、『7つの幻想曲』(作品116、1891年)から『4つの小品』(作品119、1892年)までの4つのピアノ小品集、『4つの厳粛な歌』(作品121、1896年)などの傑作を生み出した。これらの作品は、晩年の寂寥と宗教的境地に満ちていると評価されている[15]。また、1890年ごろにはの演奏も聞いており、当時出版された日本の民謡集の楽譜に書き込みが残されている[16]1896年5月20日に生涯親交を保ち続けたクララ・シューマンが死去したのちブラームスの体調も急速に悪化していき[17]、翌1897年4月3日肝臓癌[18]によりウィーンで逝去した。63歳没。遺体はウィーン中央墓地に埋葬された。ハンブルクの生家は長く残っていたが、1943年7月のハンブルク空襲で焼失し、現在は記念碑がある。

ブラームスはフリーメイソンであった[19][20]

ブラームスに対する影響[編集]

大部分のロマン派の作曲家と同様に、ブラームスは自身の交響曲第1番に見られるようにベートーヴェンを崇拝していた。

また古典派の作曲家モーツァルトハイドンを敬愛していた。彼らの作品の第一版と自筆稿(特に有名なのがハイドンの『太陽四重奏曲』、モーツァルトの交響曲第40番である)を集め、そのうえ演奏用の版を編集した。古典派への愛情はジャンルの選択においても現れている。彼の手によるソナタ、交響曲と協奏曲では古典的な形式を採用し、ソナタ形式の楽章を作曲した。一般に、ブラームスは全てのロマン派の作曲家の中で最も古典派に近いと考えられており、「新古典派」という呼称で呼ばれることもある。

さらにはそれ以前のバロック音楽にも多大な関心を払っていた。とりわけJ.S.バッハに心酔しており、当時刊行中だったバッハ作品の全集を購読して熱心に研究した。その成果として最も有名なものが第4交響曲の終楽章に置かれた「パッサカリア」である。そのテーマはバッハのカンタータ第150番の主題を応用したものである。また、バッハ研究家フィリップ・シュピッタとも親交が深かった。また、歌曲『逆らえないもの "Unüberwindlich"』(ゲーテ作詞)作品72-5では、冒頭のピアノパートにドメニコ・スカルラッティのソナタニ長調K.223を引用している。

ブラームスに対する全く異なる影響は 民族音楽であった。ピアノと声楽のためにドイツ民謡による144曲の歌曲を書いており、彼の歌曲の多くは民族的な主題を反映するか、地方の生活場面を表現したものである。また、『ハンガリー舞曲集』で分かるように、レメーニから教わったジプシー音楽(当時はハンガリーの民俗音楽だと思われていた)の影響も受け、ピアノ四重奏曲第1番などにその語法を取り込んでいる。

ブラームスは、彼の生きた時代にほぼ現在の形態に到達したベーゼンドルファースタインウェイに代表されるピアノの、技術的な発達の影響を非常に大きく受けている。彼のピアノ音楽と歌曲の多くは、豊かで力強い音を得るためにピアノの重低音とペダルを使用する。

後の時代への影響[編集]

保守的とされるブラームスであるが、シェーンベルクのようにブラームスの音楽に革新的要素を見出す人もいる[21]。シェーンベルクは、特に晩年の『4つの厳粛な歌』で見られる一つのモチーフの徹底的な展開、声とピアノによるカノン的書法などの対位法を「発展的変奏」(英語:developing variation)と呼び、自らの作品において展開することになる。また、ピアノ四重奏曲第1番を管弦楽用に編曲しているが、この曲の冒頭の主題は4音からなる部分動機とその反行形から成り立っており、このような面を「節約、それでいて豊かであること」として高く評価した[22]

このほか、ブラームスの音楽はレーガー[23]プフィッツナー[24]フランツ・シュミット[25]エルンスト・フォン・ドホナーニ[26]にも影響を与えている。

ブラームスの性格[編集]

