ウィンナ・ワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィンナ・ワルツ

ウィンナ・ワルツ (ドイツ語: Wiener Walzerヴィーナー・ヴァルツァー英語: Viennese waltzヴィアニーズ・ウォールツ) は、19世紀ウィーンで流行し、ウィーン会議を通してヨーロッパ中に広まっていった3拍子のワルツ

概要[編集]

ダンス音楽団の団長であったヨーゼフ・ランナーがウィンナ・ワルツの創始者と言われており、さらにその基礎を作ったとされるのは、ランナーがかつて所属していた楽団のミヒャエル・パーマー楽団長である。パーマーはワルツに初めて「トゥーシュ」と呼ばれる序奏コーダ(結尾)を採り入れた[1]。そしてランナーが序奏のあとで5つの小ワルツを組み合わせて最後にコーダを置き、さらに魅力的な曲名をつけるスタイルを発明し、ウィンナ・ワルツの原型を作った[2]

ウィンナ・ワルツの様式を完成させたのはヨハン・シュトラウス2世で、黄金時代を築き「ワルツ王」と称される。ワルツの他には、2拍子のポルカ行進曲などの小品や、ウィーン風オペレッタの基礎も手がけた。

ウィンナ・ワルツにおける3拍子は、3拍が均等な長さを持たず、2拍目をやや早めにずらすように演奏され、独特の流動感を生んでいるが、これは当時の演奏習慣ではなく、20世紀中頃に成立した習慣である、とする見解もある[3]

日本にも衛星生中継されているウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサートでは、シュトラウス一家たちの作曲した多くのウィンナ・ワルツが演奏されることで有名である。

主な作曲家[編集]

主な作品[編集]

(曲名,作品番号,作曲者,作曲年または初演年)

