酒、女、歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
"酒と女と歌を愛さぬ者は、生涯馬鹿のままで終わる者だ!"

酒、女、歌』(さけ、おんな、うた、: Wein, Weib und Gesang作品333は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲したウィンナ・ワルツである。ヨハネス・ブラームスリヒャルト・ワーグナーがこよなく愛した作品とされる。

概要[編集]

マルティン・ルターの「酒と女と歌を愛さぬ者は、生涯馬鹿で終わる」という有名な格言を基としてジョセフ・ベルが書いた詩に、ヨハン・シュトラウス2世が音楽をつけて完成した作品である。ウィーン男声合唱協会によって1869年2月2日の「仮装音楽会」で初演された[1]。初演は大成功を収め、ヨハン2世と妻のヘンリエッテは巡礼者の仮装をしていたが、何度も歓呼に応えるために立ち上がってお辞儀をしなければならなかったという。

合唱版は「天にまします神様が、いきなりブドウの若枝を生えさせた」という歌詞から始まり、第一ワルツで「さあ注げ、それ注げ……フランケン・ワインをたっぷり注げよ、なければ愛しのオーストリア産」と歌いあげる[1]。のちにオーケストラ版に改められ、3月16日にハンガリー王国の首都ペシュトでシュトラウス楽団によって披露された[1]

ヨハン2世の作品の中では並はずれて長い導入部をもっており、長大な序奏が全体の半分近くを占める異色作であるが、実際は大部分をカットして序奏末尾のマーチ部分から演奏されることが多い。

ニューイヤーコンサート[編集]

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートへの登場は以下の通りである。

出典[編集]

外部リンク[編集]