親友ヨハン・シュトラウス2世と共に。ちなみに、この写真についてブラームスは「写真が出来上がったら、また僕がひどい服を着ていると笑われるんだ。シュトラウスはあんなに歳を食っているのにいまだに伊達男だ。なんて奴だ!僕だっていい加減な服装ではなかったよ。ラフな夏用ハンティング・シャツさ」と語っている[27]

ブラームスはベートーヴェンと同様に自然を愛好し、よくウィーン周辺の森を散策した。その際にキャンディを持参して子供たちに与えたりもした。時に、大人に対しては無愛想で皮肉屋だった(このため、作品を貶されたフーゴ・ヴォルフハンス・ロットらは反ブラームスに転じた)。自分の気持ちを率直に伝えることが苦手で、自分の作品についても語ることを嫌がったという。偉大な人物として扱われることを嫌っており、大作曲家(ブラームスのこと)の健康を祝して乾杯しようという提案に対し、「賛成!モーツァルトの健康に乾杯!」と叫んだこともある[28]。ピアニストとしても優れていたため、友人のサロンなどでしばしば演奏を求められたが、求めに応じることは少なく、応じたときでも、いかにも弾き飛ばして早く終わらせようとしている様子を見せることが多かった。

彼と友人関係を保った人たちには、前述のクララ・シューマンとヨアヒム、外科医のテオドール・ビルロート、ピアノの弟子でもあったエリーザベト・フォン・ヘルツォーゲンベルクドイツ語版らがいたが、ヨアヒムやビルロートのような親友とも晩年に諍いを起こしている。

同時代の作曲家ではヨハン・シュトラウス2世と親交があり、互いに作曲家およびその作品の良き理解者であった。実際、ブラームスがシュトラウスの婦人アデーレ(継娘アリーチェとする説もある)に送った扇には、シュトラウスの代表作『美しく青きドナウ』の一節が書かれ、さらに「遺憾ながらこの曲はヨハネス・ブラームスの作にあらず」と書き込まれている[29]。また、オペレッタ『くるまば草』の序曲の主題再現部に対旋律をプレゼントしている。

一方、唯一の作曲の弟子であったグスタフ・イェナーによると、音楽的に間違った音は一音たりとも弾かせず、曲の出来が悪いと「君に必要なのは才能だ」などと容赦なく罵倒した。しかし、その後イェナーが精神的に追い詰められているのを見て「これからも、私にほめてもらおうなんて思うんじゃない。これくらいのことで挫けていては、君の全てが台無しになってしまう」と励ます優しさもあったという。
実際、ブラームスの完璧主義は徹底していて、現存するごく一部を除いて完成した作品のスケッチや初稿はほとんど破棄してしまうのが常だった。実際、最初の作品を発表するまでにヴァイオリンソナタ3曲、弦楽四重奏曲20曲以上を世に出すことなく焼き捨てたとブラームス自身発言している。このため、記録を基に初稿を復元する試みが行われている(セレナード第1番など)。

1860年代以降、作品が人気を博して財政的成功を手に入れた後も質素な生活を好み、3部屋のアパートに家政婦と住んでいた。朝はプラーター公園を散歩し、昼には「赤いはりねずみ」というレストランに出かけるのが彼の習慣だった[30][31]。ブラームスは親戚たちへ金品を惜しみなく渡し、そのうえ匿名で多くの若い音楽家を支援した。また、アントニン・ドヴォルザークの才能を見出し、支援したのもブラームスである[32](ブラームスは、彼のメロディーメーカーとしての才能を羨んで「彼の屑籠をあされば、交響曲が一曲書けるだろう」と語っている)。

リヒャルト・ワーグナーとは反りが合わなかった(もっとも、ワーグナーはブラームス自身が演奏した『ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ』を聴いて、「古い様式でも、本当に出来る人にかかると、いろいろなことが出来るものだ」と評価している[33]。また、ブラームスのほうもワーグナーの作品をドイツが誇るべき偉大なものと捉えていて、自らを「最高のワーグナー・ファン」と称したこともある[34])。何より、両者はベートーヴェンを尊敬していたという点が共通する。