  • 別離のワルツ,作品19(ヨーゼフ・ランナー、1825年)
  • 小鳩のワルツ,作品1(ヨハン・シュトラウス1世,1831年以前)
  • ウィーンのカーニバル,作品3(ヨハン・シュトラウス1世,1831年以前)
  • 人生は踊り,作品49(ヨハン・シュトラウス1世、1831年)
  • バーデン舞曲,作品64(ヨーゼフ・ランナー,1840年以前)
  • ベスト・ワルツ,作品93(ヨーゼフ・ランナー,1840年以前)
  • 求婚者,作品103(ヨーゼフ・ランナー,1840年以前)
  • 愛の語らい,作品128(ヨーゼフ・ランナー,1840年以前)
  • 宮廷舞踏会,作品161(ヨーゼフ・ランナー,1840年以前)
  • ロマンティックな人々,作品167(ヨーゼフ・ランナー、1840年)
  • 宵の明星,作品180(ヨーゼフ・ランナー、1841年)
  • エリザベート・ワルツ,作品71(ヨハン・シュトラウス1世,1841年以前)
  • うぐいすのワルツ,作品82(ヨハン・シュトラウス1世,1841年以前)
  • パリのワルツ,作品101(ヨハン・シュトラウス1世,1841年以前)
  • ウィーン情緒,作品116(ヨハン・シュトラウス1世,1841年以前)
  • ドナウの歌,作品127(ヨハン・シュトラウス1世、1841年)
  • シェーンブルンの人々,作品200(ヨーゼフ・ランナー,1842年)
  • ローレライ=ラインの調べ,作品154(ヨハン・シュトラウス1世,1844年以前)
  • 記念の詩,作品1(ヨハン・シュトラウス2世、1844年)
  • 酒神,作品230(ヨハン・シュトラウス1世1849年以前)
  • 大海原の夢,作品80(ヨーゼフ・グングル、1855年頃)
  • 五月のバラ,作品34(ヨーゼフ・シュトラウス,1857年以前)
  • 愛の真珠,作品39(ヨーゼフ・シュトラウス、1857年)
  • 調子のいい男,作品62(ヨーゼフ・シュトラウス、1858年)
  • 加速度円舞曲,作品234(ヨハン・シュトラウス2世,1860年)
  • メフィスト地獄の叫び,作品101(ヨハン・シュトラウス2世,1864年以前)
  • 愛の歌,作品114(ヨハン・シュトラウス2世,1864年以前)
  • 朝の新聞,作品279(ヨハン・シュトラウス2世、1864年)
  • オーストリアの村つばめ,作品164(ヨーゼフ・シュトラウス、1864年)
  • ウィーンのボンボン,作品307(ヨハン・シュトラウス2世、1866年)
  • 美しく青きドナウ,作品314(ヨハン・シュトラウス2世、1867年)
  • 芸術家の生活,作品316(ヨハン・シュトラウス2世、1867年)
  • ウィーンの森の物語,作品325(ヨハン・シュトラウス2世、1867年)
  • ディナミーデン,作品173(ヨーゼフ・シュトラウス,1868年以前)
  • トランスアクツィオン,作品184(ヨーゼフ・シュトラウス,1868年以前)
  • うわごと,作品212(ヨーゼフ・シュトラウス,1867年)
  • マリアの思い出,作品214(ヨーゼフ・シュトラウス,1868年以前)
  • 秋のバラ,作品232(ヨーゼフ・シュトラウス,1868年以前)
  • 天体の音楽,作品235(ヨーゼフ・シュトラウス、1868年)
  • 忘れじのライン,作品83(ケーレル・ベーラ、1868年)
  • 酒、女、歌,作品333(ヨハン・シュトラウス2世、1869年)
  • 水彩画,作品258(ヨーゼフ・シュトラウス、1869年)
  • わが人生は愛と喜び,作品263(ヨーゼフ・シュトラウス、1869年)
  • 人生を楽しめ,作品340(ヨハン・シュトラウス2世、1870年)
  • 女性の真髄,作品277(ヨーゼフ・シュトラウス,1870年以前)
  • 宵の明星の軌道,作品279(ヨーゼフ・シュトラウス,1870年)
  • 千夜一夜,作品346(ヨハン・シュトラウス2世、1871年)
  • ウィーン気質,作品354(ヨハン・シュトラウス2世、1873年)
  • わが家で,作品361(ヨハン・シュトラウス2世,1874年頃)
  • シトロンの花咲くところ,作品364(ヨハン・シュトラウス2世、1874年)
  • 仲良しのワルツ,作品367(ヨハン・シュトラウス2世,1877年以前)
  • カリオストロ・ワルツ,作品370(ヨハン・シュトラウス2世,1877年以前)
  • ,作品161(エドゥアルト・シュトラウス,1877年頃)
  • 美しい五月,作品375(ヨハン・シュトラウス2世、1877年)
  • 南国のバラ,作品388(ヨハン・シュトラウス2世、1880年)
  • ファントム,作品160(カレル・コムツァーク2世,1871年 - 1881年)
  • ミルテの花,作品395(ヨハン・シュトラウス2世、1881年)
  • 春の声,作品410(ヨハン・シュトラウス2世、1883年)
  • 熱中する人々(フィリップ・ファールバッハ1世,1885年以前)
  • ドナウの精,作品427(ヨハン・シュトラウス2世、1888年)
  • 謝肉祭の子供,作品382(カール・ミヒャエル・ツィーラー,1887年以前)
  • ウィーン娘,作品388(カール・ミヒャエル・ツィーラー、1887年)
  • 入江のワルツ,作品411(ヨハン・シュトラウス2世,1889年以前)
  • 宝のワルツ,作品418(ヨハン・シュトラウス2世,1889年以前)
  • ドナウの精,作品427(ヨハン・シュトラウス2世,1889年以前)
  • 皇帝円舞曲,作品437(ヨハン・シュトラウス2世、1889年)
  • ウィーン市民,作品419(カール・ミヒャエル・ツィーラー、1890年)
  • 小さなワルツ,作品173(カレル・コムツァーク2世,1890年)
  • 波濤を越えて,番号なし(ユヴェンティーノ・ローザス、1891年)
  • モルダウの小波,番号なし(カレル・コムツァーク1世,1893年以前)
  • 新生活,作品210(カレル・コムツァーク2世,1893年)
  • ウィーンの森のツノメドリ(フィリップ・ファールバッハ1世または2世,1894年以前)
  • ヨーゼフ・シュトラウスの想い出(フィリップ・ファールバッハ2世,1870年~1894年)
  • ウィーンの情景(フィリップ・ファールバッハ2世,1894年以前)
  • もろ人手をとり,作品443(ヨハン・シュトラウス2世,1895年以前)
  • 東洋の物語,作品444(ヨハン・シュトラウス2世,1895年以前)
  • 人を信ずるには!,作品463(ヨハン・シュトラウス2世、1895年)
  • バーデン娘,作品257(カレル・コムツァーク2世,1898年)
  • オペラ舞踏会(リヒャルト・ホイベルガー、1898年)
  • ライムント時代の響き,作品479(ヨハン・シュトラウス2世,1898年以前)
  • 金と銀(フランツ・レハール、1899年)
  • ウンター・デン・リンデン、(ヨハン・シュトラウス3世、1900年)
  • 君を思いて,番号なし(カレル・コムツァーク2世,1901年)
  • ビロードとシルク(カール・ミヒャエル・ツィーラー、1902年)
  • ブロンド娘,番号なし(カレル・コムツァーク2世,1903年)
  • ワルシャワ娘,番号なし(カレル・コムツァーク2世,1903年)
  • 詩人の恋,作品38(ヨハン・シュトラウス3世,1903年)
  • ヘラインシュッパツィールト(カール・ミヒャエル・ツィーラー、1904年)
  • 五月の魔術,番号なし(カレル・コムツァーク2世,1904年)
  • メリー・ウィドウのワルツ,番号なし(フランツ・レハール,1905年)
  • ルクセンブルグのワルツ,番号なし(フランツ・レハール,1909年)
  • ジプシーの恋のワルツ,番号なし(フランツ・レハール,1910年)
  • エーファのワルツ,番号なし(フランツ・レハール,1911年)
  • ひばりの鳴く所のワルツ,番号なし(フランツ・レハール,1918年)
  • ジュディッタのワルツ,番号なし(フランツ・レハール,1934年)

出典[編集]

出典[編集]

  1. ^ 加藤(2003) p.47
  2. ^ 加藤(2003) p.49
  3. ^ ウィンナワルツの正しい演奏法は? - 内藤彰オフィシャルブログ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]