ワーグナーの影響を受けたアントン・ブルックナーとも、しばしば衝突した(ブラームスは、ブルックナーの交響曲を「交響的大蛇」と貶している)。ブラームスはオルガニストとしてのブルックナーは高く評価していたが、ブラームスの支持者である評論家のエドゥアルト・ハンスリックとブルックナー支持者との間に論争が起こったので、勢い作曲家としては認めることは出来なかった。それでも、同じウィーンに住む者同士の反目は良くないと間に立つ人がいて、両者はブラームス行き付けの「赤いはりねずみ」で会食した。このとき、2人とも肉団子が好物だったことがわかり、打ち解けた雰囲気となった。そのときのブルックナーの言葉は「ブラームス博士!この店の肉団子こそ我々の共通点ですな!」。1896年のブルックナーの葬儀にはブラームスは会場の扉にたたずんでいた。中に入るように促されたが「次はわしが棺桶に入るよ」と寂しそうにつぶやいた。

ブラームスはドイツ愛国主義者でもあり、普仏戦争の勝利を祝った『運命の女神の歌』や、『ドイツ軍勝利の歌』などの作品を残している[35]。彼の部屋にはベートーヴェンの像と、ドイツ帝国の宰相オットー・フォン・ビスマルクの像が飾られていた。一方、ユダヤ系事業家らと親交があったこともあり、「反ユダヤ主義は狂気の沙汰だ」と知人に語っている。彼は国民主義者でありドイツゲルマン民族至上主義者ではなかった[要出典]

ブラームス国際コンクール[編集]

作品[編集]

ブラームスの主要な管弦楽作品には、4つの交響曲、2つのピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲などがある。これらの作品は世界各地のオーケストラで、現在でも主要な演奏レパートリーとして取り上げられている。ただし、19世紀の音楽を特徴付ける交響詩には手を染めず、また、最後の10年間は管弦楽作品を全く作曲しなかった。

管弦楽作品以外では室内楽曲、器楽曲、声楽曲を数多く作曲しており、これらのジャンルがブラームスの作品の大半を占めている。最大の声楽の作曲家の一人であるという意見もあり、合唱と管弦楽のための『ドイツ・レクイエム』をはじめ、300曲以上の歌曲や合唱曲を書いている。一方、ブルックナーと同様にオペラを書くことはなかった。

変奏曲の大家でもあり、管弦楽曲『ハイドンの主題による変奏曲』、ピアノ独奏曲『ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ』、『パガニーニの主題による変奏曲』などがある。

代表曲[編集]

ブラームスによるハンガリー舞曲
1889年12月2日録音。本記事「生涯」項目第5段落、注1言及。100年以上前の録音のため、音質は良くない。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

交響曲[編集]

管弦楽曲[編集]

協奏曲[編集]

室内楽曲[編集]

ピアノ独奏曲[編集]

ピアノ連弾曲[編集]

声楽曲[編集]

合唱曲[編集]

ブラームスは一時デトモルトで女声合唱団の指揮者をしていたことなどもあって、合唱曲を数多く作曲している。

  • ドイツ・レクイエム』 op.45 - 一般的なレクイエムの祈祷文ではなく、ルターによる旧約及び新約聖書のドイツ語訳から編集された。
  • カンタータ『リナルド』 op.50
  • アルト・ラプソディ op.53
  • 勝利の歌(Triumphlied) op.55
  • 運命の歌(Schicksalslied) op.54
  • 運命の女神の歌(Gesang der Parzen) op.89
  • 悲歌(Nänie) op.82
  • 埋葬(葬送)の歌(Begräbnisgesang) op.13
  • 2つのモテット op.29
  • 2つのモテット op.74
  • 3つのモテット op.110
  • 聖歌 op.30

歌曲[編集]

ブラームスは生涯におよそ300の歌曲を残している。以下はそのごく一部である。

重唱曲[編集]

  • 愛の歌 op.52
  • 新しい愛の歌 op.65
  • 4つの四重唱曲 op.92
  • ジプシーの歌(Zigeunerlieder) op.103

脚注[編集]

  1. ^ ドイツ連邦は主権国家の連合であり、ハンブルクは独立した自治都市として加盟していた。
  2. ^ a b c 『ブラームス回想録集 第二巻 ブラームスは語る』(音楽之友社、2004) p.102
  3. ^ 『ブラームスは語る』(音楽之友社、2004) p.103
  4. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p14 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  5. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p23-24 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  6. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p25-26 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  7. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p56 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  8. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p59-60 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  9. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p149 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  10. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p186 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  11. ^ ハンガリー舞曲は当初録音を恥ずかしがったブラームスがさっさと演奏を始めてしまい、立会人があわてて「1889年12月、(リヒャルト・)フェリンガー博士邸、ただいまの演奏はブラームス博士!ヨハネス・ブラームスのものだ」と叫んでいるのが冒頭にかぶっている。テンポは相当速かった。
  12. ^ 1997年8月31日TBS系列で放送された『過ぎし日のブラームス~没後100年に聴く幻のピアノ録音~』(北海道放送製作)でこの説が唱えられている。この番組では、北海道大学伊福部達らにより蝋管のレーザー光線による再生が試みられたが、蝋管自体の損傷が酷く、貧弱な音しか得られなかった。
  13. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p187-188 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  14. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p190 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  15. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p191 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  16. ^ 研究者の間では、当時オーストリアの全権公使だった戸田氏共夫人極子(1859年-1936年)がウィーン公使館において琴を演奏したのをブラームスが聴いたのではないかと言われている(関東大震災により戸田邸が全焼したため、上記の楽譜以外に確証といえるものは残っていない)。この出来事を題材として、日本画家・守屋多々志は「ウィーンに六段の調(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)」(平成4年第77回院展出品、大垣市守屋多々志美術館所蔵)を描いた。また、上記の『過ぎし日のブラームス~没後100年に聴く幻のピアノ録音~』でもこの話が取り上げられた。
  17. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p197 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  18. ^ 最近の調査では膵癌とも。Bodo Schwalm:Gräber auf meinen Reisen. Band 2, p.190
  19. ^ The Cambridge Biographical Encyclopedia. Cambridge University Press. (2000). ISBN 0-521-63099-1. 
  20. ^ Famous Freemasons A-L”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution. 2013年10月7日閲覧。
  21. ^ アーノルト・シェーンベルク「革新主義者ブラームス(Brahms the Progressive)」『音楽の様式と思想 Style and Idea』上田昭訳、三一書房、1973年。
  22. ^ 三宅幸夫『ブラームス』新潮文庫、1986年、175、177頁。
  23. ^ 長木誠司編著『作曲の20世紀ⅰ』音楽之友社、1992年、82頁。
  24. ^ 同書、106頁。
  25. ^ 同書、118頁。
  26. ^ 門馬直美『西洋音楽史概説』春秋社、1976年、331頁。
  27. ^ 『ブラームスは語る』(音楽之友社、2004) p.115
  28. ^ オイゲーニエ・シューマン『ブラームス回想録集 第三巻 ブラームスと私』(音楽之友社、2004)p.182
  29. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p126 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  30. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p178 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  31. ^ 日本ブラームス協会の会誌の名前はこのことから「赤いはりねずみ」と名付けられている。
  32. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p128 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  33. ^ 三宅幸夫『ブラームス』新潮文庫、1986年、92頁。
  34. ^ 『ブラームスと私』(音楽之友社、2004) p.94
  35. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p110 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行

外部リンク[編集]